最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« David Sanbornのソウルごころ | トップページ | Harrison Fordの役者としての品格を高めた傑作 »

2010年2月 1日 (月)

地味な感じだが,フレージングは切れまくりのJerry Bergonziの新作

Three_for_all "Three for All" Jerry Bergonzi(Savant)

ここのところ,High Noteの傍系レーベルであるSavantからリーダー作を結構発表しているJerry Bergonziの新作である。またもSavantからのリリースであるが,前作"Simply Put"から半年あまりという短期間での新作発売には少々驚かされる。今回は前作のメンバーからピアノが抜けたトリオであるが,一部でBergonziによるソプラノとピアノがオーバーダビングされているのが珍しい。

それにしても雰囲気のあるジャケットである。こういうのは写真を見ているだけでも嬉しくなってしまうが,今回のBergonzi,録音のせいかテナーの音は結構ソフトにも聞こえ,一聴地味な感じも受けるのだが,よくよく聞いてみるとフレージングは切れている。これはドラムスのAndrea Micheluttiが叩きまくるのではなく,地味にバッキングしているせいもあるかもしれないが,やはりテナーをブイブイ言わせる感じではない。音圧で勝負というよりも,フレージングでの勝負のように思えるのである。バンドとしてのバトル的な感覚も濃厚ではないことも含めれば,このアルバムはリスナーを瞬間風速的に一気に興奮の坩堝におとしいれる魅力というよりも,何度かよ~く聞いてみないと,そのよさが伝わりにくい作品かもしれない。

曲は全曲Bergonziのオリジナルであるが,結構不思議な感じの曲が多い。美しいメロディ・ラインというよりも,即興演奏への導入部に過ぎないと言っては言い過ぎか。しかし,このアルバムを聞いていて思うのは,Bergonziには悪いが,これはBergonziの書いた曲を聞くためのアルバムではなく,あくまでもアドリブ・パートを楽しめばいいアルバムなのではないかと思えるのである。本作はピアノレス(本人によるオーバーダビングはさておきである)ということもあって,かなり自由度高く演奏しているように感じられるので,彼の即興の技を楽しむにはかなりいいのではないだろうか。ということでちょっと甘いかもしれないが星★★★★。

それにしても,2曲目のタイトルはずばり"Obama"である。Bergonziがベースとするボストンのあるマサチューセッツ州は圧倒的民主党の牙城なのだが,先日の上院議員の補選では共和党のScott Brownが勝利するという信じられない事態が発生した。Obamaを支持しているであろうBergonziの心中やいかに(全くの余談)。

Recorded in December 2008

Personnel: Jerry Bergonzi(ts, ss, p), Dave Santro(b), Andrea Michelutti(ds)

« David Sanbornのソウルごころ | トップページ | Harrison Fordの役者としての品格を高めた傑作 »

ジャズ(2010年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

蛇尾です。
まったく下らない話なんですが、今日の記事にあった、High Noteレーベルなんですが、実は、わたくし以前、安いjazzのSACD盤をHMVで探していたら、このレーベルのコンピ盤で1000円以下の手ごろなSACDがあったので、数枚オーダーして買いました。

High Noteレーベルって有名なんですか?まったく、頓珍漢なコメントですみません。

蛇尾さん,こんばんは。High NoteってTom Harrellの新しいところやWoody Shawの未発表も出していて結構見逃せないレーベルだと思います。

有名かと言えば???ですけど...。まぁでもサンプラーなら安いでしょうねぇ。私はSACDプレイヤーがないので,そっち方面はよくわかりません(爆)。

閣下、、これ。。実は頼んでないのだ。
迷って、お気に入りリストに入ったまま。。

今年に入って、、いろんなことにポカが多くて。。
久しぶりに、、リアルショップで探してみるかな。

すずっくさん,こんばんは。返事が遅くなりました。

まぁ急がなくてもいいでしょうけど,このBergonziのアドリブはかなりいけてますよ。買って損はないですね。

Toshiyaさん、こんにちは。

この写真のジェリーさん、とっても素敵ですね~♪
シンプリープットの時は、長髪で、あちらも素敵でした。やはり、モデルそのものが良い!ので、写真も映えるのでしょう。。これは、ジェリーさんに、伝えなくては!

そうそう、昨年の11月、ジェリーさんが、今度は、主人の写真を使おう!何て言ってくれたんですよ。まっ、でも、ジャケット用の写真をゆっくり撮ってあげる時間もないので、実現するかは、分かりませんが、言ってもらえただけでも、有難く、主人にとっては、光栄ですよね。

ジェリーさんのソプラノサックスは、実は一度も聞いたことがないのですが、ドラムスとピアノは、とても上手です。

Laieさん,こんにちは。

ご主人がBergonziのカバーを飾る日が楽しみですねぇ。彼がドラムスもうまいとは知りませんでしたが,いずれにしても素晴らしい交友関係で羨ましいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/47438043

この記事へのトラックバック一覧です: 地味な感じだが,フレージングは切れまくりのJerry Bergonziの新作:

« David Sanbornのソウルごころ | トップページ | Harrison Fordの役者としての品格を高めた傑作 »

Amazon検索

2017年おすすめ作