2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Ralph Towner入りギター三重奏! | トップページ | ようやくリリース:Marc CoplandのNYトリオ・レコーディング・シリーズ第3弾 »

2009年3月 7日 (土)

やっと007の新作を見た

007_2 「007 慰めの報酬("Quantum of Solace")」('08,米英,MGM)

監督:Mark Forster

出演:Daneil Craig,Olga Kurylenko,Judi Dench,Giancarlo Giannini,Jeffrey Wright

私は007映画が結構好きで,前作「カジノ・ロワイヤル」も劇場で見て,Daniel CraigのJames Bond像はかなり気に入っていた(映画はちと長かったが...)。よって,Craigによる第2作の本作も,公開を楽しみにしていたのだが,出張続きでなかなかそれもかなわなかったが,ようやく見ることができたって具合である。

Daniel Craig版の007はとにかく肉体派である。基本的にハイテク装備に頼ることがないところが人間臭くてというか,非常にリアルでいいと私は思っている。しかも今回は1時間46分という適切な尺で,集中力も切れることなく,大いに楽しめた。

ストーリーについて語るのは野暮でなので避けるが,やはりDaniel Craigの魅力に負うところが大きいのは仕方なかろうが,演出,脚本,アクションのどれをとっても結構よくできた映画である。監督のForsterにとってはアクションでの初仕事のはずだが,手慣れたもので破綻がない。うまい人は何を撮ってもうまいということであろう。脚本には前作に続いてPaul Haggis(「クラッシュ」の監督である)が絡んでいるが,この事実はHaggisが007好きな証拠のようにも思える。みんなやりたいのである。ということで,私は結構この映画を評価してしまうので,星★★★★☆。次回はどういうかたちの映画に仕上げてくるのかが今から楽しみである。

Olga_3ところで,今回のボンド・ガールを務めるOlga Kurylenkoは,よくよく調べてみると,先日,私が酷評した「マックス・ペイン」にもジャンキーなねぇちゃんの役で出ていたが,それとはまったく異なる魅力的な役で,やりゃできるんだと思わせる。今回はボリビア人役ということもあり,メイクでエキゾチックな感じになっているが,元はウクライナ出身の白人美人である。ここにアップする写真と,ポスターでのイメージのギャップには結構笑えるが,なかなかの美人である。元モデルだけに身長178cmというのはひぇ~って感じだが,美人なので許す(きっぱり)。今年で30歳らしいが,離婚歴2回ってのもなぁ...。それも関係ないので許す(重ねてきっぱり)。

« Ralph Towner入りギター三重奏! | トップページ | ようやくリリース:Marc CoplandのNYトリオ・レコーディング・シリーズ第3弾 »

映画」カテゴリの記事

コメント

オルガ・キュリレンコは「ヒットマン」でセクシーな役を演じていました。ボンドガールで終わる事のない女優さんになると思いますよ〜。

アールグレイさん,こんにちは。コメントありがとうございます。

「ヒットマン」は未見ですが,「マックス・ペイン」での役は印象的ではあるものの,決して大きくなかったのですが,そちらではもう少し出番が多いのでしょうか。まぁ今後も頑張って欲しい美女ではありますね。

Toshiyaさん、今晩は♪

先週、主人が、カジノロイヤルのDVDを購入したので、一緒に見ました。最初から最後までドキドキでした。記事にされている作品はまだですが、いつかまた機会を見つけて見たいと思います。

うん。確かに彼は肉体派!でした。でも、とても魅力的で素敵な俳優さんでした。ボンド役の彼女もチャーミングでした。

テレビ番組でもショーン・コネリーの大分昔のバージョンが良く再放送されます。日本でも撮影していたんですね。

Laieさん,おはようございます。

「カジノ・ロワイヤル」も面白かったですよね。ただ,私にはちょっと長かったですが...。もう少しストーリを整理して,上映時間を10分でも15分でも縮められれば,もっとよかったと思います。それでも私はかなり評価はしています。

日本ロケは「007は二度死ぬ("You Only Live Twice")ですね。あの頃の丹波哲郎はカッコよかったですねぇ(なんのこっちゃですが)。Sean Connery版ではこのブログでも記事にしましたが,私は「ロシアより愛をこめて」が最高だと思っています。Robert Shawとの格闘シーンは肉体派的なConneryが楽しめると思います。

Toshiyaさん、こんにちは。

カジノ・ロワイヤル、確かに少し長いと感じました。標準映画の長さに慣れてしまっているせいでしょうか。。

もしかして、全ての007を御覧になられていますか?コメントの詳細には、本当に驚いています。

日本撮影版ですが、そうでした。丹波哲郎でしたね。生前の彼の名を聞くと、どうしても、霊界のイメージが強くて。。007での活躍は、吃驚したのを思い出しました。

ロシアより愛をこめてですが、タイトルは知っていたのですが、映画は実は見ていないんです。何だか、急に見たくなってきました。

主人も結構、もしかしたら、(前作見ていたりして。。)この作品を見ているかもしれないので、聞いて見たいと思います。

また、別の記事から、お邪魔させてもらいます。

Laieさん,こんにちは。いえいえ,全部を見たわけではありません。特にRoger Moore,Timothy Daltonのバージョンはあまり見ていません。

でもそうは言いつつも,私は結構007が好きなのは事実ですねぇ。一時期荒唐無稽に走りましたが,Daniel Craigでかなりまじめなアクション映画に戻ったっていう感じなのが,私がCraig版を支持する理由です。とは言いつつ,前のPierce Brosnan版も好きでしたが。

Toshiyaさん、こんにちは。

最新作の方を先に鑑賞しました。私達の軍配は、カシーノ・ロワイヤルです。

長さ的には、確かに最新作の方が適当のような気がしますが、乗り物(飛行機・船)のシーンが多くて、画面を見ながら酔ってしまいました。(苦笑)

飛行機などは、もう何度も乗っていますが、やはり苦手です。車でも自分が運転する以外は、誰の運転でもすぐに酔ってしまうほど。。。(情けないのですが。)主人は、コマの移り変わりが速すぎて、スリルを楽しむまでには至らなかったかなあ。。と話していました。

ボンドガールは記事で取り上げられている方が、断然美人ですね。ロシアより。。は、ストーリーも分かりやすいとのことなんので、今から楽しみにしています♪

Laieさん,おはようございます。

なるほど。ああいったアクション・シーンが苦手だとすると厳しいですねぇ。ただ,一点挙げるとすれば,今回の作品,特にSean Connery時代のシリーズへのオマージュ的なところがあるように見受けられましたので,原点回帰というところもあるかもしれないなぁと思っています。石油を塗りたくられるのは"Goldfinger"ですし,船のシーンは"Russia"にもああいうのがあったと記憶しています。

まぁいずれにしても,Daniel Craigの契約はあと1本か2本のはずですが,彼のシリーズならまた見に行くと思います。

ちなみに"Russia" のボンド・ガール,Daniela Bianchiは今でも歴代ボンド・ガールでも最高の美女だと思っています。まぁ趣味の世界ですが。

Toshiyaさん、こんにちは。

どうも、主人が、カシーノ・ロワイヤルから007に火がついてしまったようです(笑)

昨日は、ロジャムーアのThe Spy Who Loved meを鑑賞しました。1枚のDVDが5ユーロだったので他合計3枚購入しました。

この映画は、2時間でしたが、ロジャ・ムーアは、自分にとっては初めてでした。コミカルなシーンもあったりして、楽しめました。

他の記事で欧州出張とありましたが、ドイツへもいらっしゃるのでしたよね。いつ頃、どの辺りへ来られる予定ですか。今、最高の季節です。

Laieさん,こんにちは。私はRoger Moore版は遊びが過ぎて今イチ(特にRichard KielのJawsはやり過ぎ感が強いですね)なのですが,まぁご同慶の至りということで...。お楽しみになれたら大変結構です。

出張はロンドンからフランクフルトに入り,更にベルリン経由でワルシャワに行く予定です。週末はドイツにいますので,小旅行にでも行ければいいですが,余裕ないかもしれませんね。ただ,新型インフルエンザの影響で会社から渡航禁止命令が出ると行けなくなりますが...。まぁ大丈夫でしょう。

Toshiyaさん、こんにちは。

引き続き007のコメントです。(笑)

今週は、ロジャ・ムーア氏のFor your eyes onlyを観ました。ムーア氏は、どちらか言うとソフトな感じですね。新作のダニエル・クラーク氏は、動物的で汗臭い、という印象です。今回の映画は、少し長かったですが、ボンドガールがとても綺麗で魅力的で気に入りました。無論、全作、美女揃いには間違いありませんが。。

ストーリーでは、途中敵だった組がボンドとタッグを君で悪党を攻撃するという展開で、観ていて気持ちが良かったです。誰が、味方で悪党か最後まで分からないのが、ボンド映画のスリル感になっているのかもしれません。

>>特にRichard KielのJawsはやり過ぎ感が強いですね

あの歯は、強烈でしたね。怪力パワー全開!で、最後のシーンで、サメに食べられてしまうのかと思ったら、サメをやっつけちゃったという展開もコミカルタッチでした。

ニヒルで鍛え上げた肉体美をさらけ出すクラーク氏。やはり、セクシーでした。。。ロワイヤルのボンドガールも素敵でした。

Laieさん,こんにちは。お返事が遅くなりまして申し訳ありません。

このときのボンド・ガールってCarole Bouquetですね。名門ソルボンヌ大学卒ということですから,日本で言えば東大卒みたいな人ですよね。まさに才色兼備ってやつでしょう。

それにしても,007に火が付いてますねぇ。私も見たくなってきました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/44245824

この記事へのトラックバック一覧です: やっと007の新作を見た:

« Ralph Towner入りギター三重奏! | トップページ | ようやくリリース:Marc CoplandのNYトリオ・レコーディング・シリーズ第3弾 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作