最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ついに出た!Towner/Fresu デュオ | トップページ | 懐かしさ爆発,「魔法使いサキー(相武紗季)」 »

2009年11月22日 (日)

着いてビックリ,Kraftwerkのボックス・セット

Katalog "Der Katalog" Kreftwerk(EMI)

Kraftwerkのリマスター盤は,個別のバラ売りは既に開始されていたが,今回,ドイツ語盤も出るということで,悩んだ末にこのボックス・セットを発注してしまった。それがようやく到着したのだが,デリバリーされた箱のサイズがでかいので何事かと思っていたら,中に入っていたのは,何とLPサイズのボックスではないか。私はCDサイズのボックスが来るものとばかり思っていたので,これには驚いたが,これはアートワークをLPサイズで格納したことによるものである。

現在,バラ売りされているCDではアートワークがCDサイズで収まっているのに対し,こちらはCDそのものはペーパー・スリーブにして,CD側のアートワークは省略して,LPサイズの豪華(本当に豪華に見える)スリーブに片寄している。これは私にとって全く予想外であった。まぁそれはそれで目で愛でるためにはいいのだが,CDのペーパー・スリーブに関しては,紙ジャケの中に,またやや厚手のCD用内袋(内ジャケ?)が入っているので,取り出しにくいこと甚だしいのであるい。これが紙ジャケ天国の日本製であれば,決してこんなことにはならないだろうと思わず苦笑してしまった私だが,これはまじでイライラする。何とかして欲しいよなぁ。

肝腎の音楽はこれから聞くが,これまで英語版で聞いてきた音源を,ドイツ語で聞いたらどんな感じになるのか,ちょいと不安と言えば不安だが,まぁKraftwerkだから,別に問題ないだろう(と楽観視する私を装いながら,実は不安)。

しかし,ドイツ語盤が英語盤よりかなり高いのは,生産量が少ないからだろうが,日本盤の\20,000ってのはさすがにやり過ぎじゃないのかねぇ。Milesの70枚組が\30,000しない価格で買えることを考えれば,こりゃ高いよね。ドイツ語盤でも\14,000ぐらいしたから,それでも十分高いが,日本盤は高過ぎだろう。まぁ,こんなもんを買うのはよほどの好き者だから,それぐらい出しても惜しくはなかろうが,本当の好き者は私のようにドイツ語盤を買うと思うけど...。

« ついに出た!Towner/Fresu デュオ | トップページ | 懐かしさ爆発,「魔法使いサキー(相武紗季)」 »

テクノ」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

Toshiyaさん、引き続き続投致します!

ドイツ語バージョンは、如何でしたでしょうか。

主人に値段の話をしたら、えっ~。。高すぎる!と驚いていました。ドイツ人の主人にとっては、ドイツ語バージョンが一番良い!と断言しています(笑)

何枚ものアルバムを既にお聞きになられている彼らのファンのToshiyaさんからの御意見、是非、お聞かせ下さい。

Laieさん,引き続きコメント・バックです。

ドイツ語盤はまだあまりよく聞けていません。ベスト盤と言ってよい"The Mix"を聞いただけですが,英語盤と違っていて,最初はとまどいましたが,これが本来あるべき姿なのでしょうね。追々アップしていきたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/46818630

この記事へのトラックバック一覧です: 着いてビックリ,Kraftwerkのボックス・セット:

« ついに出た!Towner/Fresu デュオ | トップページ | 懐かしさ爆発,「魔法使いサキー(相武紗季)」 »

Amazon検索

2017年おすすめ作