2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 騒々しくも痛快なBaritone Madness | トップページ | Jan Lundgren:選曲の勝利 »

2009年5月20日 (水)

本当ならば...

今頃私は異国の空の下にいたはずであった。本日は行ったことがないポーランドはワルシャワにいる頃であったのだが,皆さんご承知のとおり,新型インフルエンザの影響で海外渡航自粛である。

そんなことを言っている間に,日本でも感染事例が多く見つかるようになって,これなら行ってた方が感染リスクが少なかったのではないのかとも言いたくなってしまうが,これもまぁ仕方あるまい。でも行ってみたかったなぁ,ワルシャワ...。

これまでは,海外での感染を心配していた日本人が,今度は海外入国の際に厳重に検査をされる立場になるのではないかと思うと,ますます憂鬱になってくる。しばらく,海外渡航はないということにせざるをえないだろう。体力的には楽でいいのだが,仕事の面ではいろいろ困るなぁ。

それにしても,東京のドラッグストアでもマスクが売り切れ状態なのは,石油ショックの時のトイレット・ペーパーの一件を思い出させる。自己防衛は重要だが,このパニック性の国民性,何とかならないものだろうか。我が家は花粉症対策用マスクのストックが若干あるので当面困らないが,それにしてもねぇ。

« 騒々しくも痛快なBaritone Madness | トップページ | Jan Lundgren:選曲の勝利 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
外(海外)から見ていると確かに、異常なまでの対応に思えたりもしますが、これでこそ日本という気もしております。先般4月末に日本に出張に行ってきた時からかなりマスクは品薄になっていました。

こちらでも本社からの指示でやれマスクだ、ゴーグルだ、タミフルだと大騒ぎをさせられております。

この国では感染者がいないとのことだけど、本当かな?鳥インフルのときも感染者なしとの発表だったし。

知らないうちにことが納まればいいというお国柄なんでしょうか。

海外出張が多いようですが、当地へのご出張は無いのですか。行かれているところは先進国が多そうなので無理なのかな。

こうぞうさん,おはようございます。こうぞうさんのお国にはなかなか...。昔,インドネシアは何度も行きましたが,最近はアジアはあまり機会がないですねぇ。

関東圏は比較的おとなしめの対応ですが,それにしても,今回の騒ぎ,さっさと沈静化してもらわないと困ります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/45076310

この記事へのトラックバック一覧です: 本当ならば...:

« 騒々しくも痛快なBaritone Madness | トップページ | Jan Lundgren:選曲の勝利 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作