最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Kurt Rosenwinkel@国立No Trunks | トップページ | Brad Mehldauの新譜が出た:でも現物はまだだ... »

2010年3月17日 (水)

やっと到着:Marc Coplandのソロ作

Alone "Alone" Marc Copland(Pirouet)

発売されてから随分になるのに,入荷を延々と待たされたMarc Coplandのソロによる新作がようやく到着である。近年のジャズ界において,この手のピアノを弾かせればダントツと言ってもよいぐらいCoplandを私は好きである(だからネクラだと言われるのだが...)。彼については,このブログでもソロ・アルバムだけでも"Poetic Motion"と"Time within Time"を取り上げている(記事はこちらこちら )し,ほかにもいろいろ取り上げている。そんな彼の新作であるから,はっきり言って一日千秋の思いと言っては大袈裟だが,ず~っと期待して待っていたのに,待てど暮らせどデリバリーされないではないか。ブログのお知り合いの工藤さんのところには結構早く着いていたらしく,一体どないなってんねんと思っていた私であるが,まずはようやくの到着を喜びたい。

で,聞いてみればいきなり"Soul Eyes"だもんなぁ。完全Marc Coplandモードでの幕開けではないか。どこから聞いてもCoplandである。これでまず好き者ははまってしまう。しかし,2曲目の"I Don't Know Where I Stand"でちょっと様子が違ってくる。この曲はJoni Mitchellのオリジナルだが,Coplandにしては明るくポップなメロディ・ラインを持っているのでなんとなく健康的なのである。このアルバムにはこれ以外にあと2曲,Joniの曲が入っているが,その3曲がほかの曲とは違うイメージが強いのである。感覚的にはJoniの曲が典型的Copland的演奏をつなぐインタールードのように響くという感じだろうか。それ以外は,誰がどう聞いても,『いつものMarc Copland』である。

ただ,今回CoplandがJoni Mitchellを取り上げることは決して突然変異的なことではない。これまでもCoplandはJoniの曲を取り上げてきているから,そもそも好きな歌手であろうことは想像できるのだが,それでもいつものCoplandのスタイルからすると,特に"I Don't Know Where I Stand"はかなり明るい。ネクラな私がとまどうのは当然のことである。しかし,こういう演奏を聞いていてさえ,どうしても私にフィットしていると感じてしまうのだから,私は特にCoplandのソロとトリオへの親和性は非常に高いということだろうと思う。

ということで,好きなものは仕方がないとは言え,今回もMarc Copland的な響きにどっぷりつかって「く~っ」と言ってしまった私であった。我ながらやはりネクラである。それでもこれがソロの最高作とは思っていないので星★★★★とするが,凄く好きであることには何の変わりもないのである。Copland,何とか来日してくれないものだろうか...。Fred Herschの時と同様に,カザルス・ホールでやってくれたら,私は昇天間違いなしである。

Recorded on November 21, 2008 and June 4, 2009

Personnel: Marc Copland(p)

« Kurt Rosenwinkel@国立No Trunks | トップページ | Brad Mehldauの新譜が出た:でも現物はまだだ... »

ジャズ(2010年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

このレーベル、注文者数と供給数の読みが毎回違っているようで、発売されてもなかなか手に入らないということがありますね。すぐに廃盤になるものもあるし。私はHMVで注文していたのを、Amazonでも毎日チェックしていたら、たまたま在庫1枚ありの日があって、ラッキーだったです。

内容は、やっぱりマーク・コープランドの世界ですねえ、としか言いようがないソロ・ピアノを展開していますね。ここでは再演曲があったかどうか確認してないですけど、彼は何回も同じ曲を演奏することがありますが、それでも飽きないです。また彼関係のアルバムが出たら買ってしまうんだろうなあ、と思いつつ。

TBさせていただきます。

910さん,こんばんは。TBありがとうございます。

私も彼のアルバムは基本的に買いますが,これからはピアノ・トリオ以下の編成に絞ろうと思っています。ホーン入りのってあまりいいと思ったことはないですし,ジョンアバとやってのも,あまりピンとこなかったんですよねぇ。

やはり,ソロ,ベースとのデュオ,ピアノ・トリオがこの人の本領だと思います。

こちらからもTBさせて頂きます。

あ、ブログ界最強のネクラコンビ誕生だあ。
わたしも仲間にいれてくださいな。(笑)

って、、カートいきたかったなあ。すんげぇ、悔し泣き。。

すずっくさん,こんばんは。自分でもネクラ,ネクラと書いていると,本当にネクラに思えてきますねぇ(笑)。気をつけないと本当のネクラになってしまう...。

Kurt,よかったですぜい,と傷口に塩を塗り込むような返事をしちゃいましょう。こやぎさんに受けていたのが面白かったです。いやいや,それにしてもあのスペースに40人は厳しかったです~。あぁ,私とこやぎさんがデブなだけって話も(爆)。2人で3人分のスペース要ってところですから,狭いわけだ。

ご存じと思いますが、デュオの真ん中は本当に暗く果てしない道のりなのですが、それから比べるとソロは非常に聴きやすいですね。

つうか、むしろ、私的には色香がたちすぎて、、ちと面食らった。
でも、リピートしてるうちに空の灰色に紛れて心が安らかになったです。(爆)

つうことで、トラバしました。
根暗トリオ完成。

メルドーの新譜は、私にも来るんだけど。。閣下とブラザーの感想は意味深だなぁ。
って、その前に、ライブ盤3セット、、?あるんですが。。

見逃した。。

>気をつけないと本当のネクラになってしまう...。

って、まじネクラでしょうがぁ!!!!

すずっくさん,おはようございます。TB来ていませんねぇ。今回はスパム・ブロッカーにもかかっていませんから,単純に届いていないみたいです。リトライをお願いします。

しかし,「根暗トリオ」って...。910さんはご了解済みですか?私はまじネクラですからいいですけど...。

Brad Mehldauはライブとは完全に異なる世界に挑んでいるって感じです。まぁ,お試し下さい。

>しかし,「根暗トリオ」って...。910さんはご了解済みですか?私はまじネクラですからいいですけど...。

え、、、とってないです。
怒られるかな。。だけど、、ECMとクリスクロスでしょう。。?
間違いは、、ないと思われますが。。

すずっくさん,こんばんは。

ご本人に聞いてみて下さい。私はネクラ呼ばわりされるのは慣れましたが,910さんはわかりませんからねぇ。

いずれにしても,私は責任取りませ~ん(笑)。

気になってきた。
ネクラ、って、悪いイメージなのかなあ。
音楽的な傾向のことなので、個人的にはネガティブなイメージを浮かべてるわけではないんだけど。


うむ。。

すずっくさん,こんにちは。

一般的な感覚では,決してポジティブに受け取れる表現ではないとは思いますよ。私は慣れてるので気にしてませんし,時折自虐的にネクラだ,ネクラだって言ってますからねぇ。

まぁ,あまり気にすることではないと思いますけどね。

音楽狂様
こんばんは。ki-maです。コメントありがとうございます。コメント欄で「ネクラ」という単語が上から下までビッシリで笑ってしまいました。しかし確かに会社の人間にこれ勧めたら距離を置かれるだろうな、という音楽ですよね。ネット上で共感し合える有り難みを再認識してしまいます。ちなみに私も「ネクラ」でしょうね(笑)。

ki-maさん,こんばんは。TBありがとうございます。

『ちなみに私も「ネクラ」でしょうね(笑)。』

はい(爆)。Marc Copland好きの根が明るいわけはない!(笑)。というのは冗談ですが,こういう世界に浸っているのってどうなのよって自分でも感じてしまいます。

まぁ,でも体がこういう音楽を欲する瞬間って必ずありますよねぇ。いいんです。好きなんだから,と開き直る以外ありませんわ。

おはようございます。
すっかり、ネクラ談義を忘れていました。
失礼いたしました。

閣下は、ネクラにますます磨きがかかっておりますねぇ。
りっぱです。(笑)
検索ランキングも今日はベニコさまを抜いて、トップでした!

すずっくさん,おはようございます。

ネクラでもいいやなんて開き直っている私です。いいものはいいんです。それにしてもすずっくさん,ランキング好きですねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/47802232

この記事へのトラックバック一覧です: やっと到着:Marc Coplandのソロ作:

» Alone/Marc Copland [ジャズCDの個人ページBlog]
なかなか発売日を過ぎても入荷せず、やむを得ず入手先を変えて、昨年末ギリギリの31 [続きを読む]

» Alone/MarcCopland [MySecretRoom]
今日も寒い。朝のはやい時間には少し霙が混じったりして、まさにコープランド日和…。茶色の芝生の脇にはビオラが咲いて春をまっているのだけど、どんより曇った灰色の空は憂鬱な気分を引き起こす。ソロアルバムで、タイトルが「Alone」。人生の長い道のりは独りで歩くも...... [続きを読む]

» Marc Copland/Alone [音楽という食物]
ソロで「Alone」。期待してしまいます。 ちょっと前の作品ですが気付いたのは最近。 いつでも聴きたいわけではないけどハマるととことん、というのが私のとってのMarc Copland。 唐突ですが夢のなかのルールは夢の中でしか通用しない感じ、あると思いますが、、、わ...... [続きを読む]

« Kurt Rosenwinkel@国立No Trunks | トップページ | Brad Mehldauの新譜が出た:でも現物はまだだ... »

Amazon検索

2017年おすすめ作