2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Jacob Karlzonも参加したMads Vindingの新作 | トップページ | これぞキャスティングの妙:サブウェイ・パニック »

2009年5月16日 (土)

Marc Copland金太郎飴状態

Poetic_motion "Poetic Motion" Marc Copland(Sketch/澤野商会)

私はMarc Coplandの結構なファンだが,全アルバムを収集しようなどという野望は持っていない程度のファンである。しかし,新譜が出れば,大概の場合買ってしまうし,中古で見つければ,これも大概の場合買ってしまう。ということで,今回は中古でゲットしたCoplandのソロ・アルバムである。私が保有しているCoplandのアルバムはほとんどがピアノ・トリオ盤だが,ソロも聞いてみたいなぁと思っていたところだったので,渡りに船である。澤野からの発売というのはちょっと躊躇させるところはあったのだが,「スパルタカス愛のテーマ」なんかもやっているし,これはやはり買いだろうと判断した。

タイトルにもあるが,まさに"Poetic"と言ってもいいし,「リリカル」と言ってもよいCoplandのピアノの特性がよく捉えられていて,ファンとしてはうれしくなってしまう。主題には「金太郎飴」と書いたが,決して悪い意味ではない。どこから聞いても,あるいは誰が聞いてもCoplandだとわかるところが素晴らしいのである。現代のジャズ・ピアノ(もうここまで来ると,ジャズ・ピアノとカテゴライズ不能かもしれないが...)で,これだけのリリシズムを私に感じさせてくれるのはこのCoplandとFred Herschしかいないと言い切りたくなるぐらいであるが,それにしても個性がはっきりしていて彼らはよい。"One & Only"の境地に近づきつつあると言ってよい。

確かにこれを天気のよい休日の昼間に聞くかと言えば,これほど不釣り合いな音楽はないとも言える。そんなシチュエーションでこのCDをプレイバックしようものなら,家人から間違いなくクレームが出るだろう。私としては雨降りの気だるい午後,あるいは街が寝静まった後に,聞きたくなるような音楽だと言えばいいだろうか。ある意味テンポもへったくれもないような音楽だが,美しいフレーズが全編を通じて流れ出てくるという感覚を徹底して楽しみたい。

こういうタイプの音楽を好む人間は,どのように周りから見えるのかはよくわからないが,「ネクラ」と思われるリスクは否定できないとしても,好きなものは仕方がないなぁ。いずれにしても,Copland「らしさ」と美的感覚に溢れた好ソロ・アルバムである。星★★★★☆。来日してくれないものだろうか。

ところで,このアルバムには「藤あずさ」なる女性のライナーが付いているが,これほど中身のないライナーはあまり見たことがない。この人,山野楽器のジャズ・コーナーの人らしいが,店のポップだってもう少し頭を使った文章を書いているだろう。日夜,ブログで駄文を垂れ流す私も人のことを言えた立場にはないが,こういうのをつけるに値しない駄文という。当たり障りのなさばかりが目立って,音楽に対する愛情が感じられないが,小売業者だから仕方がないか。しかし『数枚を聞いて感じたのは「色々なタイプの演奏をする人だな」ということと,「ピアノの音がすごくきれい」だということ』っていう文章が,Coplandのアルバムのライナーに書かれるべき文章ではないということは誰が見たって明らかだろう。澤野も書き手はもっと選んだ方がいいだろうな。

Recorded on October 24 & 25, 2001

Personnel: Marc Copland(p)

« Jacob Karlzonも参加したMads Vindingの新作 | トップページ | これぞキャスティングの妙:サブウェイ・パニック »

ジャズ(2009年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/44964887

この記事へのトラックバック一覧です: Marc Copland金太郎飴状態:

« Jacob Karlzonも参加したMads Vindingの新作 | トップページ | これぞキャスティングの妙:サブウェイ・パニック »

Amazon検索

2017年おすすめ作