2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 実家での発掘盤:Ulf Wakeniusのファンク | トップページ | これも久々に聞いた気がする"Fast Company" »

2009年4月 2日 (木)

Sealの声でソウル・クラシックを歌えばそりゃいいでしょう

Seal "Soul" Seal (Warner Brothers)

買ってから暫く未聴のまま時間が過ぎてしまったこのアルバム,Sealがあの声でソウル・クラシックを歌い上げるということであるから,当然期待できる。しかし私の不安材料はプロデューサーがDavid Fosterということであった。特にオーバー・プロデュースにならないかという点である。

一聴すると,オーバー・プロデュース感はあまりないのだが,伴奏としてこれが最適な解だったのかという点にはかなり疑問が残る。私はやはりソウルは生音で勝負して欲しいと思っているが,このアルバムではかなりの部分で打ち込みが使われているのに違和感をまず覚える。また,一部で聞かれる仰々しいストリングスはどうなんだろうとも感じてしまう。

しかし,そうした点を除けば,Sealの歌唱はかなり満足ができる出来と言ってよいのではないかと思う。どちらかというとSealの歌には独特のクセがあるようには感じながらも,いい声の持ち主が真っ当にソウルに対峙すれば,こういう感じにはなるだろう。

私としてはSealの歌そのものは高く評価したいのだが,やはり伴奏がなぁという感じである。ここにBooker T & the MG'Sがいたらどうなっていたのかと想像すると,ちょっと惜しい気がする。歌に星★★★★,伴奏が星★★★で総合では星★★★☆ってところか。やはりこれは勿体ない。

尚,ここでSealは"If You Don't Know Me by Now"を歌っているが,久しぶりにSimply Redバージョンを聞きたくなってしまった。でもあれって実家に置いてあったような...。

Personnel: Seal(vo), David Foster(key), Jochem van der Saag(key), Michael Thompson(g), Dean Parks(g), Marcus Brown(b), Nathan East(b), Teddy Campbell(ds), John Robinson(ds) and Others

« 実家での発掘盤:Ulf Wakeniusのファンク | トップページ | これも久々に聞いた気がする"Fast Company" »

ソウル/R&B」カテゴリの記事

コメント

Toshiyaさん、こんにちは。

この男性ですが、実は、こちらに来て初めて知りました。というのも、彼の奥さんがドイツ人のトップモデルなんです。彼女が牛耳る人気番組で、彼が度々出るので知ったという感じなのですが、日本でも人気があるのでしょうか。

昨日、デュッセルドルフに行く用事が出来て、CD店でこのCDを聞いてみました。どの曲も20秒くらいしか聞けないのですが、彼の声は悪くなかったと思います。結構高音も出るような印象でした。

ついでに、ニールス・ラングレンのバラード集で、センチメンタル・ジャーニーを購入しちゃいました。


Laieさん,こんばんは。

Sealは日本では人気があるってことはないと思います。やはりこの人は今も昔も"Kiss for the Rose"ってことになってしまうと思います。あの曲は本当にええ曲でした。発声法はクラシックとポップスでは違うと思いますが,彼の声は私にはかなり魅力的に聞こえますね。

奥さん,美人ですよね。まさしく美女と野獣。歌で口説いたんだろうなぁと想像しちゃいます。

Toshiyaさん、おはようございます。

"Kiss for the Rose"、早速ユーテューブで聞いて見ました。しっとりバラード系で中々良かったです♪奥さんのハイディを御存知だったのですね。テレビでは、もういつもアツアツ振りを見せつけてくれます。。

>Tomasz Stanko Quartet見に行ってみて下さい。バックの比較的若い3人の演奏のご感想をお聞きしてみたいです。

こちらも聞いて見ました。主人と中々良い感じだね、と話していました。おっしゃるように、男性若手3人ですね。どのグループを見たいということもなかったし、お勧めも頂いたので、こちらのグループを覗いてみようと思います。御紹介、ありがとうございました。

この一週間、こちらはすっかり春めいて、気温も随分上がっています。と、同時に花粉の症状が悪化していますが。。日本は、如何ですか?

Laieさん,こんにちは。

Sealもあの顔で公共の電波でアツアツはないと思いますが。

フェスの方ですが,私も是非見てみて下さいとは言いつつ,決して無理はないさいませんよう。もしよろしければで。

日本は急に暖かくなり,桜も満開,花粉はヒノキのそれが飛び出しまして,辛い時期はまだまだ続くって感じです。東京は今日も20度近くまで気温が上がりました。Spring has come!

If You Don't Know Me By Nowはいろいろな人が唄っていますよね。私もオリジナルを聴いたのはつい数年前で、一番最初に聞いたのはPatti LaBelleのライブバージョンでした。モノローグも交えた8分+のバージョンで、当時高校生だった私がフィリーソウルという物を頭ではなく心で理解したのはあのレコードのおかげだったと今思います。

Sealの声も好きですね。UKダンス路線でデビューした頃は後々こういう展開をする人だとは想像してませんでした。 Joni Mitchellの「How Do You Stop」でのコーラスも印象的だったのを覚えてます。

Trotさん、続けてコメント・バックです。

Patti LaBelleまで出てくるとは懐が深いですねぇ。しかし、それにしても今後Sealはどこへ行くんでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/44435645

この記事へのトラックバック一覧です: Sealの声でソウル・クラシックを歌えばそりゃいいでしょう:

« 実家での発掘盤:Ulf Wakeniusのファンク | トップページ | これも久々に聞いた気がする"Fast Company" »

Amazon検索

2018年おすすめ作

2017年おすすめ作