2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« タイトルにだまされると痛い目にあうMiroslav Vitousの新譜 | トップページ | Eddie Jobsonの新バンドはかなりヘビーだ »

2009年6月 7日 (日)

ラップの元祖?

The_message "The Message" Grandmaster Flash & the Furious Five (Sugarhill)

私がこの手のアルバムをこのブログで取り上げるのは初めてのことである。どちらかと言えば私の音楽的嗜好は幅広い方だと思うが,ラップやヒップホップは実はあまりその魅力がよくわかっていない。ただ,ラップでびしっと韻を踏まれた時の心地よさは理解しているつもりではあるが,それにしても私がなんでとこんなアルバムをと思われる方がいても全く不思議ではない。単なる気まぐれである(爆)。

私がラップが好きか嫌いかは別にしても,このアルバムが出たのは1982年のはずだが,それから四半世紀以上を経て,ラップは完全に市民権を得るものとなった。もはや日本語ラップまであるのだから時の流れと言うのは恐ろしい。

私が本作を初めて聞いたときには,何だかおもろい音楽だなぁと思ったことは思ったのだが,私の指向とは相容れずという感じだった記憶がある。私は完全にジャズに走っていた頃だから当たり前である。しかし,本当に久しぶりにこのアルバムを聞いてみて,ラップあるいはサンプリングもまだまだ創生期のものだなぁと思わせる時代感を漂わせている。それでも,こういう音楽が端緒となって,現在のヒップホップやラップが成立しているとすれば,このアルバムに一方ならぬ思い入れを持つリスナーがいてもそれも当然のことである。

よくよく聞かなくてもわかるとおり,いろんなネタをいじくりながら,このアルバムの曲は構成されていて,今にして思えば結構笑えるネタが多いなぁとつい懐かしんでしまった私である。このアルバムにはラップはもちろん含まれているが,ラップだけではなく,妙にスイートな曲調も含まれているのでので,私でもまぁOKってやつである。いずれにしてもアメリカの音楽界の歴史を紐解くためには聞いておいても損はあるまい。今になっても私の趣味とは言えないが,懐メロだと思えばいい話である。歴史的価値込みで星★★★★。

ちなみに,カラオケで曲が歌えなくなるととたんにラップ化する私である(爆)。私の生活にまで入り込んだラップ恐るべし,なんちゃって。

Personnel: Grandmaster Flash(vo), Grandmaster Melle Mel(vo), Cowboy (Keith Wiggins)(vo),  Duke Bootee(vo), Raheem(vo), Scorpio(vo), Doug Wimbish(b), Dwain Mitchell(key),  Ed Fletcher(perc),  Gary Henry(key), Dwain Mitchell(key), Keith Leblance(ds),  Skip McDonald(g), Jiggs Chase(Prophet),  Reggie Griffin(Prophet), Sylvia Robinson(Prophet)

« タイトルにだまされると痛い目にあうMiroslav Vitousの新譜 | トップページ | Eddie Jobsonの新バンドはかなりヘビーだ »

Hip Hop」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
うーん、中々渋いところが出てきましたね。小生もラップの魅力に気づいていないものの一人ですが、このGrandmasterはひょっとして、Chaka Khan のfeel for you の冒頭でラップをやっていた人ではなかったでしょうか。Chaka Khan のこのアルバムがでたのが確か1984年頃だったから、丁度「旬」の頃の録音だったのでしょうね。
今の打ち込みの割と平坦な感じのラップと違って前述はノリノリの(どうも表現が古い)ファンクサウンドに乗っていたからあんまり違和感が無いのですね。

こうぞうさん、こんにちは。沖縄出張中です。沖縄は空梅雨だそうで、ジメジメ感がないのはいいんですが、暑いっす。

Chaka KhanでラップしていたのはGrandmaster Melle Melの方ですね。ファンク・サウンドに乗ったラップがいいってのは確かによくわかります。私もそういう方がいいですもんねぇ。さすが同年代?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/45226807

この記事へのトラックバック一覧です: ラップの元祖?:

« タイトルにだまされると痛い目にあうMiroslav Vitousの新譜 | トップページ | Eddie Jobsonの新バンドはかなりヘビーだ »

Amazon検索

2017年おすすめ作