2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« この記事がアップされる頃は... | トップページ | 出張中に見た映画(10/02編):その2 »

2010年2月16日 (火)

出張中に見た映画(10/02編):その1

Amelia "Amelia" ('09,米,Fox)

監督:Mira Nair

出演:Hilary Swank,Richard Gere,Ewan McGregor,Christopher Eccleston

海外出張中の楽しみ,「出張中に見た映画」シリーズである。今回は往路では4本の映画を見たが,順番にレビューしてみたい。

本作は日本未公開であるが,Joni Mitchellも歌ったAmelia Earhartに関する物語を描いた映画である。Ameliaは女性パイロットとして,大恐慌期の米国に勇気を与え,女性の社会進出に貢献した人物として認められるべき人であるが,日本での知名度なんて知れたものだろうから,この映画が日本で公開される可能性は極めて低いだろうということで,まずはこの映画をチョイスした私である。この映画の製作総指揮を主演のSwankが兼ねているので,結局は彼女がAmeliaを演じたかったのだろうというのが本当のところだろうが,Swankは結構実際のAmeliaの雰囲気を出しているが,映画としてはどうか。

一見して爽やかな印象を与える映画であるが,人間の描き方としてはちょいと表層的なのが気に入らない。映像は美しく,こういうのはブルーレイで見たいかなぁと思わせるような部分もあるが,映画としての深みを出すには心理的な描写が甘過ぎるのは減点対象になろう。例えば,もう少しAmeliaの苦悩という部分を描いていれば,もう少し違う感覚もあったはずである。また,実写フィルムをうまくシンクロさせる手法は認められるが,この方式ならば,去年私が絶賛した「ミルク」って前例があるだけに,この程度では褒められるほどのものでもないのである。

結局のところ,この映画の最大の欠陥は,何もかもが中途半端に終わっていることである。人間ドラマにもなりきれない,恋愛ドラマにもなりきれない,単なる偉人伝にもならないということで,フォーカスがぶれたのは否めないだろう。Richard Gereは地味に好演していると思うし,Swankの演技力は大したものである。しかし,演出がもう少しよければ,この映画はもう少しいいものになっていただろうなぁと思えるのである。印象が爽やかなだけにちょっと勿体ない。星★★★。

しかし,繰り返すがこの映画が日本で公開される可能性は低いだろうが,Amelia Earhartについてはもう少し知られてもいいと思う。それにしても字幕で彼女の名前がイアハートになっているのは違和感が強かった。スペルだけ見ればそう読むように日本人には思えるかもしれないが,彼女の名前の発音はカタカナで書くならエアハートであるべきだと思うし,映画の中でもどう聞いてもエアハートとしか発音していなかったはずである。人名については私は細か過ぎるのかもしれないが,これだけは譲れないのである。

« この記事がアップされる頃は... | トップページ | 出張中に見た映画(10/02編):その2 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出張中に見た映画(10/02編):その1:

« この記事がアップされる頃は... | トップページ | 出張中に見た映画(10/02編):その2 »

Amazon検索

2018年おすすめ作