2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 実家にてお宝発掘:"Peek a Boo" | トップページ | それにしても凄いタイトル:"For How Much Longer Do We Torelate Mass Murder?" »

2009年3月20日 (金)

花粉症がひどい

私は花粉症持ちだが,今年はピーク,あるいはその直前のシーズンに海外出張の機会が多く,あまり花粉の影響を受けなかったようで,比較的症状が出ないままここまできていたのだが,ついに爆発である。

とにかく目がかゆい,くしゃみが止まらない,鼻水がずるするの三重苦である。これは厳しい。私は花粉症が悪化すると,喉の粘膜がかゆくなってくるという症状も出るのだが,そこまではいかないとしても,この目のかゆさは何?重症である。

と言っても助けてくれる人はなし。目薬でも買ってくるしかあるまい。知り合いに私が花粉症持ちだと言うと,「へぇ~っ,意外~」とかいう反応を受ける場合が多々あるのだが,人は見かけによらず繊細な場合があるのだ。それにしてもたまらん。

« 実家にてお宝発掘:"Peek a Boo" | トップページ | それにしても凄いタイトル:"For How Much Longer Do We Torelate Mass Murder?" »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あら、花粉症ですか。。
私は抗生物質の「アレグラ」があっているらしく、オススメします。医薬品ってオススメしちゃいけないか。眠くならないしとても楽です。
お大事になさってくださいね。

rhodiaさん,おはようございます。そう言えばrhodiaさんも花粉症でしたね。

「アレグラ」ですか。友人の耳鼻咽喉科医に聞いてみます。処方が必要なんですかねぇ。だとやっかいですが。今日も朝からキッチンで激しくくしゃみしながらご飯を作ってました。

Toshiya さん、おはようございます。

私も花粉症なんですよぅ~。。おつらい気持ち良く分かります。日本では、薬の他に、鼻の粘膜をレーザーで焼いたり、免疫をつける注射をしたりしましたが、全く効果がありませんでした。(悲)

こちらには杉の木はないものの、何かの花粉に反応しているようです。ただ、こちらでメインになっている花粉リスト20種類の中では、反応なしでした。最近は、いつも朝方、鼻水で起こされます。。。(苦笑)

こちらでは、マスクは、重病患者の認識があるので、誰もしていません。花粉症に悩まされている人は少なくないと思うのですが。。

杉の木って、個人的には、立派な公害だと
思っています。国で全て切り落とすとか、花粉の出ない木を改良するとかしてほしいものです。花粉症の人には、本当につらいですよね。

一つ教えて頂きたいのですが、ニールス・ランドグレン氏の過去記事があるようでしたら、是非紹介してほしいのですが。。宜しくお願い致します。

Laieさん,こんばんは。私は花粉症を発症して20年以上になりますが,アメリカ在住中だけは症状が出ませんでした。唯一の例外はサウス・キャロライナのゴルフ場でくしゃみが猛烈に出たぐらいでしょうか。

Laieさんも随分重症のようですが,これってなってみないとわからないんですよね。うちの娘も父親に似て花粉症で可哀想な気がします。

確かにドイツではマスクをしている人なんていませんでしたが,外国人が春先の日本に来たら異常だと思うかもしれませんね。マスクのみならず,ゴーグルまでしている人がいるなんて多分外国人には理解不能でしょう。バイオテクノロジーで花粉が出ないように改良する試みは行われているようですから,将来はきっと良くなると期待したいですね。

Nils Landgrenについては私は書いたことがありませんが,ブログのお知り合いのすずっくさんが,記事を書かれていますので,URLを書いておきますね。アクセスしてみて下さい。
http://plaza.rakuten.co.jp/mysecretroom/diary/200812180000/

またご承知でしょうが,彼のWebサイトは下記のとおりです。
http://www.nilslandgren.com/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/44408305

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症がひどい:

« 実家にてお宝発掘:"Peek a Boo" | トップページ | それにしても凄いタイトル:"For How Much Longer Do We Torelate Mass Murder?" »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作