2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« エコバニ! | トップページ | 石原慎太郎にオリンピック招致の資格はない »

2010年2月26日 (金)

よく頑張った浅田真央

オリンピックの女子フィギュア・スケートが終わった。はっきり言ってしまえばキム・ヨナの圧勝だったわけだが,あれだけ完璧に演技されてはいかんともしがたい。国威発揚の場となるオリンピックにおいて,日本国民からとんでもない期待を掛けられた浅田真央はある意味可哀想なぐらいだったが,ミスが2つあったにもかかわらず,総得点205点越えは立派である。普通の試合なら楽々金メダルだっただろうが,今回はキム・ヨナが凄過ぎた。

それでも,不振の続く日本チームにおいて2つ目の銀メダルなのだから,本人は無茶苦茶悔しいだろうが,胸を張って帰国して欲しいものである。世界で2番目ってのは一般人には考えられないことなのだから。

今回の試合は,トップ・クラスの選手がほとんどミスをしないというハイレベルな戦いだったので,見ているこっちの方が息苦しくなってくるぐらいだった。ショート・プラグラムを見ている時など,なぜか私まで心臓がバクバクしていたぐらいだから,本人たちはいかほどのものだったか。その中でSPで見せた
浅田真央のほぼ完璧な演技も立派であるが,それを上回ったキム・ヨナの集中力は驚異的である。浅田真央にとっては,かえすがえすもフリー・スケーティング中盤のミス2つが痛かったが,それでも代名詞となったトリプル・アクセルも全て決めたわけだから,次につながる経験を得たと思えばいいのではないかと思う。素人考えで言えば,次はトリプル・アクセルは1回にして,トリプル~トリプルのコンビネーションも入れた方がいいように思うのだがどうだろう。

それにしてもキム・ヨナである。あの女性的なスケーティングは以前のMichelle Kwanを思わせるものである。今の段階で,浅田真央がキム・ヨナに勝てないのはあの優雅さであろう。ああした身のこなしを身に付けた時,浅田真央は最強のスケーターになれるはずである。まだまだ伸びしろはあるってことである。

いずれにしても,今回の浅田真央の銀メダルは「残念」ではなく,「快挙」だということを我々は忘れてはならない。本当の実力を発揮できなければ,メダルにさえ届いていなかったのである。それを思えば,ちゃんと実力を出した上での今回の銀メダルは立派である。ということで,声を大にして言いたい。「おめでとう」と。

それにしても,本当にハイレベルないい試合だった(でもちょっとジャッジは甘めだったかもしれないが)。今回のオリンピックにおける女子フィギュアが多くの人の記憶に残るものになっただけでも,浅田真央の功績は大だ。あとは,銅メダルのJoannie Rochetteにも「おめでとう」である。SPの前々日に母を亡くすというのはいかばかりの心境かを思えば,彼女の精神力もこれまた立派。これも後世まで記憶に残るエピソードとして語り継がれるに違いない。

と,おじさんは結構感動して熱くなってしまった。ちゃんちゃん(ちょっと恥ずかしい)。

« エコバニ! | トップページ | 石原慎太郎にオリンピック招致の資格はない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Toshiyaさん、こんにちは。

冬季オリンピック、結局、我が家で盛り上がったのは、主人だけでした(笑)。男子スケートの録画もまだ見ておらず、女子の方は、撮り損なっちゃいました(苦笑)。

真央ちゃんも、ヨナさんも、良く頑張りました!とエールを送りたいです。二人とも同い年で、可愛いし、
話題性もあるなか、重圧に押されながらの演技だったでしょう。まだまだ若いし、今後の未来に向って頑張ってほしいと思います。

いつもは90%日本人!と言い切っている主人も、オリンピックとワールドサッカーのみは、現地人に戻っちゃうみたいです(笑)。

Laieさん,こんにちは。ご主人が「オリンピックとワールドサッカーのみは、現地人に戻っちゃう」のは当然です。スポーツってそういうもんです。

キム・ヨナにはプロ転向説があるようで,浅田真央との対決は今シーズン限りになるかもしれません。その場合,次の浅田の強力なライバルは長洲未来かもしれませんね。これもちょっと複雑な心境ですが。

まぁ,それでも今回の女子フィギュア・スケートは本当に面白い試合でした。

今晩は!私も息苦しくTVを見ておりました!ショートプログラムも自分の家族が演技しているかのように手に汗握って見ておりました
しかしどうして同じ年同じ月生まれのライバルなんでしょうか?これって偶然ではなく必然だったんでしょうね!

takeotさん,こんばんは。

今回の二人の対決は歴史に残る好勝負として,長く記憶されるに違いありません。必然というのもそうかもしれませんが,キム・ヨナが言うとおり,「真央はもう一人の私」ということであれば,彼女たちは相互でアバターとしての役割を担うことで,高め合っていたのかもしれません。

このライブ中継の時、、
某駅で、列車待っていたのですが、、
テレビの前に黒山の人だかりでした。
みんな、願いは一つ!って、感じで、じっと画面を見つめてました。
なんか、、日本もまだまだ捨てたもんじゃないなぁ。。
って、思いました。

ちなみに、私は滑降とジャンプ好きです。
アイスホッケーも好き。。。

すずっくさん,おはようございます。

「黒山のひとだかり」ってのはニュースを見ていてもそんな感じでしたねぇ。力道山か!と思いました(嘘)。

ところで,「私は滑降とジャンプ好きです。アイスホッケーも好き」って,すずっくさん,まるで「男」ですな。あるいはアドレナリン・オタク(?)。でも最近,格闘技好きの女子も多いから,女性はますます肉食化が進んでいるということですかねぇ。私もダウンヒルは好きですねぇ。絶対できませんけど。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よく頑張った浅田真央:

« エコバニ! | トップページ | 石原慎太郎にオリンピック招致の資格はない »

Amazon検索

2018年おすすめ作