最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ようやくリリース:Marc CoplandのNYトリオ・レコーディング・シリーズ第3弾 | トップページ | Tom Harrellの新作はRhodesによるグルーブは心地よいのだが... »

2009年3月 9日 (月)

何とも初々しいJoni Mitchellの映像

Intimate_performance "An Intimate Performacne" Joni Mitchell(Immortal)

馴染みのCDショップをうろついていたら,見たことのないJoni MitchellのDVDを販売していたので,即購入である。本作は英国BBCに出演した時のソロ・パフォーマンスの模様であるが,ここでは何とも初々しいJoniの姿が見られる。また,若い頃の演奏だけあって,声もまだまだ可憐さをたたえた美声ではないか。

時は1970年9月9日,Joniが26歳のときの映像であるから,初々しいのも当然か。この映像が貴重なのは,Joniが"California"をダルシマーで弾き語る姿が残されていることだが,そのほかにもJoni得意の変則チューニングの様子も収められていて,これまた貴重である。

収録曲は全7曲,時間も30分程度と短いが,音声もDTS処理も施されており,これはJoni Mitchellファン必見の映像,音源と言っておく。この場にいられた英国人がうらやましい。星★★★★★。

Recorded Live at the BBC Television Theater on September 9, 1970

Personnel: Joni Mitchell(vo, g, p, dulcimer)

« ようやくリリース:Marc CoplandのNYトリオ・レコーディング・シリーズ第3弾 | トップページ | Tom Harrellの新作はRhodesによるグルーブは心地よいのだが... »

Joni Mitchell」カテゴリの記事

SSW/フォーク」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

蛇尾です。このDVDのことは知りませんでした。早速HMVで調べたら、案外、安価な価格でほしくなりました。

ところで、1つお教え願いたいのですが、このDVDはNTSCで、リージョンコードも日本再生OKでしょうか?

なにしろ、現物を見ていませんので。ネットで海外のDVDを買うとき、この点がいつも不安になり、購入を渋ってしまいます。

お暇がありましたら、よろしくお願いします。

蛇尾さま,コメントありがとうございます。

このDVD,リージョン・オールのNTSC方式です。HMVは随分安い値段で出ていますねぇ。私も我慢すれば,1,000円ぐらい浮きましたが,一刻も早く見たかったもので。

取り急ぎ成田空港にて。

中音狂さん、こんばんは。
今、私の主人(ドイツ人です)と一緒にサイトを覗かせてもらったら、彼女の名前、知っているよ!このジョニーさんが好きなんだそうです。

私自身、彼女の名前を知ったのは、昨年の11月で、実は、パーフェクト・サークルというグループが歌う曲で知り、オリジナルが、ジョニーさんだったという事実を知りました。

ユーチューブを添付します。お手持ちのDVDに入っているかどうか分かりませんが、取りあえず、御報告致しますね。

http://www.youtube.com/watch?v=VOJLqdcJZJ0
http://www.youtube.com/watch?v=-Otv953Sy58

アメリカですが、サンフランシスコに住んでいました。予定では、ボストンに住んで勉強したかったのですが、西側になってしまいました。(笑)NYは3日間ほどの滞在でしたが、カーネギーでの演奏会、ミス・サイゴンのミュージカル、ライオンキングの映画を観ました。

NYカーは、歩くのが早い!それに、夜通し続くタクシーのクラクションで、夜眠れなかったこと、何処かのマクドナルド(恐らくマンハッタン)でのピアノ演奏!マックにグランドピアノがあったのには、とても驚きました。

Laieさん,コメントありがとうございます。

頂いたYouTube映像,上はJoni自身ですが,私が紹介したDVDよりは数年後の映像と思われます。それでもまだまだ声が若々しいです。下の映像がご紹介頂いたグループのものですかね。私はJoni Mitchellがかなり好きで,ブログにもカテゴリーとしてJoniがあるぐらいです。よろしければご覧下さい。

SFにお住まいだったとのこと。出張で行くと私は必ずワイン・カントリーに立ち寄ってきてしまいます。西海岸は気候的には住みやすいですよね。それに比べると東海岸は冬が厳しいですから。まぁ,勉強や芸術には適していますけど。

中音狂さん、こんにちは。

>下の映像がご紹介頂いたグループのものですかね。

そうです。実は、こちらで音楽指導をしているのですが、歌を習いたい方の多くが、ポップス、ロック、ミュージカル路線の方が主なので、自分の知らない曲を指導することが多いです。添付しましたパーフェクト・サークルは、ロック路線の成人男性がリクエストした曲で、私にも聞いてほしいと言う事で、紹介してくれました。その際に、ジョニーさんの名前も知りました。
なので、こちらでも有名な曲、有名だった曲でも、自分には全くの未知。。レパートリーの多くを生徒さんから教えられる日々です。(苦笑)

ワインで有名な所ですと、ナパバリーとかでしょうか。。当時は、貧乏学生で、車もなく、学校と自宅の行き来のみ。。(悲)
おまけに観光もあまりしていなかったような気もします。LAにも少し居たのですが、毎日、天気が良すぎて、勉強する気になんてなりませんでした。(笑)ドイツは逆に天気が悪すぎます。

Laieさん,こんにちは。「音楽指導」というのが気になりますが,想像ですが,ヴォイス・トレーニング系のお仕事でしょうか?Joniは若い頃と今では全く声質が変わってしまいましたが,本当にこのDVDの頃はまだまだ「きれいな」声をしています。年齢を重ねて(煙草の吸い過ぎもあると思いますが...),かなりドスのきいた声になってしまった現在も魅力的な歌手ではありますが,この変貌ぶりにはある意味驚かされます。彼女のキャリアを通して見れば,ブログにも書きましたが,アルバム単位では"Hejira"が彼女の最高傑作だと思っています。ご主人のご意見を聞いてみたいものです。

SF出張時にはご推察の通り,Napaによく行っております。最近はカリフォルニア・ワインのレベルも本当に高くなったと思います。

LAは街自体が脳天気すぎて,何度行っても私はどうしても好きになれません。西海岸ならSFの方がはるかに好きですね。ドイツはドイツであの天気ゆえの重厚感だったりしませんか(失礼しました)。

こんにちは、Toshiyaさん。

すばらしい情報、ありがとうございます!
1970年の9月の映像ってことは、例のBBCでのJTとのジョイントより前ですね。

僕は、日本版の"woman of heart on mind"と、
joni mitchell in Live "joni mitchell sings joni mitchell" 1970 BBC TV studiosというタイトルの7曲入り30分のDVDは持っているのですが、これとは別かな~??

気になります~!!

cocoaさん,こんにちは。コメントありがとうございます。

このDVD,お持ちのjoni mitchell in Live "joni mitchell sings joni mitchell" 1970 BBC TV studiosと同じもの(のはず)です。

DVDのエンディングのタイトルバックに"Joni Mitchell Sings Joni Mitchell"と出ていたはずですので。取り急ぎ。

中音狂さん、おはようございます。こちらは、日曜日、朝、9時15分前です。

>ヴォイス・トレーニング系のお仕事でしょうか?

はい、そうなんです。自分自身は、クラシック音楽を(大分前になりますが)勉強しました。一応、専門は、声楽(小声で)だったんです。生徒さんは、誰も、クラシックには興味がないので、指導する際には、主に、ボーカル指導、声に伴う体の使い方、生徒さんが希望する曲をやります。

>年齢を重ねて(煙草の吸い過ぎもあると思いますが...),

どちらの要因もあるかと思います。それから、色々と人生経験などを踏んで作られる声の変化も多々あるようです。それから、歌い手の性格も声に影響あるみたいです。

ロック路線の彼も煙草を吸っているのですが、彼自身も、吸っている時と、辞めていたいた時の声帯の鳴りが全く違うと話していました。でも、煙草は辞められないそうです。

同じ歌手で、同じ曲を聞き比べると、昔の録音と今の録音(録音に限らず)では、かなり違いますよね。ジャズでも同じかな?ジョニーさんも、きっと同じかもしれませんね。。あっ、主人に後で、感想を聞いて見ますね!まだ、寝ています。。

ナパに良く行かれたいたのですね。私は、一度、友人とドライブがてら、何処かのレストランで食事しただけだったと記憶しています。ちなみにお酒は、全く駄目なんです。無理すれば、少しだけ。。という程度です。

天気は、日常生活に本当に影響するなぁ。。というのを実感します。ドイツは、一年を通して、快晴は3ヶ月あるかないかだと思います。残る月は、嵐か雨。。(悲)

サックスのJerry Bergonzie さんと昨年、天気について話したことがあったのですが、ボストンもドイツも冬は良い勝負かもね!という結論になりました。(笑)

今日は、知り合い御夫婦(こちらも日独カップル)とビアガーデンレストランにランチへ出かけます。一応何でも食べられますが、これと言って食べたいものがないなか、選ぶのも少し苦痛なんですが。。日本のお豆腐が食べたいです(笑)。


Laieさん,こんにちは。「中音狂」と呼ばれると,ミッド・レンジの音が好きな奴みたいですねぇ。日本ではキング・レコードって会社が「低音マニア」向けのCDを出しているものですから,それにあやかったみたいです(苦笑)。

私の知り合いで,美声の持ち主がいるんですが,彼女も現在トレーニングを受けているようです。さらに磨きが掛ってしまうと,一緒にカラオケするのが恥ずかしくなってしまいますねぇ。私は声のでかさだけが取り柄のバリトンですが,今からでも遅くないんでしょうか?ちなみに私は煙草は18年前にやめて以来,一本も吸っていません。

Napaでレストランだけとはもったいないですねぇ。ワインが駄目でも超フレッシュなオリーブ・オイルを仕入れることもできますから。機会があれば是非。

Jerry Bergonziとお話をされたとは羨ましいです。私がよくお邪魔する新橋のBar D2(超弩級のテナー・サックスのCDコレクションを誇ります)のマスターが聞いたら卒倒してしまうかもしれません。まぁBostonもそういう感じですよね。冬は川も凍ってしまいますし...。でも芸術にはその方がきっといいと思います。

ビア・ガーデン・レストラン,いいですねぇ。先日のドイツ訪問時を思い出してしまいます。やっぱり本場のザワークラウトは最高でした。またドイツには5月にお邪魔する予定です。

Toshiya さん、こんにちは。

>>「中音狂」と呼ばれると,ミッド・レンジの音が好きな

御本名だと思いますが、私の日本に居る兄もToshiyaと言います。

>>私は声のでかさだけが取り柄のバリトンですが,今からでも遅くないんでしょうか?

声の大きいのは、すごくラッキーです!歌う事がお好きなら、是非!いつでも大丈夫です!!それに、煙草も吸われていないのなら、ダブルにラッキーです。

ナパでは、新鮮なオリーブオイルが手に入るのですね。一度自家製で作ってみたものの、もう不味くて。。。学校を卒業してから一度もアメリカに行っていないので、いつか是非♪ヨセミテ公園には行かれましたか?皆が感動すると言っていたので、行ってみましたが、田舎育ちの自分にとっては、あまり感動はありませんでした。。

ジェリーさんのファンの方がいらっしゃるのですね。きっとジェリーさんが聞いたら喜ぶと思います。もしも、そのマスターが英語が少しお出来になれば、メールとか出されたら良いかもしれません。ジェリーさんはとても紳士ですし、お便りすれば、直ぐに返事をくれると思います。日本人にも慣れているはずです。ちなみにジェリーさんのリンクです。メールアドレスもあります。http://www.jerrybergonzi.com/

ザワークラウトお好きなんですね。ドイツ料理には、かならず定番で出てきますよね。実は、こちらに来てまだ一度も作ったこともないし、買ったこともないんです(苦笑)

5月にいらっしゃるのですね。季節は一番良い時期ですね。どちらへいらっしゃいますか。夏だとジャズフェストがあちこちでありますが。。5月の末に、デュッセルドルフェでジャズラリーというのが開催されます。(5月29~31日)一日券を買うと色々なジャズ演奏が格安で梯子出来るようです。ただレベル的なものは良く分からないのですが。。今のところ、まだ、プログラムが発表になっていないようです。

ジョニーさんですが、主人は、Both Sides Now, California が好きだそうです。ちなみに、手元に、Both Sides NowとWoodstockという曲の楽譜がありました(本日、発見!)。主人は、彼女のギターの特別な調弦?!テクニックがあるようで、これも好きなんだそうです。今朝、二人でユーテューブで彼女の若い頃と晩年の映像を少し見比べて見ました。声質がかなり違いますね。


Laieさん,こんばんは。今日はJoniの話に集中します。彼女の変則チューニングはプロのミュージシャンも一目置く存在だったというのが正直なところでしょう。クラシックのプレイヤーには絶対想像できない世界だと思いますが,同じギターでも全く違う響きを生み出す特異な世界です。お手許にギターをお持ちなら,"Both Sides Now"は1弦から次のチューニングでやっているはずです:EBG#EBE

これだけで響きが違うことはLaieさんにはお分かり頂けると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/44280121

この記事へのトラックバック一覧です: 何とも初々しいJoni Mitchellの映像:

« ようやくリリース:Marc CoplandのNYトリオ・レコーディング・シリーズ第3弾 | トップページ | Tom Harrellの新作はRhodesによるグルーブは心地よいのだが... »

Amazon検索

2017年おすすめ作