最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 懐かしの局地的(?)ジャズ喫茶人気盤 | トップページ | Wayne KrantzがCriss Cross? »

2010年3月 6日 (土)

追悼,Bobby Charles

Bobby_charles 雑誌を読んでいたら,Bobby Charlesの訃報が載っていた。いささか時間が経ってしまったが,本年1/14に永眠,享年71歳だったそうである。

私のようなSSW好きにとって,Bobby CharlesのBearsvilleレーベルに残したセルフ・タイトルのアルバムは,バイブルの中の1章のようなものである。アメリカン・ロックあるいはSSWの良さをこれほど強く感じせてくれたアルバムはそう多くはない。これからこうした音楽を聞きたいという奇特な人がいれば,私は必聴5枚には確実に入れるだろう。それぐらい素晴らしいアルバムである。

私がこの訃報に触れた時,今聞いても最高だと言えるこのアルバムを聞いて追悼したことは言うまでもないが,ここに改めてご冥福を祈りたい。"Tennessee Blues"を聞いていたら,真剣に落涙しそうになった私であった。

« 懐かしの局地的(?)ジャズ喫茶人気盤 | トップページ | Wayne KrantzがCriss Cross? »

SSW/フォーク」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/47741466

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼,Bobby Charles:

« 懐かしの局地的(?)ジャズ喫茶人気盤 | トップページ | Wayne KrantzがCriss Cross? »

Amazon検索

2017年おすすめ作