2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« この本は私へのクリスマス・プレゼントである | トップページ | 素のMilesバンドみたいな音がするブート盤 »

2009年12月11日 (金)

"The Hard Fusion"って感じである

Blues_for_tony"Blues for Tony" Holdsworth / Pasqua / Haslip / Wackerman(Moonjune)

国内盤はとっくに出ているのに,輸入盤がちっとも入ってこないこのアルバム,私はAbstract Logixのサイトで,同じメンツでのDVDと抱き合わせで注文したものだが,送料込みで5,000円もしないぐらいで買えてしまった。円高恐るべし。

それはさておき,このメンツがTony Williams Lifetimeの曲の再演も含めて演奏するのだから,ハード・フュージョンになるに決まったようなものである。聞こえてきた音はやっぱりハードだ。だから"The Hard Fusion"なんてタイトルに書いてしまったわけである。

ここでは,超タイトなリズムに乗ってHoldsworthは相変わらずのウネウネ・フレーズを炸裂させるのだが,それよりも私はAlan Pasquaの演奏ぶりにある意味で驚かされてしまった。PasquaもNew Lifetimeに在籍していたから,当然,こうした演奏もできるということはわかっていながらも,私の中ではPeter Erskineのアメリカン・トリオで楚々としたピアノを聞かせるイメージの人だから,この演奏ぶりにPasquaという人の多様性を思い知らされたのである。実はこのバンドの中で,最もカッコいいと私が思ったのは実はこのPasquaかもしれない。

演奏はどこから聞いても楽しめるが,あっという間に聞けてしまうぐらいの適正な尺でDisc 1と2に演奏が収められていて,私のような通勤リスナーには片道で2回繰り返し聞ける丁度よい長さなのがいいねぇ。こういう聞き方ができると記事を書くのも楽だが,それにしてもこの演奏は何とも言えぬカッコよさである。一部でBrand X的な響きが感じられる曲もあるが,やはりこの4人である。十分に各人のよさを活かした実力発揮の快演を聞かせてくれていて,Holdsworthのファンとは言えない私でも本当にうれしくなってしまった次第である。今年聞いたフュージョン系の新譜の中でも記憶に残る一枚になった。星★★★★☆。ハード・フュージョン・ファンは必聴である。

Recorded Live in 2007

Personnel: Allan Holdsworth(g), Alan Pasqua(key), Jimmy Haslip(b), Chad Wackerman(ds)

« この本は私へのクリスマス・プレゼントである | トップページ | 素のMilesバンドみたいな音がするブート盤 »

ジャズ(2009年の記事)」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

今日は。EVAです。
このアルバムとは直接関係ないですが、Tony Williams は好きなドラマーです。
そしてBrand Xはかつてのレビューを見て買いました。(爆)アルバムは「LIVESTOCK」です。未だ聴いていませんが、その内、聴いてからアップしたいと思います。
私は先月一杯でソフトの購入をストップしました。中年音楽狂さんのレビュー記事が最後になりました。暫くは我慢して又買える日が来るまで候補をリストして置きたいと思います。

EVAさん,こんばんは。Tony Williamsはアルバムには出来不出来はありましたが,やはりいいドラマーでしたよね。

Brand Xもお買い上げでしたか。私もその後も彼らのアルバムは聞いてはいるものの,"Livestock"を上回るアルバムは結局なかったと思います。

私はソフトを買い過ぎだと思いますので,買うのを控えめにしたいと思うこともあるのですが,欲求は抑えがたく,どんどん枚数だけが膨らんでいます。でもやめられないんですよねぇ...。

音楽狂さん、こんにちはmonakaです。
Pasqua大ファンの、と言ってもアコピアノのほうですが、Pasquaのアルバムで歳を越している経験もあるのでぜひ新しいアルバムも聴きたいところです。
年越しのアルバム、というのも選んだようなきがしますから、今年どうしましょうかと思っています。

アラン・ホールズワースは、いちおう無理のない範囲でCDの追っかけをしているのですが、比較的最近の録音で、こういうアルバムが出てくれるのはうれしいですね。

トニー・ウィリアムスへのトリビュートのようですけど、トニーの曲はなく、やはりこのメンバーが集まるとこのサウンド、という感じで楽しめました。それにしても輸入盤が国内に出回らないのは大人の事情でしょうか(笑)。

TBさせていただきます。

monakaさん,こんばんは。

ここでのPasquaはアコースティック・ピアノを弾いている時のPasquaとはまるで別人です。でも,このアルバムで賑々しく年を越すというのもありかと...(ないですかね?)。

910さん,こんばんは。TBありがとうございます。

私はHoldsworthのファンでも何でもないですけれども,このアルバムはよかったですね。まさしくメンツならではの音です。

輸入盤が出回らないのは大人の事情というか,何と言うか...。でもこのアルバムは海外のサイトで買えますし,値段もかなり安いというのがいいですね。国内盤は帯と解説で値段分の付加価値は絶対にないでしょう。だっていりませんから。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/46980342

この記事へのトラックバック一覧です: "The Hard Fusion"って感じである:

» ブルーズ・フォー・トニー/アラン・ホールズワース&アラン・パスクァ [ジャズCDの個人ページBlog]
最近ではアラン・ホールズワース参加作があまりなかったので、これは久しぶりにギター [続きを読む]

« この本は私へのクリスマス・プレゼントである | トップページ | 素のMilesバンドみたいな音がするブート盤 »

Amazon検索

2018年おすすめ作

2017年おすすめ作