最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« なるほど,こう来るかって感じのターミネーター4 | トップページ | 相当面白い「ハードバップ大学」 »

2009年6月21日 (日)

たまらないTerence BlanchardによるJimmy McHughソングブック

Lets_get_lost "Let's Get Lost" Terence Blanchard(Sony Classical)

Terence Blanchardと言えば,このブログでも彼の映画音楽集について取り上げたことがある(記事はこちら)が,あれはあれで雰囲気満点の企画アルバムであった。それに続くかたちで発売されたのが本作だったと思うが,ライナーのサブタイトルにもある通り,"The Songs of  Jimmy McHugh"ということで,彼のソングブックであるとともに,現代の歌姫たちを迎えたこれも企画アルバムである。

その歌姫陣が凄い。現在のジャズ・ヴォーカル界を支える4人と言ってよいが,これがまた適材適所の好唱を聞かせてくれて嬉しくなる。彼女たちが参加していない曲は1曲を除いてテナーのWinstonが代わりに参加するという構成である。

こういう企画アルバムであるから,一本筋が通っていないと,総花的になりそうなリスクもあるわけだが,ここで聞かれる演奏が何とも渋く,基本的には落ち着いた演奏が多い。しかし,これが本当に筋が通った演奏であり,私はこのアルバムは何度聞いても,本当にいいと思わせてくれるのである。ヴォーカルがいいのはもちろんなのだが,それに輪をかけていいのが,Blanchardのラッパであり,歌心もテクニックも大したものである。私はこのアルバムを聞いていて,なぜこの人の人気がもっと出ないのか不思議に思えてしまうぐらいいいのだ。そもそもSony Classicalというレーベルから出たことが不思議なような気もするが,現在はBlue Noteに移籍したとは言え,やはり決定的な人気を獲得しているとは言えないのはあまりに惜しい。

このアルバムも国内盤が出たかどうかも記憶が定かではないが,きっとこれをどこかのジャズ・バーで聞いたら,耳をそばだてるリスナーは多いはずである。少なくとも私にとってはBlanchardと言えば,これということで星★★★★☆。未聴の方はものはためしで聞いて頂きたいと思う。

Recorded in January & February, 2001

Personnel: Terence Blanchard(tp), Edward Simon(p), Derek Nievergelt(b), Eric Harland(ds), Brice Winston(ts), Diana Krall(vo, p), Jame Monheit(vo), Dianne Reeves(vo), Cassandra Wilson(vo)

« なるほど,こう来るかって感じのターミネーター4 | トップページ | 相当面白い「ハードバップ大学」 »

ジャズ(2009年の記事)」カテゴリの記事

コメント

初めまして。今晩は。EVAと言います。
先日来、毎日お邪魔して見させて頂いています。
このアルバムの時も見ていたのですが、すっかり上の空で見ていたのか気が付きませんでした。(爆)
実は私も持っていまして1か月位前に聴き直すまでは印象がなかったのです。改めて良いアルバムだなーと思い自分のブログでも採り上げたのですが、気に入っておられる方がいて何故だか嬉しい気持ちになりました。
又中年音楽狂さんがアップされたCDを既に何枚か買って幅が出来たと喜んでいます。
これからもソフトの紹介宜しくお願いします。

EVAさん,はじめまして。また,ようこそお越し頂きました。出張中のロンドンよりお返事申し上げます。

私の垂れ流すような駄文を通じてCDをお買い上げとのこと,痛み入ります。お気に召していればいいのですが。まぁ私の趣味はだいたいはっきりしていると思いますので,嗜好が合えばいいのですが,それがはずれたときはとんでもないことになりそうで心配です。

こちらからも貴ブログにお邪魔致しますのでよろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/45385076

この記事へのトラックバック一覧です: たまらないTerence BlanchardによるJimmy McHughソングブック:

« なるほど,こう来るかって感じのターミネーター4 | トップページ | 相当面白い「ハードバップ大学」 »

Amazon検索

2017年おすすめ作