2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ツボにはまったときのWynton Marsalisの恐ろしさ | トップページ | ゲスト・ソロイストも賑々しい"The Avatar Sessions" »

2010年3月 2日 (火)

ECMのマキシ・シングル?リミックス?

Khmer"Khmer - The Remixes" Nils Petter Molvaer (ECM)

ECMレーベルほど,マキシ・シングルだとか,リミックスだとかいう手法とかけ離れたレーベルはないと思うのだが,そんなECMにも例外はあったというお話である。

そもそもNils Petter MolvaerのようなトランペッターがECMにアルバムを吹き込むことも驚きだったが,そこはECMの間口の広さを示すものとしてよいのだが,MalvaerのECM第1作"Khmer"にはリミックスのマキシ・シングルが存在するのである。私はたまたま,このアルバムを米国出張中のNYCのJ&R Music World(今はどうかわからないんが,NYCのショップではここが一番安かったので,在米中には本当に世話になった。)で購入した記憶があるのだが,本作にはなんとボーナスCDが封入されているという記述があったのである。つまり,本作の米盤では"Khmer"にこのリミックスがおまけでついていたということになるが,ドイツではどうも単独のマキシ・シングルとして発売されたらしいのである。それこそ「へぇ~」って感じだが,それがMolvaerらしいと言えばMolvaerらしい。よくよくネットでリサーチしてみると,カタログ番号ECM 1560/Mというので出ていて,ジャケはここに掲示のものであるらしいのである。収録曲は私がゲットしたオマケのCDと同じで下記のとおりである。

1. Song of Sand (Single Edit), 2. Platonic Years (DJ Fjørd Mix By The Herbaliser), 3. Tløn (Dance Mix By Mental Overdrive), 4. Song Of Sand II (Coastal Warning Mix By Rockers Hi-Fi)

いずれにしても,未来派と言われるMolvaerに対して,ECMがそれなりの期待を掛けていたのではないかと想像させる話であるが,コレクターの皆さんにとってはこんなことは常識?あるいは相当マニアックなネタなのか,私はよくわからない。

ということで,久しぶりにこのアルバムもちゃんと聞いてみることにしよう。でもiPodでだな(爆)。

« ツボにはまったときのWynton Marsalisの恐ろしさ | トップページ | ゲスト・ソロイストも賑々しい"The Avatar Sessions" »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2010年の記事)」カテゴリの記事

コメント

このアルバム、存在は知っていたのですが、なぜか入手しなかったのか、できなかったのか。ECMの番号がいわゆる重複だったのもややこしくしているみたいです。

彼は2作(だったかな?)ECMにアルバムを残して移籍してしまったようですけど、やはりECMらしくない、といえば、らしくないような気もしています。このアルバムは好きなんですけれど。

TBさせていただきます。

910さん,こんばんは。TBありがとうございます。

ECMらしくないと言えば,らしくないですよね~(笑)。まぁこのリミックスCD,入手は難しくないようですから,そんなに慌てることもないかなぁとも思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/47692991

この記事へのトラックバック一覧です: ECMのマキシ・シングル?リミックス?:

» Khmer/Nils Petter Molvaer [ジャズCDの個人ページBlog]
ECM手直し順番聴き10日目。手直ししていって国内盤で初の紙カバー付きのCD。た [続きを読む]

« ツボにはまったときのWynton Marsalisの恐ろしさ | トップページ | ゲスト・ソロイストも賑々しい"The Avatar Sessions" »

Amazon検索

2018年おすすめ作

2017年おすすめ作