最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 何とも初々しいJoni Mitchellの映像 | トップページ | Baptiste Trotignon, NYCへ行く »

2009年3月10日 (火)

Tom Harrellの新作はRhodesによるグルーブは心地よいのだが...

Tom_harrell "Prana Dance" Tom Harrell (High Note)

前作"Light On"から約1年半ぐらいのインターバルで発売されたTom Harrellのレギュラー・クインテットによる第2作である。Harrellはこの間,来日も果たしているし,客演も随分と多く,久しぶりっていう感じはしないのだが,ここに来て創造力が溢れてきているということと解釈したい。

私はTom Harrellの大ファンというわけではないが,彼のメロディ・センスについては大変素晴らしいものがあると思う。よって,彼のオリジナル曲である"Sail Away"にしろ,"Baffalo Wings"にしろ,"Moon Alley"にしろ,多くの人に愛されているということはよくわかる。よって,私が本作に期待するのも,Harrellによる優れたオリジナルと歌心溢れるソロということになる。

しかし,このアルバム,演奏が悪いというわけではないのだが,本作に収められた彼のオリジナル曲にHarrellらしいハッとするようなメロディを見出せないのは誠に残念である。私はHarrellが枯れる年齢だとは思わないし,ソロでメロディアスなフレーズを連発できるのだから,こんなものではないはずだと感じてしまう。いずれにしても,アルバムを聞いていて,どうもHarrellらしさに欠ける曲のテーマにいかんともし難い違和感を覚えてしまったのである。

だからと言って,このアルバムを駄盤だと言うつもりは毛頭ない。特にDanny GrissettがRhodesを弾いている曲での何とも言えないグルーブは気持ちのよいものである。Wayne Escofferyのソロも結構レベルが高いし,それはそれで聞き所はあるのである。また,Johnathan Blakeの叩き出すリズムはちょっとたとえはおかしいかもしれないが,PMGの"We Live Here"のような感覚を思い出させるのである。よって,これは結構コンテンポラリーな響きを狙ったものだということはよくわかるのである。

だが,私にとってはやはりHarrellに期待するものが違うのである。Harrellとしては,レギュラーによるバンド・サウンドにこだわったと見てもよいかもしれないが,それでもHarrellにはもっといいメロディが書けるはずなのである。そこが大きな減点材料となるため,星★★★☆とする。演奏がいいだけにこれは何とも惜しい。また,私としては上述のとおり,Rhodesのサウンドによるグルーブが気持ちよかったので,どうせならGrisettには全曲でRhodesを弾いて欲しかったように思う。

Recorded on May 29 and June 10, 2008

Personnel: Tom Harrell(tp, fl-h), Wayne Escoffery(ts, ss), Danny Grissett(p, el-p), Ugonna Okegwo(b), Johnathan Blake(ds)

« 何とも初々しいJoni Mitchellの映像 | トップページ | Baptiste Trotignon, NYCへ行く »

ジャズ(2009年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

そうですねぇ〜。
もう少し、リリカルなムードの曲もソロも欲しかったかなぁ。

でも、凄く張り切ってるみたいだし。。
頑張って欲しいなぁ。heart04

Danny Grisettは、来日してましたねぇ。
新宿ピットイン。。
行きたかったです。

トラバしました。


すずっくさん,こんばんは。

私はリーダーとしてのHarrellには何の文句もありませんが,作曲家としてはどうなのよということで,こういう記事になってしまいました。辛過ぎましたかねぇ。

まぁHarrellにそれだけ期待しているのよってことで。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/44275524

この記事へのトラックバック一覧です: Tom Harrellの新作はRhodesによるグルーブは心地よいのだが...:

» PranaDance/TomHarrell [MySecretRoom]
春が来ると喜んでいたのに、今週は雪。それでも、この時季の雪は、これが終われば春が来る、って、思い込めるので気が楽です。もう少しだわ。。頑張らなくちゃッ。庭の雪の下には、冬でも咲いていたビオラやプリムラ等は雪の下で暫し仮眠。雪が消えると、とけたように地面...... [続きを読む]

« 何とも初々しいJoni Mitchellの映像 | トップページ | Baptiste Trotignon, NYCへ行く »

Amazon検索

2017年おすすめ作