2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 久々の歌謡曲ネタ:「ヘッド・ライト」 | トップページ | 追悼:森聖二氏(ロス・プリモス) »

2009年10月18日 (日)

編成も渋いが,やはりEd Bickertはしぶい。

Three_for_the_road"Three for the Road" Rob McConnell / Ed Bickert / Don Thompson (Concord)

このブログでも何度も書いているが,私はEd Bickertのファンである。この人のリラクゼーションたっぷりの演奏を,この人独自のテレキャスターの音で聞かされたら,私は無条件でOKみたいなところがある。

一時期,Ed BickertはConcordレーベルと契約をしていて,何枚かのリーダー作を発表しているが,ことごとくが廃盤状態で,マーケットでは結構な高値で取引されている。そもそもしぶいギタリストだから,そんなに枚数がさばけるタイプの人ではないとしても,これはやはりもったいないことである。しかも,現在,Ed Bickertはリタイア状態のようであるから,新作が出るわけでもないし,最近は大企業となったConcord(昔のGRP状態だと言ってもよいだろう)が,あまり売れる見込みのないアルバムを流通させるとも思えず,買い漏らしたアルバムは中古などでせっせと捜すしかないのである。このアルバムは先日のまとめ買い大量購入時にゲットしたものだが,1,000円しない値段で買えたのは嬉しかった。

それはさておき,この編成である。ヴァルブ・トロンボーンにギター,ベース(ピアノも掛け持ち)という編成,しかもこのメンツならば,聞く前からどんな演奏が展開されるかは想像できるというものだ。そして聞こえてきた音はやっぱりしぶいわ~。

ここでの3人は全てカナダ人ミュージシャンだが,この人たちによる演奏がどうしてこれほどの渋さを持つのかというのは全く謎だ。彼らが本拠としたであろうカナダはトロントの"Bourbon Street"が今も健在かどうかはわからない(ググってもトロントの同店が引っ掛からない)のだが,そこでのインティメートな雰囲気(私も一度,ナイアガラ観光ついでに,食事だけするためにわざわざトロントまで行ったことがあるが,そのときにこの店に行ったときもMcConellが出ていたと記憶している)が彼らの演奏に何らかの影響を与えたと考えてもいいかもしれない。

Rob McConnellはライナーで,ここでの演奏(特に本人)は完璧からは程遠いなどと謙遜しているが,これはこれで十分に楽しめるのだからいいのではないか。まぁ確かに刺激に乏しいってことは事実だが,このメンツに刺激を求める人間はおらん!と言っておこう。ナイトキャップにはこういう音楽があると嬉しいのである。尚,本作では珍しくもメドレーが3曲(1曲はHenry Manciniメドレーである:「いつも二人で」/「ピンクの豹」からRoyal Blue/「ピーター・ガン」からDreamsvilleってのがまた渋いなぁ。)も入っているが,うまくアレンジされていると思う。いずれにしても,とにもかくにもこの人たちらしい演奏である。星★★★★。

Recorded on October 11 & 12

Personnel: Rob McConnell(v-tb), Ed Bickert(g), Don Thompson(b, p)

« 久々の歌謡曲ネタ:「ヘッド・ライト」 | トップページ | 追悼:森聖二氏(ロス・プリモス) »

ジャズ(2009年の記事)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
アルバムは違いますけど、トラバしちゃいますね。
トンプソンって、かなり饒舌なタイプだと思うんだけど、3人のコンビは良いですよね。

やっぱり、少ないビッカート好きとしてはこんなアルバム取り上げる閣下、、尊敬しちゃいますです。

そう。。筒美京平って、木綿のハンカチーフじゃん。
好きな曲いっぱいあるんだけど、ヘッドライトはわからなかったです。
え?歳ごまかしてるわけではなくて。。

すずっくさん,こんにちは。TB入っていませんので,リトライして下さい。

Thompsonの饒舌さはピアノにおいてやや顕著化しますが,ベースはそんなにブイブイ言わせてはいませんよね。とにかくこのアルバム,地味って言えば,これほど地味なアルバムはないですね。

筒美京平の奥は深いですよ。最近では中川翔子にも「綺麗ア・ラ・モード」なんて書いてますしねぇ。まぁ,「ヘッド・ライト」はマイナーな方ですから知らなくても問題なしです。

もう一度、トライしました。。
どうかしら。。

すずっくさん,こんばんは。今度はOKです。アップしました。

やっぱり、アルバムはちがうけど、トラバしちゃいますね。
って、編成はほぼ一緒。

渋いけど、良いアルバムで、心地よすぎます。。

今は、何処にいるのですか。

すずっくさん,続けてこんばんは。水曜日に大連から戻ってきました。次回は9月に北京です。

ところで,TB入っていないようですので,リトライお願いします。このアルバムは知らなかったなぁ。捜そうっと(爆)。

んじゃ、もっかいネ。

すずっくさん,よくよく見たら前回のTBも入ってました。スパムのところに...。すずっくさんのブログ名称のせいかもしれませんねぇ(笑)。

公開しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/46500687

この記事へのトラックバック一覧です: 編成も渋いが,やはりEd Bickertはしぶい。:

» MutualStreet/EdBickert&RobMcconnell [MySecretRoom]
秋空にデュオが似合う、って、事なのですが、すずっくはデュオを沢山持っております。なんでだろう?たぶん、寂しがりだからん。(バッシ)痛いんだから、、もうぉ。今日はね、ちょっと異色な組み合わせから。でも、考えたら好きな楽器群二つです。私ね、基本的に、「糸も...... [続きを読む]

» TrioSketches/RobMcConnellEdBickertNeilSwainson [MySecretRoom]
黄昏時にかけたくなる、寄り道小径の一枚。先週トランペット、ギター、ベースのライブを聞き損なってから、吹きもの、ギター絡んだワンホーン編成のアルバムにご執心です。トムハレ... [続きを読む]

« 久々の歌謡曲ネタ:「ヘッド・ライト」 | トップページ | 追悼:森聖二氏(ロス・プリモス) »

Amazon検索

2018年おすすめ作

2017年おすすめ作