最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 強烈な緊張感を伴うAstor Piazzollaの大傑作 | トップページ | Bob Bergが吹きまくるポーランドでのライブ盤 »

2009年6月 2日 (火)

Ketil Bjornstad:心地よい眠りへの誘い

Floating "Floating" Ketil Bjornstad(Emarcy)

ECMレーベルにも「海」だ,「川」だというタイトルのアルバムを残しているBjornstadだが,本作は「浮遊」である。よほど水がらみのコンセプトが好きなミュージシャンらしい。本作はEmarcyレーベルから発売されたものであるが,ベースはDanielsson,ドラムスとパーカッションンはMazur,更には録音もRainbow Studioということで,プロデューサーさえManfred EicherならそのままECMから出ても不思議はないようなアルバムである。

これまでのBjornstadのアルバムでも,メロディ・ラインの美しさやたゆたうような音楽という特長はあったわけだが,そうした個性はここでも健在である。そして,その音楽がゆったり,美しく流れるものだから,普通にしていても心地よい眠りへと誘う効果抜群の音楽である。実際,私はこの記事をこのアルバムを聞きながら書いているのだが,既に何度かこうべを垂れかけたほどである。こんなメロディをこんなテンポ,演奏で弾かれたら,睡魔にも襲われて当然ではないかと思うが,それでもこのサウンドの美しさについては文句はない。現在,不眠症に悩む人にはこのアルバムを紹介したいぐらいである。おそらく効果覿面であろう。

であるから,ジャズ的なダイナミズムなんて全くなく,ここには静謐で美しい響きのみである。これをジャズだと言えるのかという議論もあろうが,編成は典型的ピアノ・トリオ(但し,Mazurはパーカッション比率高し)だし,まぁ北欧的な響きだよなぁと言えばその通りである。まぁこれはこういう音楽だと認識して聞いている分には心地よいアルバムであるということは間違いないし,私もごくまれにではあるが,たまにこのCDを取り出して聞いているのだが,間違いなく,途中で眠りに落ちて,ほとんど最後まで聞いたことがないという不思議なアルバムである。それは電車でも自宅でも全く同じである。現在,こうしてPCで聞いていても寝そうになるのだから,やはりこれはそういうアルバム,あるいは素晴らしいヒーリング・ミュージックだと思えばいいのではなかろうか。ということで,真っ当な評価ができるのか疑問だが,星★★★★を心地よいヒーリング効果に対して謹呈しよう。

Recorded in May & June, 2005

Pesonnel: Ketil Bjornstad(p), Palle Danielsson(b), Marilyn Mazur(ds, perc)

« 強烈な緊張感を伴うAstor Piazzollaの大傑作 | トップページ | Bob Bergが吹きまくるポーランドでのライブ盤 »

ジャズ(2009年の記事)」カテゴリの記事

コメント

音楽狂さん、こんにちは、突然古いアルバムでうすね。
このアルバム大好きです。昔昔書いた記事をはず長柄つけさせていただきます。
今だったらもっと褒め上げるアルバムだあと思っています。

’05年の12月に購入したCDを、なかなか聴く順番がまわってこなくて’06年の6月にブログにアップしてます。

最近ECMからリーダー作を出していないようなので、EmArcyと契約したのかな、という気もしますけど、やっぱりあの雰囲気ですね。ただ、レーベルが違うせいか、温度感がやや温かめのような気もします。確かに眠りにはいいサウンドですね。

TBさせていただきます。

monakaさん,TBありがとうございます。お返事が遅くなりまして申し訳ありません。気まぐれで古いアルバムも聞きながら,記事にするのもいいものです。というか,新譜ばかりでも多少疲れますしね。

何度聞いても,この心地よさは私にとっては貴重なものです。DanielssonもMazurも適切なサポートぶりで,やはりこれはいいアルバムなんだろうなと感じる次第です。

こちらからもTBさせて頂きます。

910さん,こんばんは。TBありがとうございます。

レーベルは変わっても,まぁ雰囲気はあまり変わらないかなぁって気がしますし,これがBjornstadの個性なんでしょうね。でもメンツもいいし,くつろげるし,私にとっての睡眠導入剤みたいなもんです。

こちらからもTBさせて頂きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/45176772

この記事へのトラックバック一覧です: Ketil Bjornstad:心地よい眠りへの誘い:

» しょっちゅう聞くのはもったいない Ketil Bjornstand / floting [JAZZ最中]
CDショップで突然出会いました。ECMの“The Sea”は大好きなCDなので手に取るとベースがPalle Danielsson、大切に持ち帰ったという感じです。 キース・ジャレットがコンサートの中で静寂の中からメロディを紡ぐように演奏するが、その雰囲気と同じように感じるCDです。すべてKetilの作曲で曲の質が高く、言われているように暗くはありません。メロディラインでの高音の出し方がキースと似ているので、又キースおなじみのベースPalle Danielssonnなのでキース好きにはとにかにかくお勧... [続きを読む]

» Floating/Ketil Bjornstad [ジャズCDの個人ページBlog]
昨年12月に購入したアルバムを、アップする順番がなかなかまわってこなくて、やっと [続きを読む]

« 強烈な緊張感を伴うAstor Piazzollaの大傑作 | トップページ | Bob Bergが吹きまくるポーランドでのライブ盤 »

Amazon検索

2017年おすすめ作