2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Wayne KrantzをCotton Clubで見た | トップページ | 出張中に見た映画(10/02編):その6(最終回) »

2010年2月21日 (日)

出張中に見た映画(10/02編):その5

Surrogates「サロゲート("Surrogates")」('09,米,Touchstone)

監督:Jonathan Mostow

出演:Bruce Willis,Radha Mitchell,Rosamund Pike,Boris Kodjoe

ロボット物の映画ってのはいろいろあるが,この映画は人間が遠隔操作でアバターとしてのロボットを操作するというのが,今までと変わっているところかもしれない。更に,これまでならロボットが反乱を起こすってのが筋書きだが,この映画はちょっと違うのが変わっている(この辺はネタバレになるので,書きにくい)。

まぁ,しかしBruce Willisが扮するFBI捜査官の実働部隊もロボティック・サロゲートだってのはなんだかなぁの世界であるが,このWillisのサロゲートがBruce Willisなのに,髪の毛はあるわ,髭はないわで,なんだか笑ってしまった。毛が生えて,髭がないと,まるでRussell Croweを童顔にしたようにさえ見えるのである。これがまずギャグ。また,サロゲートの皮膚をめくったロボットの造形もギャグ。

また,サスペンスを盛り上げようという意図はわかるが,演出がこれまた凡庸ということで,そもそもあの愚作「T3」の監督,Mostowではこの程度で当然か。そもそも,サロゲートだらけで人間性を失った世界の中で,人間性を追求しようとする主人公というシナリオもしょうもなぁ~としか言えない。まぁ飛行機の時間潰しにはいいのだろうが,もう少しまともな映画を選べばよかったとまたまた反省した私である。星★☆。

« Wayne KrantzをCotton Clubで見た | トップページ | 出張中に見た映画(10/02編):その6(最終回) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/47618054

この記事へのトラックバック一覧です: 出張中に見た映画(10/02編):その5:

« Wayne KrantzをCotton Clubで見た | トップページ | 出張中に見た映画(10/02編):その6(最終回) »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作