2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 懐かしのTom Waitsデビュー作 | トップページ | 編成も渋いが,やはりEd Bickertはしぶい。 »

2009年10月17日 (土)

久々の歌謡曲ネタ:「ヘッド・ライト」

Photo「ヘッド・ライト」 黒沢明とロス・プリモス(日本ビクター)

当ブログへコメントを下さる蛇尾さんから,最近のオヤジ色の強まりを受けて,「次は歌謡曲か」とコメントを頂いたからというわけではないが(いや,やっぱりそれが理由か...),久しぶりの歌謡曲ネタである。

当たり前だが,黒沢明と言っても映画監督ではない。

ロス・プリモスと言えば,最大のヒット曲は「ラブユー東京」(もともとはB面だったらしい)というのが一般的だと思うし,私ももちろんそれも歌えるが,私にとってより印象深いのは1969年リリースのこの曲の方である。私がまだ子供のころ聞いたこの曲の冒頭の「ヘ~ッド・ライトに~」というメロディ・ライン(皆さんは覚えているだろうか,歌えるだろうか)がどうして頭を離れないのである。なぜなのかはいまだによくわからないが,さすが筒美京平先生作品だけのことはあると思わざるをえない。

私は常々,筒美京平をBurt Bacharachと結びつけてしまうのだが,やはりBacharachに比肩しうる日本屈指のメロディ・メイカーであると久々にこの曲を聞いても思ってしまった。最初の数小節だけで,年端もいかぬ子供の記憶にとどめてしまうっていうのはやはり凄いことである。だいたい,この曲だって,そんなに大ヒットしたわけではなく,チャートでは23位が最高に過ぎないのであるが,大昔,TVで数回見た(聞いた)だけのはずの私が,いまや中年になっても「ヘッド・ライト」ってあったよなぁ~などと思っていることですら驚くべきだろう。

もちろん,私はこの曲のシングル盤を持っているわけではないので,筒美京平作品のコンピレーションの大傑作「Hitstory」の中の一曲として聞いているに過ぎないが,それでもこの曲が収録されていることからすれば,同作のプロデューサーあるいは筒美京平本人としても何らかの思い入れがあったのかもしれない。曲は典型的ムード・コーラスと言えばその通りかもしれないが,やはり冒頭のメロディが今聞いても何とも素晴らしい。今度カラオケで歌ってみよう(爆)。それにしても凄いジャケットである。

« 懐かしのTom Waitsデビュー作 | トップページ | 編成も渋いが,やはりEd Bickertはしぶい。 »

歌謡曲」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、蛇尾です。
本文中に名前出していただき、ありがとうございます。なんか嬉しいです。

で、「ムード歌謡」このジャンルがなぜかボクはすきです。(グループ・ソロを問わず)グループの多くはラテンやハワイアン・バンド出身なので(当然、楽器もこなすでしょうから)そんな情況が関係するんでしょうか?実は、一度ゆっくり検証してみたい分野なのです。

「ヘッド・ライト」は筒美京平作品ですねぇ。あの「ヘ~ッド・ライトに~」はビートルズの「ミィ~スタァ~ムゥ~ンラ~イト」なんでしょうか。

蛇尾さん,おはようございます。勝手にお名前を出しまして申し訳ないです。

「ムード歌謡」お好きでしたか。何よりでした。それにしても『あの「ヘ~ッド・ライトに~」はビートルズの「ミィ~スタァ~ムゥ~ンラ~イト」なんでしょうか。』というのは鋭い洞察かもしれません。言われてみれば何となく似ています。思わず膝を打った私でした。

今日は。EVAです。
私も歌謡曲を含め、雑食です。
ロスプリのLPは2枚持っているのですが、この歌は知りませんでしたね。矢張り「ラブユー東京」でしょうか。(爆)
歌謡曲のアルバムは昔聴いていたせいで結構な枚数を持っていますが、何せ今時受けないみたいでブログネタに中々出来ません。
何れネタ切れになったらそんなことお構いなしにやろうかと思っていますが...。

EVAさん,こんにちは。

ロス・プリモスのLPをお持ちとは渋いですねぇ。さすがです。

歌謡曲ネタは「何せ今時受けないみたい」とお考えのようですが,実はそんなことはないと思います。私のブログで歌謡曲ネタは決して数多くはないですが,コメントは結構入れて頂いています(全然入らないものもありますが)し,不特定多数の皆さんにはさておき,固定の読者の皆さんには受ける部分も大きいのではないかと思います。

記事のアップを期待しております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/46499096

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の歌謡曲ネタ:「ヘッド・ライト」:

« 懐かしのTom Waitsデビュー作 | トップページ | 編成も渋いが,やはりEd Bickertはしぶい。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作