最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 出張中に見た映画(09/09編:その3) | トップページ | 20万アクセス(PV)ありがとうございます。 »

2009年9月22日 (火)

出張中に見た映画(09/09編:その4)

Mw 「MW」('09,アミューズ)

監督:岩本仁志

出演:玉木宏、山田孝之、石橋凌、石田ゆり子、鶴見辰吾

手塚治虫のストーリーをベースに映画化されたものだそうである。その割に、この話の暗さは何なんだ?と文句をつけたくなるような作品である。手塚がこんな話を本当に描いたのかと思いたくなるような、残忍な描写も多数の映画で、かなり後味は悪い。

それにしても、山田孝之の役は本当に損な役回りで、もう少しキャラクターを立てるような脚本を書いてあげるのが筋ではないかと思ってしまった。山田もどうせなら出演する映画を選べよと言いたくなってしまった。手塚の原作ではもっとえげつない設定だったらしいから、まぁそれも仕方ないかという話はあるが、なんだかねぇ。

玉木宏としては、確実に従来のキャラを打ち破る感じを出しているからいいのだろうが、やっぱりこれはストーリーからして変である。だいたい、彼の演じる結城がなんで銀行員なのかも、どうしてあのように手際よく犯罪が展開できるのかも全く分からないし、ラスト・シーンに至っては呆れてものも言えないという感じなのである。シナリオ無視で、それなりに映像だけで見せるって悪しきハリウッド映画の物まねみたいで気持ち悪いこと甚だしい。

ということで、見ていても気持ち悪いし、後味も悪く、こういうのは飛行機のエンタテインメントに選んではダメでしょうと、キャリアを叱りたくなってしまった。星★☆。でも原作はもっと過激だったらしいから、なんじゃそりゃって思うのは私だけではあるまい。

« 出張中に見た映画(09/09編:その3) | トップページ | 20万アクセス(PV)ありがとうございます。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/46241394

この記事へのトラックバック一覧です: 出張中に見た映画(09/09編:その4):

« 出張中に見た映画(09/09編:その3) | トップページ | 20万アクセス(PV)ありがとうございます。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作