2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Sean Pennがあまりにも素晴らしい「ミルク」 | トップページ | 心を揺さぶる傑作:「グラン・トリノ」 »

2009年4月26日 (日)

まるで魔女狩りの草彅剛逮捕劇

私は相当な酒好きである。前後不覚に陥ることはあまりなくなったが,それでも若い頃はひどい目にも相当遭ったし,現在もひどい二日酔いに悩まされることは一向に減らない。そんな人間にとっては,今回の一件は他山の石とすべき事件なのかもしれない。

確かに,イメージ・キャラクターとしてTVコマーシャルに出演させている立場や,制作費を投入して番組を作っている立場としては今回の一件は困ったもんだという反応は当然あって然るべきであるし,やはりいい大人なんだからやっていいことと悪いことの判断は自分ですべきだったのは間違いない事実である。

しかし,今回の警察の対応,メディアの反応は明らかに過剰ではないのか。酔っ払いをトラ箱にぶち込むのは日常茶飯事だろうし,それがたまたま草彅剛だったから,ここまで騒ぎが大きくなってしまっただけだろう。ビニール・シートでぐるぐる巻きにするというのは初めて聞いたが,それとて大トラにはいつも使っている手法のはずである。また,酔っ払って裸になったからと言って,家宅捜索までする必要があるのか?尿検査で何らかの薬物反応が出ているのであればわかるとしても,何も出ていないのに家宅捜索は明らかに行き過ぎであり,世間(あるいは芸能界か?)への見せしめにしてやろうという意図が明確に感じられる。

メディアもメディアである。メディアの論調,あるいは記者会見の記者やレポーターの質問を見ていると気分が悪くなる。あたかも自分は高潔かつ清廉にして,酔っ払うことなんてありませんというような口調である。酒で失敗した経験がない人間なんてそもそも少なかろう。ジャーナリストはさぞや潔癖なのだろうと皮肉の一つも言いたくなる。

ついでにうつけ者鳩山邦夫総務相にも一言言っておきたい。かんぽの宿問題やらなんやらで日本郵政にやたらにケチをつけるこの男,自分への批判を省みず,草彅への「最低の人間」発言である。翌日には取り消すという情けない行動に出たが,一体この男は自分を何様だと思っているのだろうか。私は政治家の世襲制限には懐疑的(地場を引き継ぐというのは制限し,全く影響力の及ばぬ選挙区から出馬するのが本来の筋だと思う)だが,こういう世襲の中の世襲のような非常識なうつけ者は政治の世界から一刻も早く去ってもらいたいものである。私としては今の段階で草彅がメディアに登場するよりも,鳩山がメディアに出てくる方がはるかに虫酸が走る。

いずれにしても今回は何につけ過剰反応が目立って,どうにも違和感ばかりが強くなる私である。しばらく火曜日の深夜「ぷっすま」が見られなくなるのは寂しいし,「僕らの音楽」のナレーター変更も残念である。反省すべきは反省し,できるだけ早く復帰をして欲しいと思うのは私だけではあるまい。とは言っても謹慎期間は稲垣吾郎のパターンを踏襲するのだろうが...。

« Sean Pennがあまりにも素晴らしい「ミルク」 | トップページ | 心を揺さぶる傑作:「グラン・トリノ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして 山帽子と申します。

貴ブログ、時たま覗かせて頂き、その守備範囲の広さに感激しています。

今回の草薙某氏の飲酒に纏わる一連の事件(?)ですが全く同感です。マスコミや政治家までの下らない対応に、つくづく日本の民度(死語?)の低さを感じ厭きれてしまいます。かく言う私も日本人の一人ですけれど・・。

こういう時は酒でも飲んで、好い音楽を聴くに限りますね、服を脱がない程度に(笑)

始めまして。
草彅くんの一件は同感です。
メディアって恐ろしいです。一方的です。
裸になって気持ちよかったでしょうね。
ただ場所が悪かったけれど、何せ酔ってるんですから分別もつけようがありません。もっと凄い話は沢山聞いてます(笑)経験のある方は身を縮めてらしゃるでしょうね。
私はおばさんで、芸能関係にも疎いけれど、チラッと耳にしていた草彅君の酒癖からして「あらら過ぎちゃったのね」と思いましたし、良い人というイメージを揺るがすほどではない。彼には良い薬になったとは思うけれど気の毒でなりません。
謹慎は休養と思って復帰して欲しい

山帽子さん,はじめまして。

「民度」というのは非常に重要だと思います。本当に今回の反応は「自分のことは棚に上げる」方々の民度の低さを露呈したようなものですね。

それにしても山帽子さんのブログってディープですね。こちらからもお邪魔させて頂きます。

エラさん,はじめまして。

今回の一件,やはり過剰反応だったと言わざるをえません。現在のメディアの批判はそれにまた過剰に反応したジャニーズ事務所に向けられているようですが。

「経験のある方は身を縮めて...」というのは同感です。自分も経験者みたいなもんですから。裸にはなりませんでしたが,結構恥ずかしい酔っ払い方をしたことがありますので。

これからもよろしくお願いします。

おはようございます。
今回の件、音楽狂さんや皆さんの言うとおり過剰反応だと思います。ただ一方で対象がそれだけ注目度の高い人物だったともいえるのでしょうね。

小生自己分析をするに、ストレスと酒量はあまり正比例していないようにも思うのですが、うれしかったりしても酒量は増加傾向にあり、中々自己分析による「傾向と対策」は難しいようです。
また、頻度は減りましたが酒の上での恥ずかしい経験は数知れず、今回の件、とても他人事とは思えません。酒を飲むのですからそれなりにリラックスをしたりすることも視野に入っているわけですが、「油断」をしたときにあまりいい結果がでていないようにも思います。
今週後半からは東京出張、当地ではセキュリティのため社用車通勤ですが東京ではそうもいかず、気をつけねばと思っています。
家人からはきつく不始末が無い様注意を受けているところです。

こうぞうさん,こんにちは。出張続きでヘロヘロです。

私の場合,何もなくても飲み過ぎますが。芸能人は公人扱いというのもちょっと可哀相な気もしますねぇ。

中年音楽狂さん、こんにちは。

保護」ではなく「逮捕」という判断ミスを露呈してしまった警察。

最近ネタがないからとこんなことで「容疑者」「逮捕」を連発する異常な反応を示すマスコミ。

自分のことは棚に上げて「最低な人間」と批判する政治家(鳩山弟)。

この3者に比べたら、酔っ払って裸になるクサナギくんのがまともに見えますね。

警察につかまってクサナギくんが
「裸になって何が悪い!」って叫んだそうですが、
そうだ、そうだと応援したくなりました。

草食系の清潔感のなるタレントで売っていたらから、
かなり鬱憤もたまっていたんでしょうね。

だれでも嫌なことがあると、意識がなくなるなで酒に飲まれてみたくなるときがありますよね。

僕はかなりクサナギくんに同情的です。

と、まあ、芸能ネタについ反応してしまい、
恥ずかしいです、しかも仕事中に(笑)。

crissさん,こんばんは。

まともに考えれば,今回の騒動は明らかにやり過ぎですよ。自分の胸に手を当ててみれば,批判などできないはずの人間に限って大騒ぎしているのではないかと思います。

鳩山某こそ,お前は若い頃何の過ちもおかさなかったのかと言われて否定できないはずです。やっぱりあの男は不愉快ですね。選挙民を愚弄しています。

Toshiyaさん、こんにちは。

このニュースを知った時、日本は、何て平和な国なのだろうと思いました。他に流すニュースはないのだろうか、と思ったほどです。ドイツではあり得ません。日本の友人からもメールが入ったほどで、彼の人気度を再確認したほどです。

話はそれますが、先日、日本人(サトウコウジ)とドイツ人のボクシングの対戦を見たのですが、試合前のサトウのインタビューがあまりにも幼稚で、程度の低さがオンエアーされて、とても恥ずかしい気持ちになりました。28歳だそうですが、大人げないインタビューを見て、とても残念に思いました。

ユーテューブで、クサナギ君の会見を見てみました。画面からでも、慎重に言葉を選び、丁寧に謝罪をしていたのを見て立派だったと思います。


Laieさん,こんにちは。日本はGW真っ只中ですが,娘がおたふく風邪になってしまい,どこにも行けません。家人も体調が今イチらしいので,私は専業主夫と化しております。

さて,草彅くんの一件は確かにそのとおりで,ネタがなくなったメディアは新型インフルエンザのニュースばかりで辟易としています。これも平和な証拠でしょうか。

パンデミックは重大な問題ですが,予防する手立てはありますし,昔と違って情報の流通が迅速なので問題が深刻化することはないのではないかと期待しています。ただ,GW明けには欧州出張を控えていますので,ちょっと微妙です。

佐藤幸治は格闘技ですから,ホラを吹くのも大事ですが,程度が低いのはいかんですねぇ。どう大人げなかったのか気になりますが,亀田一家以来,どうも品のないボクサーが増えているのではないかと思いますね。

Toshiyaさん、こんにちは。

語弊があってはいけないと思いましたので、少し補足させて下さい。

草なぎ君の知名度もあるのでしょうが、一芸能人について、これだけ大騒ぎに取り上げているマスメディアの言動、行動を見て、平和なんだあ、と感じたのです。

豚ウイルスについてのニュースは、どれだけ日本で詳細に流されているかは分かりませんが、これだけ今、世界で騒がれている豚ウイルスの件でさえ、こちらでは、特番や速報としてオン・エアーされていません。

佐藤選手ですが、個人的にドイツまでやって来て、対戦するわけですから、それだけの気迫と努力は認めたいのですが、あのインタビューで台無しでした。あれも一つの彼の演劇だと思えばそれまでなのですが。。

同胞精神なのでしょうね。ボクシングでもアイススケートでも、サッカーでも、日本人が出るとあれば、無条件で応援したくなります。

佐藤の会見では、すっかり気が失せて応援する気になれませんでした。(私が、応援しても声援が届くわけでもないですが。。)

試合結果は、レフリーストップで、佐藤の完敗。ぼろくそにやられっぱなしで、会見、インタビューの受け答えも出来なかったことに加え、試合にも負けてしまった佐藤選手が気の毒に思えました。

話が戻りますが、草なぎ君、公園での出来事を全く覚えていないとのこと。お酒の飲めない自分にとっては、我を忘れるくらいお酒が飲めるなんて、羨ましい限りです。

やはり、少しくらいは、お酒が飲めるようになりたいですね。いつも素面では、つまらないです。。(あっ、一人言でした。。)

Laieさん,こんにちは。

スポーツ観戦はナショナリズムを刺激しますよね。無条件で応援したくなるのは普通の感覚でしょう。その気もなくさせる佐藤幸治はよほどのことだったのだと思います。ミドル級という日本人には不向きな階級ゆえ,気負いもあったのでしょう。

お酒については私なんてしょっちゅう「忘我の境地」に達してしまいます。でも,そのときはよくても翌日には辛い一日が待っているんですよね。

と言いつつ,休み中もキッチン・ドリンカーとして飲みまくっていますが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まるで魔女狩りの草彅剛逮捕劇:

« Sean Pennがあまりにも素晴らしい「ミルク」 | トップページ | 心を揺さぶる傑作:「グラン・トリノ」 »

Amazon検索

2018年おすすめ作