最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 出張中に見た映画(09/02編):その6 | トップページ | Ralph Towner入りギター三重奏! »

2009年3月 5日 (木)

淡々としながら楽しめるセッション・アルバム

Auditorium_session "The Auditorium Session" Harrell / Giammarco / Zeppetella / Deidda / Sferra (Parco Della Musica)

出張により映画関係の記事が続いていたが,久々の音楽系の記事である。

本作はイタリアのミュージシャンたちがTom Harrellを迎えて録音したセッション・アルバムであるが,一聴して,ハードに燃えるとか,格闘技とかいう感覚は全く感じられない。何とも淡々としているのである。1曲目からユル~くスタートしているし...。しかし,Tom Harrellというラッパの特性を考えると,これって結構いいのではないかと思わせる。

セッション・アルバムとは言え,リズム隊を構成する3人はAudio Slang Trioという名前で演奏もしているようだから,コンビネーションはある程度確立されている。よって,フロントとの相性がよければ,まぁそこそこのアルバムはできると約束されたようなものである。

それでもって,サックスのGiammarcoは剛腕という感じではなく,ラテン系ながら比較的ソフトな演奏に終始し,これがメロディ・ラインが重要なHarrellといい感じのコンビネーションになっているから,これはやはりファンにはたまらないのではなかろうか。しかもベースは全編エレクトリックということもあり,曲によってはかなりコンテンポラリーな響き(3曲目"Sei in Sei"が最も顕著)も示しており,私はどちらかというとこういう路線は支持したいクチである。必ずしもHarrellに合っているかというと,若干微妙であるが...。

まぁそれでもHarellの歌心は十分感じられるし,ギターのZeppetellaも結構な実力者と聞いた。このギタリスト,作曲家としてもいろんなタイプの曲を書いているし,引出しの広そうな感じなのはBebo Ferraと似たような感じかもしれない。何だかんだと言ってもイタリア・ジャズの実力を感じさせる一作である。星★★★★。

ところで,このアルバム,EGEAを通じて配給されているので,そう簡単には廃盤になることはなかろうが,そうは言ってもそれほど売れる類のアルバムではなさそうだから,ファンはなるべく早めに入手しておいた方がよかろう。ライブ盤"Sail Away"のようになっては大変である。

Recorded on April 13, 2005

Personnel: Tom Harrell(tp, fl-h), Maurizio Giammarco(ts, ss), Fabio Zeppetella(g), Dario Deidda(b), Fabrizio Sferra(ds)

« 出張中に見た映画(09/02編):その6 | トップページ | Ralph Towner入りギター三重奏! »

ジャズ(2009年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

おぉ。。信者&支持者、みっけ。(爆)
わたくしも、これは買う価値有りと思ってます。

Sei In Seiは、わたくしも好きです。
このギターを何枚か買ったのですが、その初めはネ、
Greetings From/Pier Paolo Pozzi

これね、ギタートリオに、フレスゲスト参加の形です。
4曲ネ。そこでも、Sei In Sei演奏してます。
ワンホーンだし、もっと、ユルーイ雰囲気で始まるけどフレス節満載。スゲェ、、かっこいい。
アルバムは名盤とはいえませんが、フレス好きとギターは堪能出来る。
ここでも、ギターは、ビヨーン系の気になるヤツです。(笑)
買わなくても気が済むように(爆)、検索して音源みっけた。
http://pierpaolopozzi.com/music.html
音質悪いけど。

すずっくさん,こんばんは。

私としてはあくまでも隠れ「信者&支持者」でいたいんですが,記事にしちゃバレバレですよね。

ご紹介頂いた音源,Fresuのワンホーンというのが気になりますねぇ。アクセスしてみます。ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/44207854

この記事へのトラックバック一覧です: 淡々としながら楽しめるセッション・アルバム:

» 信者限定♪追加で三枚、、TomHarrell。。 [MySecretRoom]
昨日は、晴れたのに、、今日は、雨。灰色の空ね。昨日言ってたハレルな三枚を。。時間もないので、いきなりいきます。(爆)今、ハレルさま新譜でこんな音源手に入りますぅ。ハイノートの新譜「PranaDance」の他に、何故か今月ハレルの参加作品が集まってしまいましたァ。...... [続きを読む]

« 出張中に見た映画(09/02編):その6 | トップページ | Ralph Towner入りギター三重奏! »

Amazon検索

2017年おすすめ作