2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 中年音楽狂 in 北海道(4) | トップページ | ホリデイ・シーズンに聞きたい音楽 »

2009年12月24日 (木)

Return of 中年音楽狂:中年音楽狂 in 北海道(最終回)

タイトルだけ見ると,Art Pepperかっ!というお叱りを受けそうであるが,無事に東京に帰還である。富良野でのヴァケーションはあっという間に終了ということとなったが,最終日もぎりぎりまで滑走を続けたことは言うまでもない。幸い北の峰ゲレンデもだいぶオープンしたが,上の方に行けないのでは今イチ感はぬぐえないところである。しかし,天候にも雪質にも結局は恵まれていたことは幸いであった。特に朝一番の富良野ゾーンのコンディションは最高であった。だからスキーはやめれられない。

それにしてもである。最終日は国民の祝日であるから,ゲレンデも混み合うことを予想していたのだが,予想に反して,人口密度は非常に低いものであった。スキー(及びボード)人口が減っているのかもしれないし,こんな年末に遊んでいる暇人はいないということなのかもしれない。それでも,昔のスキー場の混雑ぶりを知る私のような世代にとっては隔世の感がある。う~む。微妙である。

帰りは旭川空港から羽田に飛んだのだが,旭川の雪による空港の除雪作業のため,到着便が遅延し,私の便も出発に相応のディレイが発生した。そんな風景を見ながら,映画「大空港」を思い出していた私は相当古い?でも本当にそういう感じだったのである。あれほどの緊迫感はないとしても,いろいろな作業車が行きかう姿に既視感を覚えていた私である。

いずれにしても無事東京に帰還したが,年末に向けて最後の一仕事が待っている。東京には帰還しても,社会復帰が可能かどうかは大いに疑問である(爆)。

« 中年音楽狂 in 北海道(4) | トップページ | ホリデイ・シーズンに聞きたい音楽 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

無事のご帰還お疲れさまでした
北海道は今週は比較的暖かい?日が多かったので良かったのではと思います。
映画の大空港ですか!懐かしいですね。ジャクリーン・ビセットが綺麗でした
今夜新千歳空港の横を車で通りましたが、千歳は雪があまり無かったので、飛行機は順調のようでしたよ!

takeotさん,こんばんは。飛行機は遅れたとは言え,スキーは満喫致しました。やはり北海道は楽しいところです。

ところで,Jacqueline Bissetは本当に綺麗な人でした。しかし,あまり作品に恵まれたとは言えないところが,この人の不幸でした。「アメリカの夜」での彼女は最高に綺麗だったですねぇ...。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Return of 中年音楽狂:中年音楽狂 in 北海道(最終回):

« 中年音楽狂 in 北海道(4) | トップページ | ホリデイ・シーズンに聞きたい音楽 »

Amazon検索

2018年おすすめ作