最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 出張中に見た映画(10/02編):その6(最終回) | トップページ | あの頃GRPは凄かった »

2010年2月23日 (火)

これは激しくて暑苦しい:Cindy BlackmanのTony Williamsトリビュート

Cindy_blackman"Another Lifetime" Cindy Blackman (4Q)

明らかにTony Williamsの影響を受けていると思われるCindy Blackmanが,"Another Lifetime"と大きく出たトリビュート・アルバムをリリースした。私は別に彼女への思い入れはないので,それだけだったら買っていないのだが,Abstract Logixのサイトで試聴したところ,Mike Sternの激しいギターが聞こえてきてしまったので,購入を決意したアルバムである。

試聴したトラックや,アルバム・タイトルを見る限りは,Lifetime系の激しい演奏が展開されることは想像に難くなかったのだが,これが予想を上回る激しさ,暑苦しさである。Blackmanのドラムスは,セッティングも70年代以降のTony Williamsに近似的な響きを聞かせ,まさにあんな感じの音(特にバスドラなんてそうだ)なのだが,それに輪を掛けるMike SternのギターとDoug Carnのオルガンである。Doug CarnはBlack Jazzレーベルの諸作で,その筋の方にはお馴染みだろうが,私にとってはおそらく初体験の人である。最近は活躍しているという話は聞いたことがなかったが,それにしてもそのオルガンも暑苦しい。そして,最近,これだけ激しいのはあまり聞いたことがないようなMike Sternである。音だけ聞いていても,マイキーが膝を揺らしながらプレイするさまが目に浮かぶのである。

この暑苦しさにはまさしく圧倒されてしまって,変な言い方であるが,この暑苦しさゆえに私は思わずうれしくなってしまったのである。しかし,このアルバム,この調子で全編続けるとさすがに胸やけを起こすと考えたのか,異なったメンツでの演奏も収められている。中でもJoe Lovanoとのデュオで演じられる"Love Song"はアルバムの中では異色と言えるだろうし,Vernon Reid(そう,あのLivign Colorのである)参加の"Wildlife"のややポップな感覚はやや浮いている。Lovenoのデュオなんか,Tonyの"Joy of Flying"(このアルバムはこのブログで以前酷評したことがある。記事はこちら)におけるCecil Taylorとのデュオへのオマージュかとも思いたくなるが,演奏はいいのだが,他の演奏との違いが大き過ぎるのである。

ということで,私としてはMike Stern,Doug Carnとの演奏の調子で全編を通してやってもらった方が,"Another Lifetime"としては相応しかったのではないかと思えるのである。一方で,もう一人参加しているギタリスト,Fionn Ó Lochlainnは英国出身で,SealやBilly Braggとの共演歴を持つ人らしいが,"40 Years of Innovation"ではマイキーっぽさを残しているのだが,"There Comes a Time"ではヘビーなギターでマイキーとの違いを
結構如実に出していて,こちらは面白かった。まぁ全編を通じて聞けば,ハード・フュージョンの佳作としては評価できるだろうが,やっぱりこのアルバムの構成はちょっと惜しいかなぁと思ってしまった私である。星★★★☆。

いやいや,やはりそれにしても暑苦しい。夏場には聞けないだろうなぁ。

Personnel: Cindy Blackman(ds, vo), Mike Stern(g), Fionn Ó Lochlainn(g), Vernon Reid(g), Doug Carn(org), Carlton Holmes(key), Patrice Rushen(key), Bennie Reitveld(b), David Santos(b)

« 出張中に見た映画(10/02編):その6(最終回) | トップページ | あの頃GRPは凄かった »

ジャズ(2010年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

トニーの命日にあわせて、八木ブラ&放し飼いのドラマーさまが、トニー月間してたのを読みました?

なーんか、すごいけど、なーんか、笑える、内容で、トニーがしのばれます。
コピペしたいくらい。(笑)

トニーって、ばか重たいスティックだったのね。

すずっくさん,こんばんは。それってどこで読めるんでしょう?

こう見えて交友関係は広くないもので。私は先方は認識していても,先方は私のことは認識していないと思いますよ。あくまでも私は一聴衆に徹していますので。

トニー月間についても,唯一の情報源であるこやぎ@でかいほうさんも教えてくれないし。ということで,反応できない私です。

なにやら私の名前が。

TWネタ、放し飼いドラマーにしょをさんの日記ですね。全体に公開してあるので、見れると思いますよ。極めて面白いです。我が儘トニー(笑)

こやぎ@でかいほうさん,こんばんは。来週復帰致します~。

にしょをさんの日記は拝見することができました。うむ,ディープだ(璃事長風)。

いろんな逸話があるもんだなぁとつくづく感心。いやいや面白かったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/47624944

この記事へのトラックバック一覧です: これは激しくて暑苦しい:Cindy BlackmanのTony Williamsトリビュート:

« 出張中に見た映画(10/02編):その6(最終回) | トップページ | あの頃GRPは凄かった »

Amazon検索

2017年おすすめ作