2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Baptiste Trotignon, NYCへ行く | トップページ | 中年音楽狂 in 香港(2) »

2009年3月12日 (木)

中年音楽狂 in 香港

Img_0130 本ブログにおいて,「中年音楽狂 in どこそこ」といろいろ書いていたら,一体お前の職業は何なんだと聞かれてしまいそうであるが,私は一介のサラリーマンに過ぎない。しかし,仕事の関係上,出張が多いのである。今回は香港であるが,前回香港に来たときは,目的地が深センだったため,通過しただけだった。しかし,今回はコンベンション出席のため,香港のダウンタウンに4泊である。

香港と言えば思い出すのは映画「慕情」であるが(古い!),今回宿泊しているホテルは映画にも出てきたヴィクトリア・ピークの正面に位置している。ホテルから撮った写真もいかにもの風景であるが,それにしてもよくもこんなところににょきにょきと高層の建物を建設するものである。しかも記憶によれば,地震がないものだから,建つのが異常にはやい。足場もよくあんなもんで作業ができると思わせるようなものである。

Img_0146_2 ついでなので,もっと下世話な雰囲気を醸し出す夜の香港の街の写真もアップしてしまおう。この通り,今回のコンベンションで知り合ったシンガポールの人に連れて行かれたのだが,通りにある何件ものバーにはほとんどローカルがいないという不思議なところであった。しかし,それでも十分に香港の雰囲気は表れていると思う。もちろん,もっときらびやかな場所もあったのだが,この"Lost"という看板が,今の私を示しているようなので,この写真にしておこう。(続く)

« Baptiste Trotignon, NYCへ行く | トップページ | 中年音楽狂 in 香港(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

香港在住の愛読者です。
八木君の紹介で時々拝見させていただいています。
写真の場所はLKF(LAN KWAI FONG)
ですね。ここは香港の六本木のようなところで
アラン ジーマンというカナダのドイツ移民の人が香港にきて81年からこの当りを開発して欧米人むけのBARやレストランをたくさん出して億万長者になりました。
10年前くらいまでJAZZ CLUBという結構ちゃんとしたジャズクラブがこのLKFのど真ん中にあったのですが 惜しくもつぶれて 香港にはオーセンティックなジャズクラブはなくなりました。

唯一 ピールフレスコという小さな小さなライブハウスがジャズだけではありませんが営業して週末は結構うまい人が出たりしています。
http://www.peelfresco.com/upcoming.php

もしお暇でしたら。


珍田さん,コメントありがとうございます。

もはや私には夜出歩くだけの体力も気力も残っていないって感じですかねぇ。せっかくここまで来て残念です。

しかし,今日,Shangri-Laのバーで早い時間から演奏していたトリオはまともでした。リハーサルだったのかもしれませんが。明日,日本に帰りますが,次回はもう少し余裕を持って来たいものです。

引き続きよろしくお願いします。それにしてもこやぎ@でかい方はネットワークがグローバルだと妙に感心してしまいました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中年音楽狂 in 香港:

« Baptiste Trotignon, NYCへ行く | トップページ | 中年音楽狂 in 香港(2) »

Amazon検索

2018年おすすめ作