2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Towner / Fresuはやはり録音していた | トップページ | Fred Herschと10人のヴォーカリストによるベネフィット・アルバム »

2009年10月22日 (木)

ちょっと季節はずれな感じのValle/Fonseca

Valle_fonceca "Pagina Central" Marcos Valle / Celso Fonseca(Biscoito Fino)

ブラジル音楽界の大物二人による共演作ということで,その筋の音楽が好きな人には見逃せない組み合わせと言える。私はCelso FonsecaがRonaldo Bastosとやった"Paradiso"を聞いてまいってしまい,それ以降,Fonsecaのアルバムを結構聞いているとは思うのだが,"Paradiso"を越える作品には出会っていない。この作品の前に出たライブ盤は結構楽しいものだったが,それでもやっぱり私には"Paradiso"なのである。

一方のMarcos Valleはもはやヴェテランの領域に達していると言ってよいが,私が保有しているのは"Samba 68"ぐらいだろうか。それも久しく聞いていないが,この二人ということではやはりFonsecaにつられて買ったというのが実態である。

それでもって結果はどうだったか(最近,こういう書き方が多いなぁ。マンネリ気味か...)。とにかく冒頭から展開される明るい音楽には驚かされる。さわやか系ブラジリアン・ライト・フュージョンみたいだというのが正直な感想である。その後,インストとヴォーカル曲が交互に現れるようなかたちで,音楽は進んでいくが,こりゃ~軽いって印象が強い。

こういうのは真夏に聞くともっと気持ちがいいのだろうが,これから夏を迎えるブラジル音楽の新譜なのだから,北半球の日本では季節はずれで当たり前である。ストリングスも使って,結構金の掛ったつくりとも言えるが,それでもやっぱりこれは私にはちょっと感じが違うなぁ。確かに聞いていて心地よいのは事実である。でも残念ながら心に響いてこないのである。ある意味,イージー・リスニングだと割り切って聞けばいいのかもしれないが,"Paradiso"が好きなウェットな私には軽過ぎた。音楽としてはもう少し評価してもいいかもしれないが,私の求めるところとのギャップが大きいので,星★★☆。もうこれは完全に趣味の問題なので,この評価は無視して頂いても結構である。尚,1曲に懐かしやAzymuthが客演しているが,このバンド,ECMのAzimuthとごっちゃにされることが多いが,似たような名前でありながら,これほど対極的なバンドというのも珍しいなぁ...,と思わず余談に走ってしまった。

Personnel: Marcos Valle(vo, key), Celso Fonseca(vo, g) and many others including Azymuth: Jose Roberto Bertrami(key), Alex Malheiros(b), Ivan Conte 'Mamao'(ds)

« Towner / Fresuはやはり録音していた | トップページ | Fred Herschと10人のヴォーカリストによるベネフィット・アルバム »

ブラジル」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

まさに、南半球の夏真っ盛り(=北半球では季節はずれの極北)になっての紹介になってしまいました。
寒そうな外の様子をうかがいながら、ヌクヌクの部屋の中で聴くのもオツだとも。。。(^^;;

たしかに、軽めな印象と言えるんでしょうが、数曲はムフフと聴いていたりするところが(個人的には)良い部分に感じられているんでしょう。

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

これは確かに軽くて明るいですね。
私にぴったり(爆)それでもセルソの歌の哀感は素晴らしい。この人は多少、ウエットなほうが合うと思います。こちらもTBします。

madameさん,TBありがとうございます。

人それぞれ,性格も好みもありますからねぇ。一概には言えないというのはよくわかっているんですが,初Fonsecaが"Paradiso"だったので...。

とコメント・バックしているところで,oza。さんに返信していないことを認識。oza。さん,大変失礼しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/46531657

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと季節はずれな感じのValle/Fonseca:

» Marcos Valle / Celso Fonseca Pagina Central [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
ジャズは、結構いろいろな人を聴き漁っていますが、ラテン(ブラジル)ものは、Toninho Hortaが全部買いしてるくらいで、他の人は非常に限られた中でしかもちょっとずつしか購入していませんでしたがここにきて急(?)にCelso Fonsecaづいている感じがありまして、先日デビュー盤を中古買いして新譜のこれも早々に入手してしまいました。 1 Pagina Central 2 Vim dizer que sim 3 Faz de Conta 4 Azul Cristal 5 V..... [続きを読む]

» MARCOS VALLE、CELSO FONSECA / PAGINA CENTRAL [JAZZ & BOSSA]
ブラジル音楽好きなら、これはもうたまらないアルバムです。 マルコス・バーリにセルソ・フォンセカ、とくれば、今、のブラジル音楽の第一線の サウンド。 オープニングはちょっと意外な展開。オーケストラ・フュージョンともいうべきサウンド。 タイトルナンバー、Pagina Central そして次の曲からブラジルサウンドの心地よさ満載。エレピがね、とってもいいです。 インストナンバーは空間がさわやかフュージョンっぽい雰囲気で軽くなる。 そしてAzul Cristal、まごうかたな..... [続きを読む]

« Towner / Fresuはやはり録音していた | トップページ | Fred Herschと10人のヴォーカリストによるベネフィット・アルバム »

Amazon検索

2018年おすすめ作

2017年おすすめ作