最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Down Beat誌でたどるMiles Davisの変遷 | トップページ | 出張中に見た映画:09/06編(5) »

2009年6月29日 (月)

Jewelによる癒しの子守唄

Jewel "Lullaby" Jewel(Fisher Price)

またまたなじみのCDショップをうろついていたら,Jewelの見たこともないアルバムが置いてあった。彼女の美貌だけでも即買いなのだが,このアルバム,レーベルを見ると,米国のおもちゃメーカー,Fisher Priceとなっているではないか。しかもタイトルが「子守唄」ときては,一体どうなっているのかと気になってしまうのが人情である。

家に帰って,ライナーを見てみると,Fisher Priceは音楽にも取り組んでいて,子どもの教育によさそうなものをCDとして発売しているらしい。それにJewelが賛同して,今回のアルバムのリリースとなった模様である。「子守唄」だけに全編を通じてゆったりしたテンポの歌唱,演奏が続くが,これには癒される。

「いい歳をこいたおっさんが,何が子守唄で癒しじゃっ!」という声も飛んできそうだが,癒されるものは癒されるのである。年をとっても純朴な気持ちは忘れたくないのである。子守唄だけに,これをずっと聞いていれば,確実に安らかな眠りに誘われそうであるが,こういう音楽を子供に聞かせようというFisher Priceはえらい!!と思わず言いたくなってしまうし,こんな歌を子守唄にできるアメリカ人,カナダ人の子どもは幸せである。

それにしてもJewel_photo 何とも美しい歌声である。しかも多くの曲はJewelのオリジナルである。結局,彼女の声は世代にかかわらず,癒しの効果を持つことを実証しているようなものである。とにかく,難しいことを考えず,この音楽に身をゆだねれば,浮世の憂さも忘れられよう。よって,ストレスフルな生活を送る日本のお父さんにこそこのアルバムを聞いてもらいたいのである。ついでに,このJewelの美貌を見れば,更に癒されること間違いなしである。たまりません。音楽としてもよいが,この癒し効果を評価して星★★★★★(甘いなぁ...)。

Personnel: Jewel(vo, g), Jason "Turtle"Freese(p, accordion, triangle, mellotron), Jonathan Yudkin(vln, viola, cello, b, mandolin, fl and others), Jonathan Ahrens(b), Ken Halford(g)

« Down Beat誌でたどるMiles Davisの変遷 | トップページ | 出張中に見た映画:09/06編(5) »

SSW/フォーク」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

Toshiyaさん、こんにちは。

今週は、真夏日になっています。学生は、今日から夏休みです。これに合わせて、ガソリンの値段が一気に値上がります。

Jewelは、主人が反応しました(笑)。彼女のCDでpieces of youというのを棚から出して見せてくれました。私も知っているはずだ、と言い張るのです。

CDの中のyou were meant for meという曲を、結婚する前、カセットテープに僕のギターと歌を吹き込んでプレゼントしたよね、と言われました。実家にまだテープがあるかな~(苦笑)。他の曲もあったし、タイトルも覚えていなかったのですが、聞いてみて思い出しました。

別便メールで、先日の演奏会の写真2枚を添付致しました。


Laieさん,返事が遅くなってすみません。また,写真をお送り頂きありがとうございました。

それにしても,旦那さんも"You Were Meant for Me"とはなかなかやりますねぇ(失礼)。私がそんなことやったら,「なにやってんだか...」あるいは「おかしくなったの?」という家人の反応が容易に想像できてしまって,想像しただけで笑ってしまいますが。

でもそういうのもある意味ロマンティックでいいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/45469585

この記事へのトラックバック一覧です: Jewelによる癒しの子守唄:

« Down Beat誌でたどるMiles Davisの変遷 | トップページ | 出張中に見た映画:09/06編(5) »

Amazon検索

2017年おすすめ作