2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« David FriesenのInner Cityレーベル作が再発されていたようである | トップページ | 騒々しくも痛快なBaritone Madness »

2009年5月19日 (火)

中年音楽狂:またも鹿児島に現る

Photo またまた鹿児島に出張してきた。今回は仕事はさておき,また凄いものを食することができた。人呼んで「熊襲鍋(くまそなべ)」。見よ,この鍋のでかさ(写っている人と比べれば,そのでかさがわかる)。

この料理は鹿児島の南州館でいただいたものであるが,ここにいろいろな食材を入れて食べるのだが,今回頂いたのは基本は黒豚バラ肉のしゃぶしゃぶであったから,料理名は「くろくま」と呼ぶのが正しいかもしれない。使っている鉄鍋は「熊襲鍋」ってことにはなるのだろうが,本来の「熊襲鍋」は海の幸,山の幸が入るらしいので,これは料理名としては正確には「熊襲鍋」ではない。しかし,そんなことはどうでもよい。

肉はもちろんうまいのだが,何がうまいって,プチトマトをレタスに包んで少々煮込んだのが,何とも素晴らしいトマトの甘みを引き出していて,く~っ,たまらん。

一通り,食材をいただくと,そのあとには鍋で麺をゆでで食す「くろくまラーメン」,さらにはスープを使って鶏飯(この料理に関してはこちら)のようにいただく「豚飯(とんはん)」までついてきた。デザートが「しろくま」のアイス・バーというのも泣かせる。

何度も書いているが,日本の食文化は奥が深い。行くたびに新たな発見をさせてくれる鹿児島である。訪問の機会は減ってきているが,次は何を食せるのか?

« David FriesenのInner Cityレーベル作が再発されていたようである | トップページ | 騒々しくも痛快なBaritone Madness »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
きちんと朝食を取って会社に行っているにもかかわらず、おなかが減ってきました。
鹿児島食文化、数次に亘って紹介されていることもあり、断然興味をもちました。個人的なことですが小生博多の出身でまあまあ近いこと、親類などがいることもあり、小さい頃は熊本、長崎はよく行ったのですが、鹿児島は当時は遠くに感じられたまに蒸気機関車の写真(お、鉄ちゃんか?)を撮りにいくくらいでした。本帰国になったらとりあえず九州うまいものめぐりをしないとなあ。

「く~っ,たまらん。」って(笑)

こっちがたまりません。
あのとんかつも思い出しました。
く~っ

こうぞうさん,こんばんは。

博多のご出身ですか。博多も美味な食材が多くて,九州はいいですよねぇ。2011年には九州新幹線も全線開通ですから,博多からは鹿児島が一気に近くなりますね。

私は仕事の縁もあって,奥深い鹿児島の食文化に触れることができて誠にラッキーでしたが,ぜひこうぞうさんもお楽しみあれ。幸福はわかちわなねば。

rhodiaさん,こんばんは。

どうもすんませ~ん。でもやっぱり「く~っ,たまらん」のですわ。重ね重ねすんませ~ん。

Toshiyaさん、こんにちは。

こちらは祝日です。明日は、暦通りですが、会社の方針で4連休です。

さて、このお写真の鍋、すごく大きいですよね。何人分?!に相当するのでしょうか。こちらには、薄切り肉がないので、本当に美味しそう~。。これを同士と一緒に食べたら、翌日までパワーが保持できそうですね。

こちらの肉売り場で、売り子さんに、肉を薄く切ってほしいと頼んだら、不思議そうな顔をされた上、切ってくれた肉の厚さは、1cm。生姜焼きをしようと思ったのに、歯ごたえが、全く別のものに。。(悲)


やはり、専用機械を買わないと駄目みたいです。

Laieさん,おはようございます。確かにでかいです。このときは9人前です。

それにしても生姜焼きで1cmではしゃぶしゃぶなんてありえませんね。でも厚さ1cmの生姜焼きもまたよさそうですが。

Laie さん Toshiya さん
こんにちは。「薄切り肉」に反応してしまいました。(最近音楽ネタには反応していないなあ)小生の赴任国フィリピンでも当然ながら売っているのはロースの厚切り肉で頼めば多少の融通は聞くのですが、「何でぷりぷりの肉をわざわざ透けるようにきるのだ?」などど言われます。以前はコンドミニアムの近くにある「市場」に行っていたのですが昨今の騒ぎで少し自粛しています。そこに行くと豚の脚、顔面なんでもあります。あと豚の血もあります。うまく処理できればタイのクィッテオなどに入れるとうまいのですがね、、今のところそこまで足を踏み入れておりません。

Toshiyaさん、こうぞうさん、こんにちは。

こうぞうさん、初めまして。外国赴任お疲れ様です。フィリピンですと、まだ、アジアの感覚で、食文化も日本に近いのかなあ。。なんて、勝手に思ってしまいます。

やはり、ドイツもアメリカも肉食人種なんだと思います。アジア人は草食人種。以前、日本人の歯医者さんが、欧米人とアジア人の歯の質が違うと話していました。やはり、欧米人は、肉を"噛み切る歯"に出来ているのかもしれませんね。。

薄切り肉は、やはり、日本だけなのでしょうね。生姜焼きには欠かせないキャベツも、こちらのは何だかものすごく硬くて、日本のキャベツのようにしんなりしないんですよね。。日本に帰国する際に、必ず立寄るトンカツ屋さんでは、御飯もキャベツもおかわりしちゃいます。(笑)

9人分ですか。。納得です。今、肉の数を数えました!やはり、ボリュームありそうですねぇ。。

スライサーを購入しようと思い立ってから、5年が過ぎてしまいました。牛ドン、すき焼き。。ものすごく食べたくなりました。

Laieさん,こうぞうさん,こんにちは。

それぞれのお国にそれぞれの食し方があるとは思いますが,やはり日本は繊細さを重視していますよね。

でも厚切りステーキも,超弩級とんかつもOKな私は何でもいいんですが。だからやせられないんですわ。まぁ仕方がないです。食いだおれの関西人ですから...。

ちなみに豚の血のソーセージはスペインで頂きましたが,あれはなかなか美味ですねぇ。ビールやワインにぴったりです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/45035765

この記事へのトラックバック一覧です: 中年音楽狂:またも鹿児島に現る:

« David FriesenのInner Cityレーベル作が再発されていたようである | トップページ | 騒々しくも痛快なBaritone Madness »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作