2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« またまたよくできている「ディア・ドクター」 | トップページ | 待望のChris Potter Undergroundの新作+耳より情報 »

2009年7月19日 (日)

KKSF-FM(103.7)もなくなってしまった。

昨日,「スムーズ・ジャズはどこへ行く?」なんて記事を書いたときに,サンフランシスコのKKSFには今後も頑張って欲しいなんて書いたばかりだが,よくよく見てみたら,KKSF-FMも去る5/18で放送を終了しているではないか。

結局,こうした動きは全米に伝播し,スムーズ・ジャズ専門のステーションが業態変更を迫られているということである。これも偏にビジネス的な理由によるものだとしても,よき米国のFM文化が失われていくようなのは寂しい。

NYC,SF,シカゴと続くこのような傾向,一体どこまで行ってしまうのだろうか。スムーズ・ジャズが粗製乱造されているのも事実だが,レベルの高いものもあるだけに,そうした音楽までも衰退しないように切に願いたい。

いずれにしても,これらのFM局を偲んで,今日はJoe Sampleでも聞くかなぁ。

« またまたよくできている「ディア・ドクター」 | トップページ | 待望のChris Potter Undergroundの新作+耳より情報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

中年音楽狂さん
その昔、KKSFを愛聴していました。なくなってしまったんですね...車を運転しているときのBGMにぴったりだったんだけどなぁ。
そういう風潮だと、スムーズ・ジャズのミュージシャン達も生活厳しいんでしょうね。

理屈庵さん,こんにちは。

Bay Areaと言えばKKSFですわねぇ。そう言えば,貴兄の部屋にRippingtonsのCDとかありましたんぇ。FM局の鞍替えでミュージシャンの生活が厳しいかどうかはわかりませんが,当然,印税収入は減るんでしょう。ただでさえCDの売り上げは落ちているだけに,確かに厳しいかもしれません。

Bay Areaと言えば,私たちの同級生の美人弁護士が突然SFに留学してしまいましたが,知ってました?Bay Area情報をシェアしてあげると喜ぶかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KKSF-FM(103.7)もなくなってしまった。:

« またまたよくできている「ディア・ドクター」 | トップページ | 待望のChris Potter Undergroundの新作+耳より情報 »

Amazon検索

2018年おすすめ作