最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« やっと007の新作を見た | トップページ | 何とも初々しいJoni Mitchellの映像 »

2009年3月 8日 (日)

ようやくリリース:Marc CoplandのNYトリオ・レコーディング・シリーズ第3弾

Copland_nt_trio_3 "Night Whispers" Marc Copland (Pirouet)

リリースが遅れていたMarc CoplandのNYトリオ・レコーディング・シリーズの第3作がようやく発売となった。タイトルはつけもつけたり「夜の囁き」(Phil Collinsかっ!)であるが,そのタイトルのイメージを裏切らない,まさしくCoplandらしい作りで,私はうれしくなってしまった。

従来のシリーズとの違いは,ベースがGary PeacockからDrew Gressに代わっていることであるが,CoplandとGressと言えば,あの"Haunted Hearts & Other Ballads"(及び"Some Love Songs"という作品もあり,これもよい)のコンビであるから,私としてはPeacockに恨みはないが,この人選は大歓迎である。このアルバムの曲目を見ていてJohnny Mandel作の"Emily"が3回収録されていることも,"Haunted Hearts & Other Ballads"に"My Favorite Things"が同じく3回収録されていることとも重なり,おぉっ,これはあの世界の再現か!と思わず期待値が高まるのである。

結果は,ファンも納得,毎度おなじみのCoplandの美的な世界が展開されていて,なんの躊躇もなく,いろいろな人に推薦してしまおう。私はドラムスのBill Stewartには思い入れはないが,リーダーに合わせた繊細なドラミングを聞かせていて,これも評価したくなる。それにしてもシンバルに特徴のある人だと感じるのは私だけだろうか?

いずれにしても,Coplandって,いつもいつもこんな感じでいいのかという批判もあろうが,この世界がいいのだというリスナーにとっては,これがCoplandに期待するものなのだから何の問題もない。このメンツで"So What"は不思議なセレクションのような気がするが,前作でも"All Blues"をやっていたことだし,CoplandにもMilesへのシンパシーがあるということか?サウンド的にはあまり関連性が見出せないが,これはこれでまぁよかろう。さすがにこの曲はほかの曲と違って,ややハードな感覚が強い。

ということで,ファンの弱みというのもあるが,私はこの作品も気に入ってしまったのである。本作を聞いて,やはりCoplandはトリオに限るというのが私の結論。星★★★★☆。

ところで,本作のエンジニアはJason Seizerという人が務めているが,この人はPirouetのレーベル・メイトで,サックス・プレイヤーのSeizerその人だろうか?そうだとすれば,いろいろな才能があるものである。

Recorded on June 8 & 9, 2008

Personnel: Marc Copland(p), Drew Gress(b), Bill Stewart(ds)

« やっと007の新作を見た | トップページ | 何とも初々しいJoni Mitchellの映像 »

ジャズ(2009年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

激しくなっても、暗いよねぇ。。
こういうのが、、真の根暗、、って、言うんじゃない?

つう事で、春の嵐の中車で聴いてました。
ぴったり♪

トラバいたしましたぁ。

すずっくさん,こんばんは。

根暗の私にはぴったりです~。私も真の根暗ってことで。

こういう個性的な彼のピアノは彼でしか聴けない、ということで、これからも追いかけてしまうと思います。

昔はセッション的なこともやって割と普通に弾いていたアルバムもありましたけど、もう、こうなったらキースではないけれど、ソロやピアノ・トリオなどのリーダー作に専念して、孤高の世界を歩んでほしいですね(笑)。

TBさせていただきます。

910さん,こんにちは。ジャンクを除いて,頂いたコメントが1,000件目になりました。ありがとうございます。

私もいろいろこの人のアルバムを聞いていますが,結局はトリオものにはまっています。ソロもきっといいに違いないですね。

Fred Herschも来日したのですから,次はこのCoplandに来て欲しいと思っているのはきっと私だけではないと思います。

こちらからもTBさせて頂きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/44255490

この記事へのトラックバック一覧です: ようやくリリース:Marc CoplandのNYトリオ・レコーディング・シリーズ第3弾:

» NightWhispers/MarcCopland [MySecretRoom]
NewYorkTrioRecordings・vol.3秋空と女心なんて言うけれど、早春のお天気も変わりやすい。行きつ戻りつで段々あ暖かになっていくさまで三寒四温の言葉もあるけれど、、今日は日が出てるのに、突然雪が舞ったり、、1日のうちに目まぐるしい。出先で駐車場で人待ちしながら...... [続きを読む]

» Night Whispers/Marc Copland [ジャズCDの個人ページBlog]
マーク・コープランドは薄暮の色合いのピアノを弾くピアニストで、類似のサウンドを奏 [続きを読む]

« やっと007の新作を見た | トップページ | 何とも初々しいJoni Mitchellの映像 »

Amazon検索

2017年おすすめ作