最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Susan Boyle:普通のオバちゃんが世界を感動させる | トップページ | 日頃の上原ひろみを期待してはいけない »

2009年4月19日 (日)

今度は映画館で見た「赤壁」

Red_cliff 「レッドクリフ Part 2 未来への最終決戦(Red Cliff 2)」 ('08:米中日韓 Lion Rock/China Film)

監督:ジョン・ウー

出演:トニー・レオン,金城武,チャン・フォンイー,リン・チーリン,チャン・チェン,中村獅童,ヴィッキー・チャオ

前作Part 1は飛行機の小さな個人用TVで見たが,こういう映画はやはり大スクリーンで,かつサラウンド音声で見なければならないと思い,Part 2は劇場で見ることにした

この映画のハイライトは,映画の後半で延々と展開される戦争シーンということになるが,とにかくこの戦闘シーンが長い。何せ上映時間の30%ぐらいは占めるぐらいに,あまりに延々と続くものだから疲れること甚だしいが,ワイヤー・アクション,CG交えながらなかなかよく出来ている。ただ,前作でも感じたのだが,ジョン・ウーはスロー・モーションあるいはコマ落としを多用し過ぎで,ちょっと映像的にはどうなのかなぁと思わせる部分もある。しかし,大物量(人も火薬も馬もである)を投入して出来上がったこの戦闘シーンだけでも一見の価値はあると言っておこう。

Zhao_wei_3 今回の作品でもリン・チーリンの美しさは健在であるが,この映画でのもうけ役はビッキー・チャオだろう。フジテレビの中野美奈子アナのようでもあるが,なかなかに可愛らしく,この人は前作よりも絶対にこちらの方がよい。次は写真のような可憐な姿の彼女を見てみたいものである。トニー・レオンはカッコよ過ぎて,さすがにここまで行くと持ち上げ過ぎではないかとも思えてくる。むしろ敵役,曹操に扮したチャン・フォン・イーの方が人間ぽく見えてしまったのはご愛嬌。

いずれにしても,ちょっと脚本に無理がある(特に前後の脈絡に弱点が感じられる)部分があることには目をつぶるとして,結構楽しめたので星★★★★。あくまでも娯楽映画として楽しめば,文句はない。まぁ,でも見た後はどっと疲れるから何回も見たいとは思わないが...。

Photo ちなみにリン・チーリンが日本での写真集発売に際して行ったサイン会の写真があったので,ここにも載せてしまおう。この写真を見る限りは,この人は可愛さも兼ね備えた美人ということになる。映画での雰囲気とは随分違うが,やっぱりたまらん。日本語も結構堪能らしいから,ポスト・チェ・ジウはリン・チーリンだろうねぇ(期待込み)。

« Susan Boyle:普通のオバちゃんが世界を感動させる | トップページ | 日頃の上原ひろみを期待してはいけない »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/44702485

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は映画館で見た「赤壁」:

« Susan Boyle:普通のオバちゃんが世界を感動させる | トップページ | 日頃の上原ひろみを期待してはいけない »

Amazon検索

2017年おすすめ作