最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ほとんど毎日やってくるTrojanウイルス | トップページ | クラシックのアダプテーションはロックでも機能することを証明した一作 »

2010年3月 8日 (月)

"Rubber Soulive"とは威勢がいいが...

Soulive "Rubber Soulive" Soulive(Royal Family)

はっきり言ってしまうと,私はジャム・バンドにはほとんど関心がない。よって,Souliveもまともに聞いたことはなかったのだが,The Beatlesの超有名曲をギター~オルガン~ドラムスという編成で,ファンク・フレイバーでやるとどうなるのかという点に関心があって,このアルバムを買ってみた。この編成であるから,私が期待するのは,ソウルフルかつファンキーなアダプテーションである。ただ,曲が有名過ぎてやり辛い部分はあるだろうから,これはお気楽に見えつつ,実はチャレンジングなお題ではないのかとも思う。

そうした中で,冒頭の"Drive My Car"は快調にスタートし,うむうむ,これならいいかもと思わせるオープニングである。まぁもとがソウルフルな曲とも言えるのでそれは当然のことかもしれない。しかし,このアルバムを聞き進めていくと,どう聞いてもこの人たちに合いそうな曲と,そうでなさそうな曲がはっきりしてくるのである。まずずっこけるのが"In My Life"である。オリジナルのアレンジを結構踏襲しているのはわかるが,本来チェンバロで弾いていたものをハモンドに置き換えるだけでは不十分であり,これにはもう少し工夫が必要だったはずである。それに比べると,"I Want You"や"Come Together"のようなJohn Lennonらしいヘビーな曲は,この人たちにはるかにフィットしていると思えるのである。

まぁ編成が編成だけに,主メロをギターが担う場面が多いのは仕方がないのだが,それでももう少しアレンジの幅を広げる必要もあるだろう。ただ,上述のとおり,オリジナルが有名過ぎるのでなかなか難しいとは思うのだが,通り一遍の演奏であれば,オリジナルを聞いていればいいということになるのである。よって,こうしたアダプテーションには,ミュージシャンとしての個性を常日頃以上にぶち込むぐらいの根性がないとなかなかうまくいかないのではないかと思う。そういう意味で,私にはオリジナルへのこだわりがあまり見えない"Revolution"のような曲を評価したくなってしまうのである。結局,私がこのアルバムである程度評価したくなるのはJohnの曲が多くなってしまうのは偶然だろうか。

そうは言いながらも,曲が曲だけに,懐かしさも相まって楽しめるアルバムであることは事実なのだが,「そうくるか~」という意外性や「崩しの美学」に乏しいのが何とも残念。星★★★。ギターをサックスに変えた編成の「放し飼いトリオ」ならこれらの曲にどう挑むかちょっと興味が湧いてしまった私である。いずれにしても,単一アーチストがアルバム全体をThe Beatlesのカヴァーってのはやはりチャレンジングなものだと改めて痛感した私である。

Personnel: Alan Evans(ds), Neal Evans(org, key), Eric Krasno(g)

« ほとんど毎日やってくるTrojanウイルス | トップページ | クラシックのアダプテーションはロックでも機能することを証明した一作 »

ジャズ(2010年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。EVAです。
Souliveのビートルズ・カバーですか、以前だったら買っていたかも知れません。(爆)
彼らのCD2~3枚持っていますが、最初は珍しさもあって聴いていましたが、その内飽きて来ました。
私はビートルズもカバーモノは好きな方ですが、どう料理しているか、それに尽きますね。
私はサラ・ヴォーンのカバーアルバムが一番好きです。

>ギターをサックスに変えた編成の「放し飼いトリオ」ならこれらの曲にどう挑むかちょっと興味が湧いてしまった私である。

ムム。。
放し飼い的には正しい解釈なのですが、、

個人的にはあのバンドで、あんまり聴きたくない、、気がします。
ビートルズカバーって、私もサラボーンはじめ、少し持ってるんだけど。。
放し飼いかぁ。。なんか。。やだなぁ。

EVAさん,こんばんは。私もこの編成,この演奏だと,多分何枚も聞いていれば飽きると思いました。

だから,彼らもサックスを入れたり,いろいろやっていたんだろうなぁと想像してしまいますが,いずれにしてもこの作品は玉石混交だと思いますね。

すずっくさん,続けてこんばんは。

清く正しい「放し飼い」のパトロンとしてのスズニカ男爵夫人はそう思うかもしれません。しかし,私の興味は彼らならどう崩すか,その一点です。そういう意味では興味深いと思っています。でもやらないだろうなぁ,きっと。

そこまで嫌だといわれるとやりたくなるというのもまた人情(笑)。作戦考えるかな。

>しかし,私の興味は彼らならどう崩すか,その一点です。

それも、わかるんだけど、、
あのサウンドで、、、ビートルズなら、あれしかないなぁ。。


>作戦考えるかな。

だから、、閣下もどーーしても、っていってないから。。考えなくていい。(きっぱり)

こやぎさん,おはようございます。

さすが天邪鬼な反応ありがとうございました。期待して(しないで?)待ってます。

すずっくさん,コメントがアンビバレントな感じですねぇ。一体どっちやねん?(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/47740737

この記事へのトラックバック一覧です: "Rubber Soulive"とは威勢がいいが...:

« ほとんど毎日やってくるTrojanウイルス | トップページ | クラシックのアダプテーションはロックでも機能することを証明した一作 »

Amazon検索

2017年おすすめ作