2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Max Ionata@ディスクユニオン新宿ジャズ館(9/25) | トップページ | これもやっと来た"Monterey Quartet" »

2009年9月28日 (月)

やっと来たStefano Bollaniの新作

Bollani "Stone in the Water" Stefano Bollani (ECM)

注文のタイミングが悪く,なかなかデリバリーされないでやきもきさせられたStefano BollaniのECMでの新譜がようやく届いた。ブログのお知り合い,すずっくさんによれば,私の嗜好にバッチリ合っているはずだとのお言葉を事前に頂いており,期待値が異様に高まっていた私である。しかもメンツはベースのBodilsenトリオ名義で出た"Mi Ritorni in Mente"と同じではないか。あれも甘い感覚を残しながらも結構好きな作品だったので,これはやはり期待できるだろう。更に,メンバーのオリジナルに加えて,Caetano Veloso,JobimになんとPoulencなんていうレパートリーを並べられては,こりゃ~聞く前からたまらん。

それでもって聞いてみたら,すずっくさんのおっしゃる通りである。どうして私の趣味がそこまでわかるのか?さすが師匠,エスパーのようである。これはよい。ECMらしいと言えばECMらしい音である。基本的には美的で静謐な音に,若干のダイナミズムをまぶすという感じであろうか。私がECMでピアノ・トリオを聞いてまいったと思ったのがMarcin Wasilewskiであったが,本作はそれに勝るとも劣らないと評価してよい傑作。どちらかを取れと言われれば,正直なところ,私としてはWasilewskiを取るかもしれないが,それでもこのBollaniの世界観はECMにぴったりで驚かされる。とても生粋のラテン系とは思えぬ美的センスである。こうしたBollaniの資質を見事なまでに見抜くManfred Eicher,やはりあなたは大したものである。

また,Wasilewskiの"January"と本作が同じNYCのAvatar StudioでJames Farberの手によって録音されたことも偶然ではあるまい。音が生みだすケミストリーは同じなのだということを物語っているではないか。いやはやさすがECM,40年も続くだけのことはある。OsloでもNYCでもサウンド・カラーが変わらないということこそ,Eicherの美学の裏返しである。

いずれにしてもこれから秋から冬にかけて,このアルバムを何度もプレイバックすることになるであろうことを確信させる一作。星★★★★☆。

Recorded in October, 2008

Personnel: Stefano Bollani(p), Jesper Bodilsen(b), Morten Lund(ds)

« Max Ionata@ディスクユニオン新宿ジャズ館(9/25) | トップページ | これもやっと来た"Monterey Quartet" »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2009年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

音楽狂さん、こんにちはmonakaです。
またヨーロッパですか、大変ですね。ゆっくりと当地のよいものを探せるといいと思うのに、悲しいかなですか。このアルバム、聞く人によって受け取り方が変わるかもしれませんが、底に流れる音楽性がしっかりしていて、人気よりも時間をかけて評価が上がっていくような気がします。
TBさせていただきました。

monakaさん、こんばんは。TBありがとうございます。本日はエジンバラよりコメント・バック差し上げます。

ECMレーベルの音楽については好き嫌いがあるのは仕方ないところだと思いますが、私の嗜好にはばっちり合ってしまったのが本盤ということになると思います。まさしく一聴した瞬間から「ツボにはまった」って感じでした。

こちらからもTBさせて頂きます。

ステファノ・ボラーニは私はECM盤でしか聴いたことがないのですが、このアルバム、バッチリですね。他レーベルだと別の面のサウンドがおもてに出るようですけど、ちょっと興味あるものの、とりあえずこの盤をおさえておけば、ECMファンの私としては満足です。珍しく何度も聴き返しています。

TBさせていただきます。

910さん、こんばんは。TBありがとうございます。オーストリアよりコメント・バックです。

私はなんだかんだで結構Bollani関係盤を保有しています。記事に書いたStunt盤もよかったのですが、これはもっと好きですねぇ。Ravaとの共演盤もいいですし、ECMと相性がいいんでしょうね。

これからもこの線で出して欲しいものです。

すみません。
トラバしっぱなし。。で・・。

いやいや、、これはよかったですよ。
最初のワンフレーズで、嬉しくなってしまいました。
で、音狂閣下もお好きだろうなぁ。。って、思ったのです。
そう、工藤さまもお気に召してたし、わたくしの単なる好きだけではとどまらないお勧めアルバムだよなぁ。。って。

雪景色も似合うだろうなぁ。。
もう一個、、あったな。

エスパーすずっく師匠、こんばんは。今日はミュンヘンに移動しました。

いやいや本当にご明察というか、性格読まれとんちゃうかぁと思ってしまいました。それにしてもラテン系なのに冬景色が似合いそうな音楽を奏でるBollani、いいですねぇ。しばらくはこれで楽しめそうです。

こんばんは.奥手なので皆様から1年以上遅れて聴いています.それにしても,Label Bleuと比べて随分違いますよね.変化自在の器用さがとてもプラスな現在のBollaniですが,いつまでもそうであればいいなあ,と思ってます.器用さだけが残る,なんてならないように.

kenさん,こんばんは。TBありがとうございます。

Bollaniにはいくつか顔があるように思えますが,Rava等の参加作含めて,ECMでは私はこのアルバムが一番好きです。全然ラテン系って感じはしませんけどね(笑)。

秋から冬にかけて、、、ですか。同感。夏が終わると「自分対象盤」が3倍くらい増える気がしたのは気のせいではないですね(笑)。これは集中力がある時に聴くと深いインタープレーに気付けるので今からが聴き時と思っています。そういやMarcin Wasilewskiも大好きです。「Trio」しかもってませんが「January」も良さそうですね。参った(Herschで金がありません(笑))。

ki-maさん,こんばんは。TBありがとうございます。去年の秋口から冬にかけてはこのアルバムの世話になりましたねぇ。"January"もいいですよ~(きっぱり。完全煽りモード)。

金は天下の回り物なんちゃって。失礼しました。こちらからもTBさせて頂きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/46295004

この記事へのトラックバック一覧です: やっと来たStefano Bollaniの新作:

» 触れずに見ている Stone In The Water / Stefano Bollani [JAZZ最中]
S・ボラーニの新譜が出ましたが、行きつけのショップには、なかなか並ばない。ECMから出るトリオ演奏は初めてで、メンバーはすでにStuntレーベルから2枚トリオで演奏しているベースのJesper BodilsinとどらむすMorten Lundの3人。 出ている2枚はblogでも話題になった評判のよいもの、今聴いても素晴らしいと思います。 ボラーニがソロでECMから出たとき、内省的な面と、ラグなどを取り入れた自由な明るい部分が、半々にあって、聴く側のその日の体調によって、好みが変わるという、体調占... [続きを読む]

» Stone In The Water/Stefano Bollani Trio [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMレーベルのジャズ聴き2日目。ステファノ・ボラーニもこれでこのレーベル3枚目 [続きを読む]

» StoneInTheWater/StefanoBollaniTrio [MySecretRoom]
わたくしは遺跡が好きです。あ、、廃墟とでも言うのかな。。現存する立派な建物をみるより、僅かに残された建物の土台、痕跡、、廃墟?みたいなのに惹かれます。今まで一番胸が熱くなったのが、イギリスの北海を望む険しい峠に残るローマ軍の砦の跡。冬は雪で閉ざされる、...... [続きを読む]

» Stefano Bollani: Stone in the water (2009)季節が変わり「よもや]と思ったら「やはり」のECMの音世界 [Kanazawa Jazz days]
今朝はなんとなく「よもや」と思い、CDプレイヤーにいれたのはStefano Bollaniの「Stone in the water」。「静謐系」で聴くBollaniはピンとこなかったので、1回聴いて控え選手となったECMの一枚。北欧のメンバー Jesper Bodilsen(b)、 Morten Lund(ds)とのトリオ。CDプレ...... [続きを読む]

» Stefano Bollani/Stone In The Water [音楽という食物]
今まである程度の一流どころのミュージシャンのライブは一通り見に行ったと思います。 しかし一番純粋に乗れたのはこのStefano Bollaniでした。 二年前のブルーノート東京でのピアノトリオでした。「Im in the mood for love」が出た頃なのでレパ...... [続きを読む]

« Max Ionata@ディスクユニオン新宿ジャズ館(9/25) | トップページ | これもやっと来た"Monterey Quartet" »

Amazon検索

2018年おすすめ作

2017年おすすめ作