2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 出張中に見た映画(09/02編):その4 | トップページ | 出張中に見た映画(09/02編):その6 »

2009年3月 3日 (火)

出張中に見た映画(09/02編):その5

Photo 「イキガミ」('08,東宝)

監督:瀧本智行

出演:松田翔平,柄本明,笹本高史,劇団ひとり,金井勇太,塚本高史,りりィ,風吹ジュン,佐野和馬,山田孝之,成海璃子,井川遥

マンガを原作とする映画だそうである。現在ではまったくコミックスの類に関心のない私は当然のことながら,原作については知る由もない。いずれにしても,この映画は国家繁栄維持法と言うわけのわからない法律が存在して,「イキガミ」を受け取った24時間後に死亡するとしたら,その間に何をするかというのがテーマである。こういうのって所謂病魔モノが極端化したものだと思うが,かなり無茶な設定であるところが結局はマンガなのである。

もし,私に残された時間が24時間しかないとすれば,一体何をするのかというのは非常に難しい質問である。何するんだろうなぁ?自分の死にフィットする音楽は何だろうとあれこれ聞き直しているうちに,24時間ぐらい経ってしまいそうだが...。

映画としては,ひとつのストーリーで映画を持たせるのは難しいと判断したらしく,3つのエピソードが続けて出てくるので,ある種のオムニバス映画を見ているようでもあり,一話完結の連続ドラマを見ているようでもあった。それが映画としてはどうなのかという疑問にもつながる。監督の瀧本智行は前作「犯人に告ぐ」でなかなかの手腕を見せたが,本作もまぁ出来としてはそんなに悪くないとは言え,そうした疑問を解消するほどのものとは言えまい。この映画はやはりTVドラマの延長線上でとらえられてしまうところがある意味不幸だが,そういう脚本にしかできなかったのだから仕方ない。役者としては相応なところを揃えているだけに,ちょっともったいないような気もした。星★★★。

役者の中では,劇団ひとりがもうけ役。私の関心事である若い女優は出番があまりないのが残念だが,成海璃子は楚々として可愛いのが大変よかった。彼女の眼ヂカラはかなり強烈で,オジサンはどきどきしてしまった。りりィもよかったねぇ。

« 出張中に見た映画(09/02編):その4 | トップページ | 出張中に見た映画(09/02編):その6 »

映画」カテゴリの記事

コメント

一方のrhodiaは、「イキガミ」を全巻読破済み。
同僚から借りたのです。映画はまだみていません。
オムニバスなんですね。1話分で2時間は引っ張れないのはイメージ出来ます。


rhodiaさん,こんばんは。

私は全くコミックやら漫画というものに関心がなくなってしまいましたが,「黄昏流星群」(でしたっけ?)やら「人間交差点」でも一話を映画化するのはやっぱり無理ですよねぇ。

ということで,「イキガミ」もああいう風に作るしかなかったのかと思います。でも映画自体は悪くはないですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/44207551

この記事へのトラックバック一覧です: 出張中に見た映画(09/02編):その5:

« 出張中に見た映画(09/02編):その4 | トップページ | 出張中に見た映画(09/02編):その6 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作