2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« まとめ買い値引きセールで大量購入... | トップページ | 穐吉敏子との出会い »

2009年9月 1日 (火)

笑ってしまった衆議院選

結果は予想通りであるから,別に感慨はない。しかし,4年前の郵政選挙とほぼ逆の結果となった自民党は惨めである。ポピュリズムの小泉により勝った反動は大きかったということだろうが,今回,比例復活で生き残ったのがロートル中心では解党的出直しなんて無理なんじゃないのと皮肉の一つも言いたくなる。そもそもこれだけ大敗しておいて,100人そこそこでは派閥も意味がないなんて発言している輩もいるようだから,何をかいわんやである。頭の構造が硬直化していると言わざるをえまい。まぁ下野している間にせいぜい悔い改めることである(というか,私はかなりのリベラルなので,ずっと自民党にはずっと野党でいればいいのだと思っているが...)。

そんな中で,今回何よりも笑ってしまったのが「おおつかたくくん」の落選である。そもそも前回,比例東京ブロックで自民党大勝に救われて当選したようなこのボンボンが,落下傘候補で小選挙区から出馬するということ自体馬鹿げている(よって,4万票以上の大差で敗北である)が,そもそもこの男,前回の参議院選挙で私が泡沫候補と揶揄(記事はこちら)しながらも,奇跡的に当選してしまった「まるかわたまよくん」と結婚した御仁である。職場恋愛を否定するわけではないが,この二人,特に嫁のまるかわくんはどうにも節操がなく見えるのは私だけではあるまい。今回もまるかわくんは選挙期間中,夫を助けるべく土下座三昧だったとの噂も漏れ聞こえてくる(自分の選挙でも土下座しまくっていたらしいから,むべなるかなという感じである)が,夫を助けようとする美徳は認めるものの,そもそも「おまえは男を見つけるために国会議員をやっとんのかっ!」と思われても仕方ないような行動パターンの御方である。そうしたメンタリティを見てしまえば,どんなに土下座しようが,選挙民は清き一票を投じる気にもならんわ。恋愛は自由だが,自分のことを考える前に国家のため,国政における働きを示そうとするのが,まともな政治家,人間の考えることであり,そうした意味でそもそもまともではないのである。ということで,この妻にしてこの夫あり,あるいはVice Versaであるから落選は当然だ。

まぁ今後,当面の間,民主党がろくでもないエラーをしない限りは,次回まるかわくんが出馬するであろう2013年の参議院通常選挙では彼女も落選間違いなしだろうと言っておこう。東京都民は二度まるかわくんに騙されるほど馬鹿ではないと信じたい。

« まとめ買い値引きセールで大量購入... | トップページ | 穐吉敏子との出会い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Toshiyaさん、こんにちは。

民主党圧勝のニュースは、こちらでも手短ではありますが、放送されました。鳩山氏がTVに映った時に、主人が、この人、ooooみたいだね、oooにも見える、何て言ってた時には、笑ってしまったのですが、確かに外見だけなら、そう見えるかも。。(空所の欄は、こちらでは控えますね)

小沢氏の秘書の汚職事件がなければ、間違いなく民主党の柱は、鳩山氏ではなく小沢一郎氏ですよね。首相になる機会は、自民党に席を置いていた時期からあったにせよ、いつも陰の黒幕役に徹しているような気がするのは、気のせいでしょうか。

在外選挙権になって、今年で3年目(その前までは、色々とあって行きそびれてしまっていました)。電車賃をわざわざかけて、清き一票を投じる為に、重たい足を引きずって?投票に出かけています(苦笑)。

こちらで、ラジオ、テレビの両方で民主党圧勝のニュースは一日流していたので、日本ではかなりのフィーバーだったのではないでしょうか。記事にされている大塚氏の内容などは、全くの初耳でしたので、勉強になりました。

こちらも大きな選挙を今月末控えていて、盛り上がりを見せていますが、結果的には、CDUがまた政権を引き継ぐかと思います。メルケル女史の大きなセクシー?!ポスターも良く盗まれているとか。。

今回、自民党から民主党に政権交代が移されたのは、歴史的なイベントだったように、シュレーダー氏が
最後となったSPDからメルケル女史のCDUに政権交代になった時にも、ドイツでは歴史に残る瞬間だったようです(外国人の立場からなので)。

日本の景気は今、どんな感じでしょうか。こちらは、ものすご~く不景気です。もう、手に取るように感じられます。ドイツ人でさえ仕事がない状況がしばらく続いています。その上、貧しい国からどんどんドイツへ移民として入って来ているので、ドイツ国民としては、外国人(自分も含めて)をけむったがっているだろうなぁ。。と思わざるを得ません。IDが外国人なので、ここは辛いのですが、仕方がないですね。

あっ、余談ついですが、日本での我が家族の決まり事で、選挙の投票へは全員で行くのですが、誰に、何処の党に入れたかなどの話は内緒が当たり前だったのですが、こちらに来てからは、主人も私も全て話すようになりました。驚くのは、知り合いとでも、CDU、SPDに入れたよ、何て気軽に話せる?!状況を目にした時です。でも、これは、ごく一部だと思いますが。。

長々と失礼致しました。

Laieさん,こんばんは。

政治について声を大にして議論をするっていう感じは日本にはないですねぇ。職場でも政治に関する議論はご法度みたいな感じですし。

しかし,私は政治信条で仕事の質が変わると思いませんから,自分はどこそこの政党や候補者を支持していると言ってもいいと思ってるんですが...(だから超リベラルだと言われるのかもしれません)。そうした話をしたからと言って,仕事がうまくなるような相手なら,一緒に仕事をしない方がましだと思いますし。

でも国外ではちょっと事情は違いますよね。アメリカ人の私の友人は,典型的な共和党支持者だったのですが,私が出張中にGeorge W. Bushがやっていることが,本当にアメリカのためになっていると思うのだったら,ずっと共和党を支持していればいいけど,それって恥だよねとか,仕事が終わった後でもいろんな政治的な議論をしました。結局,彼は前回の大統領選挙ではObama支持に回りましたが,そうした彼の姿勢は盲目的に保守的であるよりずっと健全だと思いました。そうした会話がなぜタブー視されるのか,私には全くわかりません。

日本では経団連など経営者たちが自民党を長く支持してきたから,そうなってしまったのではないかと思いますが,今回の選挙結果で少しは政治的会話の自由度が高まってもいいのではないかと思います。今回の選挙結果が日本の政治だけでなく,人々のメンタリティを変える契機になればいいなぁ,なんて言うと超リベラルからLeft Wingと言われてしまうかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑ってしまった衆議院選:

« まとめ買い値引きセールで大量購入... | トップページ | 穐吉敏子との出会い »

Amazon検索

2018年おすすめ作