2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 確かに私はRhodes好きだが... | トップページ | 硬派のピアノ・トリオである »

2009年12月 1日 (火)

こんなんもありました:McLaughlinのOfficial Pirate!

Mclaghlin "Official Pirate: The Best of the American Tour 2007" John McLaughlin & the 4th Dimension (Abstract Logix Download)

世の中,ダウンロード・ミュージック全盛で,CDの売り上げは落ちる一方である。私のようなCD派(というか現物所有指向派)としては,どんどん肩身が狭くなっているが,基本的に私はよほどのことがない限り,音楽ダウンロードというのは購入しないことで突っ張っている。しかし,そんな私にも例外はあって,先日のBrad Mehldauのライブ音源などはどうしても購入せざるをえなかったし,この音源もそうである。

このバンドの演奏は,私はベースがDominique Di Piazzaに代わった時のライブのブートを持っているし,その編成でのDVDも見ている。しかし,この音源の注目はベースがHadrian Feraudだということであろう。これは彼らが2007年に行った米国ツアーからのコンパイル音源ということであるが,これがダウンロード・オンリーなのである。実はこのメンツの演奏は,2007年10月13日,North Carolina州Durhamでのライブが"John McLaughlin and the 4th Dimension - Official Bootleg"として,CD-RながらAbstract Logixから発売されたことがあるのだが,既に絶版となっている。こちらのダウンロード音源はそれを補完すべくツアーからのベスト音源を集めて発売されたものと推定されるが,これがまたまた強烈な演奏である(但し,これが本当にベストと思わせるものもあるが...)。

このメンツであるから,当然ながらハード・フュージョンである。曲は"Floating Point"からのものが多いが,私は圧倒的にこちらの方が好きである。それにしても,まぁ全員,よくもまぁ弾きまくるものだと口あんぐりとなってしまうぐらいだが,これは燃えるわ。こういう音源なら,ダウンロードだけでもOKよと言いたくなるが,これを取り上げている人ってあまり見たことないなぁ。いずれにしても,全員強烈だが,Feraudのベースはまじで強烈にきてます。Di Piazzaも凄かったが,Feraudは輪を掛けて凄い。McLaughlinのファンはもちろん,Feraudのファンこそが必聴かもしれない。これで全8曲$14なら安いものであるが,1曲ずつも各$2.50で買える(そんな奴はおらん?)。音源は下記のURLで購入可能だが,同サイトにユーザ登録は必要なので念のため。

私はこの音源を早速iPodに突っ込んで,通勤電車で聞いて燃えてしまったことは言うまでもない。

Recorded in 2007 during the US Tour

Personnel: John McLaughlin(g), Gary Husband(key, perc), Hadrien Feraud(b), Mark Mondesir(ds)

« 確かに私はRhodes好きだが... | トップページ | 硬派のピアノ・トリオである »

ジャズ(2009年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/46902118

この記事へのトラックバック一覧です: こんなんもありました:McLaughlinのOfficial Pirate!:

« 確かに私はRhodes好きだが... | トップページ | 硬派のピアノ・トリオである »

Amazon検索

2017年おすすめ作