2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 出張はつらいよ(09/09編:その2) | トップページ | 出張中に見た映画(09/09編:その1) »

2009年9月17日 (木)

出張はつらいよ(09/09編:その3)

今回もアムステルダムで機材故障により、マドリッドへの出発が5時間以上遅れてしまった。仕方ないこととは言え、やはり辛い。待ち時間は飲んだくれる以外ないし。

次のロンドンへの移動は順調に行ってほしいなぁ。ということで今回も無風では終わらぬ出張である。

出張に移動は付き物であるから、飛行機の遅延はよくある話である。以前、SFの空港で10時間足止めを喰らったり、同時多発テロ後で警戒が厳重だった頃は、飛行機に乗り遅れたことも何度もある。いつになっても,出張はつらいのである。

« 出張はつらいよ(09/09編:その2) | トップページ | 出張中に見た映画(09/09編:その1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Toshiyaさん、おはようございます。

ご出張、お疲れ様です。飛行機の移動は体力を消耗しますよね。せめて、美味しい物をたくさん食べて過ごされますよう、期待しています。

一度帰られて、今度はドイツですか。。酷ですね。。時差で振り回される感覚が本当につらいですよね。
2週間後も、良いお天気に恵まれることを祈っています。

今日は、土曜日で仕事もオフかと思いますので、どうぞ(今、ロンドンに居られるでしょうか)リラックスして過ごされますように。。

Laieさん,こんにちは。ロンドンでの金曜日のミーティングを終了し,その日の便で帰国し,先ほど家に到着しました。

今回は特にアムステルダムのホテルがシャビーで前半は大いに疲れました。まともなホテルはロンドンぐらいという感じで,次回はホテルをよく考えたいと思います。

再来週はロンドンから入り,スコットランド,オーストリア,ドイツと回って,最後はロンドンかフランクフルトから日本へ戻る予定です。年も年なので,さすがにきついです。

Toshiyaさん、おはようぅ。。えっ?!もう日本にいらっしゃるのですね。ものすごいハードスケジュールに吃驚致しました。各地の市内観光なんて全く出来なかったのではないでしょうか。本当にお疲れ様でした。

ホテルは本当に当たりハズレがありますよね。私達もネットで予約する際に、星の数、泊まった人のコメント、グーグルアースなどを使って決めていますが、国によって星の数の設定度が違うようなので、あくまでも参考程度としてなのですが。

来月上旬、パリへ行く予定なのですが、物価の高いフランス、寝るだけでOK、を考慮して星3つのホテルを予約して見ました。

日本のホテルって、何処にでも簡易湯沸かし器って、あるかと思いますが、欧州はほとんどないので、今回は湯沸かし器持参で出かけます。特に夕飯の後は、お茶が気軽に飲みたいです♪ちなみに、今回はバスと電車を乗り継いで出かける予定です。

再来週のスケジュールも濃い~ですね。。。飛行機の移動は本当に体力を消耗しますよね。欧州線乗り継ぎの際の機内食は如何だったでしょうか。まだ、私自身、一度も美味しいと感じられたメニューに出会えたことがありませんが、皆さん、美味しそう?に食べているので感心しています(笑)。

日本は今、シルバーウイーク?!初耳です。ゴールデンウイークに続いての表現であれば、次回は、ブロンズウイークになるかもしれませんね。

とにかく、ご出張、お疲れ様でした。ゆっくりとくつろげる日曜日をお過ごし下さい。

Laieさん,こんばんは。シルバー・ウイークは休日の設定パターンが変わったことにより,連休になるため発生した事象です。9月第3月曜日(21日)が敬老の日,23日が秋分の日ですから,国民の休日と国民の休日の間の日(22日)は自動的に国民の休日扱いになり,一般的に5連休になるわけです。

私は18日は移動でしたから,あまり体感できませんが,明日から箱根に行って休息してきます(急速になるかはかなりあやしいですが...)。

機内食ですが,私はうまいと思ったためしはありませんねぇ。トマト・ジュースだけちょうだいって感じです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出張はつらいよ(09/09編:その3):

« 出張はつらいよ(09/09編:その2) | トップページ | 出張中に見た映画(09/09編:その1) »

Amazon検索

2018年おすすめ作