最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 中年音楽狂 in ロンドン:ロンドンのど真ん中に現れたBarclaysの新店舗 | トップページ | Down Beat誌でたどるMiles Davisの変遷 »

2009年6月27日 (土)

追悼,Michael Jackson

Michael_jackson今日は全く別の記事を書くつもりだったのだが,突然の訃報が飛び込んできてしまった。今回のMichael Jacksonの突然の死には誰しもが驚かされたはずである。最近のMichael Jacksonの動静には何ら興味を抱けなった私にさえ,今回の死はあまりにも突然であった。来月にはロンドンでのライブが予定されていただけに,そのショック度が増すことは仕方あるまい。

Michael Jacksonと言えば,私の学生時代にあのモンスター・アルバム"Thriller"が発売され,私もLPを買ったクチである。今でもVincent Priceの笑い声を真似してしまうのは私だけではないだろうが,私の持ち芸となったデーモン小暮の真似にもそれが活かされていることは言うまでもない(爆)。

Michael Jacksonは音楽ももちろんだが,ダンスでも稀有な才能を発揮していたことを忘れてはなるまい。何と言っても,あのGene Kellyでさえ,映画"That's Dancing"の中で絶賛していたぐらいである。そうしたすべての要素を含めてMichael Jacksonは間違いなく時代のアイコンであった。

彼が失速したのはある意味"Thriller"がプレッシャーになってしまったのではないかとも思わせるのはEaglesにとっての"Hotel California"のようなものであろうし,奇行が目立つようになったのは,ある意味Jaco Pastoriusにも通じる部分があるように思えてならない。悩める天才か,早過ぎた傑作かという感じである。しかし私にとっては"Off the Wall"の段階でMichaelは完成されており,音楽の出来としてはやや劣るはずの"Thriller"がヴィデオを含めたパッケージとして大成功してしまったことはやや皮肉である。

しかし,そうは言いながら,私の行きつけのCDショップで追悼を込めて"Thriller"が大音量で流されているのを聞くにつけ,やっぱりカッコいいじゃんと思ってしまった私であった。これからの復活が期待された矢先だけに,これはやはり惜しまれる早逝と言わざるをえない。私も今夜は"Off the Wall"を聞いて彼を追悼することとしよう。

R.I.P. 合掌。

« 中年音楽狂 in ロンドン:ロンドンのど真ん中に現れたBarclaysの新店舗 | トップページ | Down Beat誌でたどるMiles Davisの変遷 »

ソウル/R&B」カテゴリの記事

コメント

音楽的には、少なくとも私の中ではもうとっくの昔に終わってしまっていた人なので、今回の訃報も、「ご家族が、特にお子さん達がかわいそうだな」と思うくらいですね。

確かに Thriller は色んな意味で重要なアルバムでしたが、あれがあったおかげで私達が後々まで「歌手・Musician」マイケルジャクソンを正当評価し、純粋に彼の音楽を楽しむ事はできなくなってしまったような気がしてなりません。 

どなたのコメントかはわかりませんが,ご指摘に関してはほぼその通りだと思います。

「純粋に音楽として楽しむことができなくなった」とまでは思いませんが,90年代以降に関しては,私が急速に彼に対する興味を失ったことは事実ですね。それはあらゆる意味で「作り過ぎ」,「作られ過ぎ」の部分が大きかったからではないかと思います。

申し訳ない。名前書き忘れてました。

「音楽を純粋に楽しめなくなった」と書きましたが、Thriller の大ヒットと、それに伴う世界中から、そして自分自身からのプレッシャーのせいでその後の作品は皆「もっと派手に、もっと大掛かりに、ヒット曲満載で」に重きが置かれて、例えば、音楽にだけ焦点を合わせて、Off The Wall のままの路線で行っていたらどんな展開になっていただろう...と思ってしまうのです。 ダンス、ヴィジュアル、イメージなんていうのも彼の作品の大きな一部なのでしょうが、あまりに大掛かりになっていってそれがかえって邪魔になってしまったんですよね、90年以降あたりから。あくまでも私個人にとってですが。 

 

Trotさん,ご丁寧にありがとうございました。確かにそういう部分はありますね。

ライブがスタジアムで行われるようになったこともそういう傾向に拍車をかけたのではないかとも思えます。いずれにしても,私もあまり大掛かりなのは...って感じです。

ニュースで"Rock with You"のビデオも流れていましたが,"Thrller"後のものとのあまりの落差に思わず笑ってしまいました(不謹慎ですが)。

こんばんは。

マイケルに関する追悼、このブログだけがスリラーのあの笑い声に言及してますね。
健全とはこういうセンスなんだろうなあと思います。

小倉智昭がなんで追悼番組の司会だったんでしょうね??
(カミングアウトでもするのかと思うじゃないか)
礼賛、激賞のコメントは、さすがに食傷気味ですが。。

批判は多々あり、それも理解できますが、ある時期までの楽曲、すばらしい声には、正当な評価がなされるべきではないかと思います。

Toshiyaさん、今晩は。

マイケル・ジャクソンのニュースは、こちらでも長い時間放送されていました。彼のファンという分けではなかったのですが、来月のロンドン公演は、少し気になっていました。

彼については色々な憶測もあるので、正直なところ何が本当で嘘なのか実際には分かり兼ねるのですが、来月のロンドン公演が、彼自身、やはり僕には音楽しかない!と、色々なスキャンダラスなことをかき消してくれるような舞台復活だったら良かったのに、と思っていた矢先でした。

今日は、教会でバッハのカンタータを歌ってきました。オルガン、合唱、弦、吹奏楽器、ティンパニーなども入っての400年記念祭が催されました。自身は、バスバリトンのソリストの方とデュオをご一緒させてもらいました。教会も1,2階共に超満員でした。やはり、音楽は良いですね~♪

bigryuさん,こんばんは。健全かどうかは別にして,痛み入ります。

確かに時代のアイコンなだけに礼賛の数々はわかりますが,CDショップで彼のアルバムがものの見事になくなっているところに,日本人のノリの軽さを感じます。今まで聞いたことがない人間がブーム的に追悼すること自体変だと思いますが,一体どういう人が買っているのでしょうか?私みたいに"Thriller"を売り払った人間が懺悔で買っているのでしょうかねぇ。不思議です。

Laieさん,こんばんは。ロンドンでの会見の模様なんかを見ていると,本当に踊れるんだろうかと心配になるところもありましたね。予断でものは言えませんが,そうした心配が現実ではなかったのかと思えてしまったりします。

カンタータですか。教会でカンタータを聞く(歌う)という行為自体がまさに羨ましいです。私がルネッサンス期の宗教音楽にはまっていたのも今は昔って感じですが,そういう環境そのものがいいですねぇ。

 早い夏休みを迎えている私です。
連日、マイケルの話題です。

 子供の頃のマイケルは、とても可愛い顔をしていたのに、どうしてこんなに可愛い顔を整形するの?
と思った時期があります。
享年50歳と聞き、
え?
マイケルは50歳になっていたの?
と、びっくりしました。

 また、こんなに薬を飲んでいたの?
どうして、老けてはいけないの?
太ったらダメなの?
人は、あなたを愛さなくなるかしら?
あなたの歌は、楽曲は変わらないよ、と言ってあげたかったです。

 こんなに有名人で、人々に注目されながら、彼を心から愛する人はいなかったのか?
彼が人の意見を絶対に聞かない人だったのか?
どらちにしても、天才の人生は、孤独なのでしょうか?
彼が、本当に心を開いて話せた相手が、小さな子供達だとしたら、彼は本当に悪いことはしていなくて、
純粋すぎる少年だったと思います。

 お金に群がる人は、本当に悲しい。
CDが記録的なヒットを出せば出すほど、私は、空しいものを感じます。

ひまわりさん,お久しぶりです。お返事遅くなりました。

Michael Jacksonの心の中は,彼にしかわからないにせよ,謎は深まるばかりですよね。ネバーランドという彼の邸宅もそうでしたが,結局彼は大人になれなかったのではないかという考え方もできるでしょうし,正直なところ,結婚したのも嘘くさいって話もありましたよね。

いずれにしても,最近の彼のCDのバカ売れぶりには思わず斜に構えてしまう私です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/45461642

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼,Michael Jackson:

« 中年音楽狂 in ロンドン:ロンドンのど真ん中に現れたBarclaysの新店舗 | トップページ | Down Beat誌でたどるMiles Davisの変遷 »

Amazon検索

2017年おすすめ作