2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« マニフェストは何のため?誰のため?そしてシカゴと東京の敗退に思う。 | トップページ | Weekend in London:中年音楽狂の週末 »

2009年10月 4日 (日)

Oktoberfest!!

本当にたまたまだったのだが、こんな時期にミュンヘンに出張で滞在することとなって、大きな役得となったのがオクトーバーフェストというものを体験できたことである。

Oktoberfest_003 Wikipediaによれば「オクトーバーフェスト(Oktoberfest)とはミュンヘンで開催される世界最大の祭り」だそうである。ほんまかいなと思って、同地での仕事が終わった後、祭りの開催地Theresienwieseに行ってみたのだが、これは大変なことだと真剣に思ってしまった。おそらくこの期間だけのために巨大なビアホールが軒を連ねているのである。これはある意味壮観と言えばその通りであるが、ほとんど遊園地状態の現地にビアホールが沢山あるってのは不思議な感じであった。

Oktoberfest_002 そこにあるビアホールのスケールがまた異常である。テントと言われるその会場が立錐の余地もないほど混み合っているのはまさに驚きである。ドイツ人と言えば、日本人同様勤勉、まじめというイメージが強いが、どうしてここまで大騒ぎできるのか???この写真だけではあまりイメージがわかないかもしれないが、まさに体育館あるいはそれ以上のスペースに、机が並べられ、そこでみんながどでかいジョッキでビールを飲み、ローカル・フードを食しているのだ。

Oktoberfest_004 一体一晩にどれだけのビールが消費されるのかと思ってしまうが、並んでいるジョッキ(1ℓサイズだろう)の数からして尋常ではない。しかし、それを越える人間が集まってしまっているから、驚いてしまう。本当の話だが、あれだけの場所がありながら、座る場所が見つけられなかった。

しかも、音楽が鳴り出すと、ドイツ人のおばちゃんを中心にいきなり踊りだすのである。まさしく「飲めや、歌えや、踊れや」だ。なんで私が付き合わなければならんのかと思いつつ、私も国際親善のために椅子の上で踊ってしまったではないか。なんだかなぁ~とは思いつつ、これはやっぱり強烈である。一時の祭りのためだけに、こんな場所が出来上がってしまうこと自体も驚きならば、こんなに盛り上がってしまう人々も驚きなのである。

Oktoberfest_001 ドイツ人は日頃まじめで勤勉な生活をしているから、羽目をはずすとこわいのだろうなぁなどと冷静に考えてしまったが、まぁいい経験をさせてもらったと言っておきたい。まさしく百聞は一見にしかずである。しかし、私は実際に見たが、急性アルコール中毒で救急隊のお世話になっているおっさんもいれば、まだ夕方だというのに千鳥足で前後不覚のにいちゃんもいた。私はその仲間入りはしなかったが、あそこまで飲めればある意味幸せだろうねぇ。

« マニフェストは何のため?誰のため?そしてシカゴと東京の敗退に思う。 | トップページ | Weekend in London:中年音楽狂の週末 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Toshiyaさん、もしかしたら、もう日本でしょうか。。お疲れ様です。

オクトーバーフェスト、体験されたのですね。色々と驚かれたこととお察し致します。書かれていますように、普段ポーカーフェースの多いドイツ人が、一転して人格が違うんじゃないかと思うくらい陽気な人になっちゃうんですよね。私が感じるには、日本と比べて娯楽施設が少ないので、唯一、酒場で大好きなビールを限られた時期に、大いに飲み干そう!悪天候も吹き飛ばすぞ!と言うような意味合いもあるんじゃないかと考えています。

キルメスと呼ばれる移動遊園地も結構驚かれたんじゃないでしょうか。救急車やテント小屋の様子も御覧になられたようですね。ハメをはずしちゃう人が多くて、テント小屋も間に合わないようです。ただ、この救援退院は、飲みすぎちゃった人だけがお世話になるだけではなく、乗り物に酔ってしまった人の救助もしてくれます。(以前、ある乗り物に乗って、一度救急車のお世話になって、病院に運ばれた経験ありです。汗、汗)

ドイツ人の異様な盛り上がりを見せるのは、オクトーバーフェスト以外には、カーニバル、サッカー球場でしょうか。。イベント好きな民族なのかもしれませんね。

ミュンヘンと言えば、白色の皮付きソーセージなんですが、召し上がりましたでしょうか。ソースも甘くて美味しいです。普通のスーパーでも買えるので、たまに買って食べます。

Laieさん、こんばんは。まだ日本には帰っておりません。現在はロンドンにおります。ということで、週末のロンドンを楽しんだのですが、結構つかれました。

Oktoberfestは、ある意味メリハリをはっきりつけるっていう感じなのではないかと思いましたが、ドイツ人の一面を見させて頂いたということで、面白かったです。移動遊園地もスケールが違いすぎでしょう。やるときはやるドイツ人ってことですかね。

実はこの後、またまたベルリンへ移動ということになっています。それで仕事は終わりということになるはずですが、さてどうなりますやら。

出張お疲れ様です!ミュンヘンは札幌の姉妹都市でオクトーバーフェストは札幌ではやっていないと思いますが12月になるとクリスマス市はミュンヘンにならって数年前からやっております。
ホットワインを一度飲みに行こうと思っているのですがいつもの思っているだけで終わっております
北海道 takeot

takeotさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

そうですよねぇ。ミュンヘン~札幌~ミルウォーキーなんてCMが昔ありましたしねぇ。すべての街がビールが名物ですよね。でも姉妹都市とは知りませんでした。

ドイツのビールはやはりそれなりにうまかったですが、ロンドンのパブで飲む生ビールも捨てがたく、結局何でもいいんじゃないかと思えてしまった私です。北海道はもう随分と涼しくなったのではないでしょうか。冬にはスキーでお邪魔するのが今から楽しみです。

羨ましいですな。オクトーバーフェスト。
実はここフィリピンでも近々首都圏のホテルでオクトーバーフェストが開催されるらしいです。お金を払えばドイツ人でなくても参加できると聞いて、行くことにしました。現地のものとは比較しようもないですが、日頃真面目なドイツ人の変貌振り?を観察しようと思っています。実は以前「物産展」のようなところにいった時に2008年度のオクトーバーフェストのマグカップをみつけ(当然買ったのですが)当地のドイツ人もやっているのだなと確信、今回の参戦となったのでありました。

ドイツ人の変貌振りを観察する前に日頃真面目な?日本人の変貌振りを観察されないようにしなければならないのは言うまでもありません。

こうぞうさん、こんばんは。フィリピンのOktoberfestってどんなことになるんでしょうか。

いずれにしても、昼間っから飲むことを正当化するためのイベントですから、是非体調を整えて臨まれますように(余計なお世話ですね)。

出張も1週間を越えるときつくなってきます。もうすぐ帰国ですが、さすがに疲れました。次は世界一周出張が待っています。宮仕えは辛いっす。

おはようございます。

世界一周出張ですか?ご苦労お察しします。
若い頃は飛行機に乗って出張するのがうれしくてたまらなかったのですが、加齢とともに、さすがにイヤになりました。同じ会社の人で飛行機の乗りすぎ?で中耳炎かなんかになった人がいました。圧力の変化のせいらしいです。お気をつけ下さい。

今度東京への出張があるのですが、それさえイヤだと思うようになった今日この頃です。

こうぞうさん、おはようございます。今日、あと一本、ミーティングを終わらせば、帰国です。

次回の世界一周は結構きついと思います。ポーランド~ロンドン~NYC~ボストンですから。これはさすがにきついでしょうねぇ。確かに気圧の変化も耳にはよくなさそうですが、まぁ何とか乗り切るしかありません。

今回は映画が若干変わるので、ずっと映画を見て帰ることにでもします。

お仕事とはいえ、すごい移動距離ですね

プチひきこもりの私には羨ましい限りです

羨ましいのは「ビールを美味しく飲めること」もです

ビールの味が苦手で、CMなどで美味しそうにビールを飲むシーンを見るたびに
なんか私は人生損しているな~なんて思ったりします

いつ頃から、ビールって美味しく感じたのでしょうか

私も飲み方次第でビール好きになるとい~な~

さらら♪さん,続けてコメント・バックです。

いろいろ出張が多くて羨ましいという方もいらっしゃいますが,実は結構きついんです。まぁ,でもこういう役得もないとやってられませんが。

ビールもいろいろありますので,さらら♪さんにぴったりのビールが見つかるといいですね。日本はラガーが一般的ですが,ラガー以外をお試しになってみてはいかがでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/46367949

この記事へのトラックバック一覧です: Oktoberfest!!:

« マニフェストは何のため?誰のため?そしてシカゴと東京の敗退に思う。 | トップページ | Weekend in London:中年音楽狂の週末 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作