2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« タイトル通りの"After Hours"セッション | トップページ | Bob Malachの"After Hours"は選曲は渋いが,演奏は... »

2009年3月25日 (水)

アメリカ人をも感動させたWBC決勝戦

WBC決勝戦は私は仕事の関係上試合を見ることはできなったのだが,ゲームの経過だけは携帯で確認していた。試合中からこれは死闘だと思わせるものであったが,この試合に対するアメリカのメディアの評価が極めて高いことには日韓の両チームは胸を張ってよいと思う。

ESPNのEric Neel記者は"I hope you saw Japan 5, Korea 3 for what it was: A great night of baseball, a great night for baseball."と書き,USA TodayのDavid Leon Moore記者は"Playing baseball. And it was a classic. The World Baseball Classic, indeed."とまで書いている。

ここまで日韓の決勝戦が高く評価されてしまうと,当然のことながらアメリカ・チーム(あるいは非協力的なMLB各チームのオーナーたち)へ批判の刃が向けられるわけで,MLBとしても次回のWBCではシステムの変更に加えざるをえないだろうし,そもそも次回はアメリカという国の威信を問われることになるだろうから,これは大変な見ものになるのではないかと思う。

いずれにしても野球の母国のアメリカをも感動させたこのゲームは,結果的に歴史的な意義を持つことになると想像している。

« タイトル通りの"After Hours"セッション | トップページ | Bob Malachの"After Hours"は選曲は渋いが,演奏は... »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

載せられたLeon Moore記者の言葉は私にもわかる簡単な言葉ですね。でもいっぱい いろんな気持ちが入っているみたいですね。試合見ていませんが、なんだか嬉しくなりました。

メルセデスさん,こんばんは。

ESPNのNeel記者のコメントの前置詞("of","for")の使い方なんて絶妙ですよねぇ。こういうのはネイティブじゃないと書けません。

WBCがサッカーのワールドカップを凌駕するとは思えませんが,次回はおそらく企画を変えてくると思います。それはそれで楽しみですね。

むしろ、WBC自体の評価は低かったんじゃなかったでしたっけ?
何か、WBCに出場しているメジャーの選手を、「大事な時期に何遊んでいるんだ」と批判するようなメディアまで出てきたという話を聞きましたが。

それを聞いて、一番かわいそうなのは、選手だと思った記憶があります。

::さん,はじめましてでしょうか。

なぜ今この記事にコメントを頂くのかよくわかりませんが,記事にも書いたとおり,日韓の試合が,米国メディアの記者をも感動させたことが重要なんだと思います。

もちろん,WBCに懐疑的な米国球界の人間もいるでしょうし,メディアにもそうした人たちがいるはずです。それが::さんのおっしゃるWBC自体の評価が低いということにつながっていたのでしょう。

しかし,そうした人たちに,ゲームの面白さを認めさせたこと自体は素晴らしいことではないですか。ここに取り上げた記者はその道のプロです。単純に考えても,その道のプロが感動するってことは,より多くの人も感動させられるってことでしょう。WBCを認めたがらない米国人は臍をかむ思いで見ていたのではないかと勝手に思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ人をも感動させたWBC決勝戦:

« タイトル通りの"After Hours"セッション | トップページ | Bob Malachの"After Hours"は選曲は渋いが,演奏は... »

Amazon検索

2018年おすすめ作