最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Keithの影響濃厚なYaron Hermanだが,タッチはそこまではいかず。 | トップページ | 出張中に見た映画:09/03編(その2) »

2009年3月17日 (火)

歌詞は青臭いと言われるかもしれないが,この声は魅力である

Photo 「みちしるべ」 フィルハーモユニーク(Oorong)

先日のドイツ出張の折に見た映画「イキガミ」の主題歌として使われていたのがこの曲である。映画の中で金井勇太が歌ったストリート・ミュージシャン出身という設定の「田辺翼」バージョンのこの曲も捨て難いが,映画のラストで流れる本家フィルハーモユニーク版が,この映画の締めくくりにはふさわしいものであったと思う。あの映画を見てから,どうにも気になって仕方がなかったのだが,結局シングルを買ってしまった私である。

この曲,いくらでも文句はつけられる。小林武史の仰々しいストリングス,ありきたりな感じのバックのアレンジメント,青臭いと言われても仕方がない歌詞などである。それでもいいではないか。ここで聞かれる五郎川陸快(ごろうがわたかよしと読むそうである)の声に免じて許す。彼の声は,結構ハスキーな感じを持ちながら,アメリカン・ロックが好きな人間は,実にはまってしまいそうなJohn Mayer的ロック声なのである。

プロデューサー,小林武史が絡んであろうストリングスに対して私は否定的なので,五郎川のJohn Mayer的声を活かすならば,この曲は完全弾き語りバージョンの方が魅力的なのではないかと思っているクチである。いずれにしても,私が近年稀なほどはまってしまった曲であることは間違いのない曲である。あんまりはまってしまったので,キーは私にはちょいと合わないが,カラオケでキーを変えて歌ってみることにしよう。

ちなみに私が知らないだけなのかもしれないが,彼らがメジャー化したという話はあまり聞いたことがない。しかし,この曲は埋もれさせるにはちょっと勿体ないと思うので取り上げた次第である。私としてはミスチルやらマイリトルラバーやらよりもはるかに心に響いた音楽だと言っておこう。

« Keithの影響濃厚なYaron Hermanだが,タッチはそこまではいかず。 | トップページ | 出張中に見た映画:09/03編(その2) »

SSW/フォーク」カテゴリの記事

ポップス」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

歌謡曲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/44336981

この記事へのトラックバック一覧です: 歌詞は青臭いと言われるかもしれないが,この声は魅力である:

« Keithの影響濃厚なYaron Hermanだが,タッチはそこまではいかず。 | トップページ | 出張中に見た映画:09/03編(その2) »

Amazon検索

2017年おすすめ作