2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 面白い読み物だが,いい加減さも残る「ジャケ裏の真実」第2弾。 | トップページ | Meshell Ndegeocello色濃厚なJason Lindnerのファンク作 »

2009年10月27日 (火)

出張はつらいよ(09/10-11編):その2

日本で我が家を出て約24時間、ようやくポーランド、ワルシャワに到着である。これだけかかったのは、コロラドにスキーに行くのに30時間近く掛かって以来と言ってもいいかもしれない。まじで遠いし、まじで眠い。これを書いているのは日本では早朝だから当たり前だが。

ワルシャワの空港はフレデリック・ショパン空港(!)と言うらしい。さすがショパンの生地だけのことはあるが、そんなエキゾチックな思いにふける前に、前途多難を思わせる事態発生である。

空港でタクシーを拾おうと思って、荷物を引っ張って歩いていたら、横断歩道のところにちょっとした傾斜があって、そこが濡れていたせいで、まともに滑ってこけてしまった。痛いやら、カッコ悪いやらだが、何よりもこけた時に左手をついて、手首が痛めたのにはまいった。更にズボンは汚れるわで、こういうときだけ「なんでやねん」と関西弁で悪態をつく私であった。

初めて訪れる土地にしては、出足が悪過ぎるが、これ以上悪くならないことを期待して、仕事に備えたいと思う。それにしても眠くてだるい。ユンケルを持ってくればよかったと思ってもあとの祭りである。それにしても情けない。先が思いやられる。

それでもって、テレビをつけたら、リバプールとマンチェスター・ユナイテッドの試合をライブでやっているのは欧州ならではだが、実況がポーランド語では何を言っているのかさっぱわややなのは仕方ないな。

« 面白い読み物だが,いい加減さも残る「ジャケ裏の真実」第2弾。 | トップページ | Meshell Ndegeocello色濃厚なJason Lindnerのファンク作 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 まあ、ポーランドにいらっしゃるのですね?
空港では、そうでしたかぁ、、、
お疲れが、溜まっていたのでしょうね。

手首の方はいかがですか?
冷シップがあるといいのですが、もう手に入りましたか?
ユンケルのお話も納得です。
私も成田空港の薬屋さんで購入したリポビタンDの最強タイプを命をつなぐものとして、過ごした経験があります。
飲み切った後は、不安もありましたが、海外では、自力で!って、日本にいる以上に考えますよね。
御無事を祈っています。
日本人はどこにでもいるので、どなたかにシップなら、聞いてもみつかりそうですが、薬屋さんでシップを購入され少しでも、ダメージが少なく済むことを祈っています。
以前なら、オペラ関係の劇場で、以前お世話になった先生が指揮をされていましたが、、。
 
 ポーランドと言うと、私はMarcin NowakowskiというSAX奏者のBetter Daysがとても好きで気に入っています。
彼のアルバムの中のAfter Hoursは元気に満ちています。
音楽狂様が元気に満ちて、良いお仕事ができますように。
これからは素敵なことが続きますように願って!

ひまわりさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

手首は大したことはありませんので、ご安心下さい。また、最近、五十肩なのか、何なのかわからないのですが、左肩の痛みがあるため、痛み止めのローションを持ってきていましたので、それを使えるので、問題ないでしょう。

私にとってポーランド・ジャズと言えば同じMarcinでもMarcin Wasileuskiですが、ナイトライフを楽しむ時間はないでしょうねぇ...。

 痛み止めのローションをお持ちだったのですね。それは幸いでしたね。
 私は、久し振りに2日連続で、ブルーノートと、コットンクラブに行く予定です。 

ひまわりさん、おはようございます。ご心配頂きありがとうございました。

クラブ2連チャンですか。日本なら私には無理って感じですが、NYCなら...なんて思っています。

Toshiyaさん、今晩は。

お疲れ様です。手を痛くされたようですが、大丈夫でしょうか。私も、一人で路上でつまづくことが少なくないのですが、誰か相手がいれば、フォローも効くのですが、一人だと、痛たたた。。なんて、言えないんですよね~。大事に至らなかったようですので、安心しました。

今週の日曜日から、冬時間になったのですが、それだけでも、眠さ加減が全く違います。ご出張とあれば、本当にきついこととお察しします。

日本への帰国は、自宅から、実家の玄関まで、正にドアからドアまで、24時間かかります。実家に到着する以前に、出発する前から毎度、疲れてしまうんですよ。(苦笑)。それに、手ぶら、じゃ帰れない里帰りも、考え物です。

あっ、それから、トランクの積み下ろしで、ギックリ腰には十分に御注意なさって下さいね。

Laieさん、こんばんは。リアルタイムで挨拶ができるっていいですねぇ。今日はロンドンでの仕事が終わったので、気晴らしにライブ・ハウスで燃えてきました。

私は明日、NYCへ向かいますが、まぁ何とか乗り切れるかなとようやく思えてきました。明日もライブ行こうかなと思っています。

Toshiyaさん、お早うございます。

昨晩の演奏会、きっと、楽しまれたことと思います。
そうですか、今日は、アメリカへ行かれるのですね。
途切れないNYのタクシーの騒音が懐かしいです。NYで、タクシーを使用した時に、インド系の運転手が、お客さん、どちらから?と言ったので、ボストンよ。と答えたことがあります。日本からだと言うと、ボッタクられそうな気がしたので(笑)。それから、運転手男性の身の上話が始まって、僕は、NYに着てから、まだ、3日目で、友達がいないんだぁ~。と話してくれました。それにしては、道路事情に詳しすぎだと感心しちゃいましたが。。

それから、泊まったホテルで、ベルマンを怒らせてしまったことが。。チップをあげるのを忘れてしまったのです。アメリカって、何でもチップですよね。

あと少ししたら、知り合いが大分前に貸したDVDを返しに来るので、その前に、週末の食料の買出し、部屋の掃除をしなくちゃ。。

それでは、Have a nice flight!

Laieさん、おはようございます。

昨日はバンドそのものが急造のものでしたから、まとまりやタイトさにはイマイチ不満が残らなかったわけではありませんが、それでも楽しんでしまったのはファンの弱みって奴でしょうね。

これからNYCに行きますが、実はNYCはかなり久しぶりです。2年ぶりぐらいになりますかねぇ。お気に入りのチョコレート屋(まじでおいしいんです)に行くのが楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/46594671

この記事へのトラックバック一覧です: 出張はつらいよ(09/10-11編):その2:

« 面白い読み物だが,いい加減さも残る「ジャケ裏の真実」第2弾。 | トップページ | Meshell Ndegeocello色濃厚なJason Lindnerのファンク作 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作