2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 心を揺さぶる傑作:「グラン・トリノ」 | トップページ | 中年音楽狂 in 鹿児島:新たな銀行店舗現る »

2009年4月28日 (火)

中年音楽狂 in 鹿児島:強烈な食べ物

Photo 何度か鹿児島への出張の機会に地場のうまいものをこのブログでも紹介してきた。全部うまいものばかりだったと思っているが,今回のブツはかなり凄い。

この画像だけでどの程度ご理解頂けるかはわからないのだが,肉のぶ厚さだけは表現されているのではないだろうか。何と言っても一人前350gである。

私は1kgのステーキを完食する自信はあるが,350gの揚げ物はどうなのかと思っていた。でもバッファロー・ウイングは2ダースぐらい楽勝だからたぶん問題はないだろうとも思っていた。しかしながら,最近の出張続きで胃も肝臓も必ずしも調子がよくない中だったが,結果は楽勝であった。はっきり言ってしまえば,ソースでは完食できなかったのかもしれないが,醤油なら全く問題なしである。塩ではなく,醤油である。間違ってはいけない。

揚がるのに30分かかっても,大食いのあなたは試したくなる一品である。何?どこで食せるか?鹿児島中央駅そばの「川久」さんである。行け!食え!とだけ言っておこう。

でもとんかつはしばらく食べないかなぁ。それぐらいのボリュームである。鹿児島恐るべし。

« 心を揺さぶる傑作:「グラン・トリノ」 | トップページ | 中年音楽狂 in 鹿児島:新たな銀行店舗現る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

蛇尾です。

そんなに出張しないボクですが、鹿児島には以前、出張しました。
しかし、このお店は知りませんでした。

チャンスがあったらのぞきたいものです。
で、来月は長野市に出張しますが、イイお店があるかなあ。

蛇尾さん,こんばんは。流れ流れて今日は福岡におります。

長野と言えばそばか七味って感じですかねぇ。でも地場には地場の奥深い食の楽しみがあるはずなので,地元民に聞くのが正解でしょうね。

続投です!

かなりの肉厚で美味しそうですね~。主人が、もう食べたくて仕方がないようです。(笑)最近、日本へ行きたい病(彼に言わせると、ホームシックなんだそうです)で、今度はいつ帰るの?なんて言っています。

帰省すると、必ず、地元のカツ哲というお店へ行きます。御飯、キャベツもお代わり自由、水が飲み放題なんて、こちらではあり得ません。

最近、カツ丼を作っていないので、作ってあげようと思います。

Laieさん,この肉厚とんかつはですねぇ,記事にも書きましたが醤油で食べるのが正しいと思います。そうでないともたれます。

でもこれではかつ丼にもなりませんが。しかしうまかったですね。鹿児島では本当によくとんかつを頂きました。

久しぶりに串カツが食べたくなってきました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中年音楽狂 in 鹿児島:強烈な食べ物:

« 心を揺さぶる傑作:「グラン・トリノ」 | トップページ | 中年音楽狂 in 鹿児島:新たな銀行店舗現る »

Amazon検索

2018年おすすめ作