2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« なんだか随分ソフトなFranck Avitabileの新作 | トップページ | 今度は映画館で見た「赤壁」 »

2009年4月18日 (土)

Susan Boyle:普通のオバちゃんが世界を感動させる

Susan_boyle 世の中にはタレント発掘番組がいろいろある。日本なら昔なら「スター誕生」,米国なら"American Idol",そして英国なら"Britain's Got Talent"ということになる。そして英国"Britain's Got Talent"に登場したのがこの普通のオバちゃん,Susan Boyle,47歳無職である。4/11に放送されたこの番組で彼女が歌った映像が地球上の多くの人間を感動させたと言われる。私も実際に映像つきで彼女の歌を聞いて感動してしまった。確かに彼女の声は美しいが,決して声や歌だけに感動したのではない。それまで極めてシニカルな表情を示す審査員や聴衆の表情を一変せしめた音楽の力に感動したのである。私は涙もろい人間だが,この映像を見れば,感動の涙を流す人は多いはずだと信じたい。かつ,彼女が歌っている表情が何と素晴らしいことか。やはり音楽は素晴らしいのである。

やや感情的になってしまったが,世の中には埋もれたタレントがたくさんいるということを実証するような映像,歌唱である。あまりに感動したので,即公開である。是非お試しを。

http://www.youtube.com/watch?v=8OcQ9A-5noM&feature=related

« なんだか随分ソフトなFranck Avitabileの新作 | トップページ | 今度は映画館で見た「赤壁」 »

ポップス」カテゴリの記事

コメント

Toshiyaさん こんにちは。

まさか、この記事が取り上げられるとは思っていなかっただけに嬉しく思いました。日本でも騒がれているのですね。自身は、3日前に知りました。最初、聞いた時は、鳥肌が立っちゃいました。

ただ、2回、3回と見直すと、やはり、分析に入ってしまうんですよね~。最初の感想を大事にしたいところです。

ごく普通~の中年女性が、予想外な結果をもたらした。。。のが見所でしたね。彼女の外見と歌唱とのギャップ差がかなりあっただけに観客の素直な驚きに変身したのでしょう。これが、美人モデル並の女性が歌ったら。。。客席も総立ちにはまずならなかったように思えます。

ちなみにドイツにもこの番組と全く同じものがあります。Deutschland sucht den Superstar!(ドイツ連邦共和国、スーパースターを探す!)個人的には、タイトルが気に入らないですね~。英国のように、スーパースターを探す!ではなく、才能<人>を発掘!の方が、断然良いですね。

このビデオは、色々な意味で面白い材料が含まれているので、自分の歌の生徒さん全てにビデオを添付してメールしました。どんな意見が聞けるか、楽しみです♪

あっ、今日、新作の007、ロシアより愛を込めて、の両方のDVDを購入しちゃいました。

音楽の力を実感させてもらいました。

興味深かったのは、懐疑的な審査員客のやや失礼な態度に対しても、Susanおばちゃんが堂々としていたことです。歌の最中も投げキッスなんかして余裕を見せていました。

もし日本に同じような人がいたとしたら、きっとかなり卑屈な態度になってしまうと思います。

Susanの秘められた自信もあるでしょうが、文化の差もあると思いました。

Laieさん,おはようございます。

「彼女の外見と歌唱とのギャップ差」が大きなインパクトを生んでいるというのは,同じ番組に登場したPaul Pottsも同様でしたよね。まさしくおっしゃる通りでこのギャップなかりせば,このように騒がれることもなかったのかもしれません。

しかし,日頃は天邪鬼で通す私も,たまには素直に感動したい(だから映画を見に行くと,恥ずかしながらだいたい毎回映画館で泣いています)という思いもあり,熱くなってしまいました。生徒さんの反応,興味深いですので,反応を教えて頂ければ幸いです。

ところで,DVDお買い上げとのこと,はずしたら責任感じちゃいます。でもきっと楽しめると思います。

理屈庵さん,おはようございます。

日本だったら,彼女が「天然」などと揶揄される可能性もあったでしょうね。でもバック・ステージで涙にくれる彼女の姿を見れば,「天然」でもなんでもなく,貴兄の言うとおり,彼女の歌に対する意識,自信があったのではないかと思えてきます。そうでなければ,歌っている途中に大歓声を上げる聴衆に動揺し,戸惑うのではないかと思います。

よくよく見たら,彼女のことは日経の社会面にも出ていましたが,それほどのインパクトを持っていたかどうかは別にして,「ちょっといい話」にはなるネタでした。

Toshiyaさん、こんにちは。

ポール・ポッツも御存知だったのですね。
彼も、脚光を浴びた後、ドイツ大手の電話会社のコマーシャル、VIPが集う伝統番組などにゲストとして今もって招待されています。驚いているのは、イギリスだけではなく、ドイツにまで進出していることです。この番組は、よほど影響力があるみたいですね。

映画館で、お泣きになられている、とのことですが、大いに結構です!感情の流れるまま、抑える必要のない状況であれば、人間として普通だと思います。感動することが少なくなってしまった世の中になりつつありますが、いつも感動できる人間でいたいな、とつくづく思います。

そうそう、添付したビデオですが、こちらも4日前に、別のバージョンを送りました。記事に紹介されたビデオだとショーの前後があって、もっと良かったかもしれませんね。。

>>彼女が歌っている表情が何と素晴らしいことか。やはり音楽は素晴らしいのである。音楽の力に感動したのである。

正にこれです!!!生徒さんの一人でもここに触れてくれれば、指導者としての冥利に尽きるのですが。。全員からの返事が集まり次第ご報告しますね♪

007ですが、主人は新作以外は、ほとんど見ているそうです。ロシアより。。も良かったと話していました。今日、どちらかを見ようと思っています。あっ、責任何て感じないで下さいね♪紹介して下さって、感謝しています!

Laieさん,こんにちは。

Paul Pottsももはやメジャーですね。確か彼って携帯のセールスマンだったんですよね。人生何があるかわかりません。でも音楽が人生を変えるっていいですね。聞いているだけで影響されて,人生観が変わってしまう音楽もありますが,最近そういう聞き方になっていないなぁと反省です。

ところで,今日は家人が出掛けてしまったので,一人で"Milk"という映画を見てきました。Sean Pennの素晴らしい演技に今日は完全にやられました。

007は娯楽映画として楽しめばいいですが,今日の映画は,派手さは何もないのに演技だけで十分と思わせてくれる稀有な映画だったと思います。近々ブログにアップしたいと思います。

まぁ確かにずば抜けて上手いというわけではありませんよね。容姿・年齢・バックグラウンドとかいった物を抜きでこの歌唱を聞いたらなんとも思わなかった思うというのが正直な感想です。 が、これこそがLive Performanceの面白いところですよ。見ている者は与えられたInfo(野暮ったい47歳のオバサン/子供の頃から歌手になるのが夢だった)、そして彼女が唄い始める前の観客の反応等を頭の中でプロセスしてドラマを作り上げているのでは。「ちょっとポッチャリでルックスも平均以下、歌手になる夢を周囲に馬鹿にされ続けた人生(又は馬鹿にされるのが嫌でずっと秘密にしてきた)。それでも諦めなかった夢... 

ちょっとスケールが違いますが、「ルックルックこんにちわ」の「ドキュメント!女ののど自慢」ですかね。 「...飲む・打つ・買うの亭主に耐え抜いた25年間、着の身着のまま幼い娘を連れて飛び出しスーパーのパートと夜のお水の仕事で死に物狂いで働いてやっと平穏な生活を手に入れたその矢先に見つけた胸のシコリ... 辛い治療に耐えて奇跡の回復を遂げる。 辛い人生を支えてくれたのは子供の頃から大好きだった歌。 さぁ、唄っていただきましょう、「越冬ツバメ」!」 これで森昌子顔負けの歌声で唄われてしまったら泣くでしょう?

ボイルさんの場合その「印象的」なルックスのおかげで「女ののど自慢」の生き様紹介の部分を十分補ってしまったということではないでしょうか。

...と分析してみましたが私も見ててちょっとほろっとしちゃいました。(笑)    

Trotさん、おはようございます。

「ルックルックこんにちは」とは笑えました。確かにこれは歌唱だけではこうはなっていないというのはご指摘の通りでしょうね。それがメディアのマジックってことだと思います。

しかし、Paul Pottsのときは日本の一般紙に取り上げられるような騒ぎにはなっていなかったと思うのですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/44712662

この記事へのトラックバック一覧です: Susan Boyle:普通のオバちゃんが世界を感動させる:

« なんだか随分ソフトなFranck Avitabileの新作 | トップページ | 今度は映画館で見た「赤壁」 »

Amazon検索

2018年おすすめ作

2017年おすすめ作