2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« いろいろ批判もあるが,気持ちよいブラジリアン・フュージョン | トップページ | 豪華ゲストを迎えたTrilok Gurtuの快作 »

2009年2月21日 (土)

国賊,中川昭一

この男はどこまで日本を貶めるつもりなのか。G7でのしどろもどろ会見で,世界のメディアから失笑を買い,更には辞任するにも時間を要して,潔さの「い」の字も感じさせない腐った人間性を暴露しただけではなく,今日のメディアの報道では,バチカン博物館訪問時に,触れることが禁じられている美術品に素手であれこれ触るばかりか,立入りが制限された区域に足を踏み入れ,警報を鳴らすという恥をさらしたそうである。

美術館で,美術品や絵画に触れてはならないことやなぜ立入り制限があるのかということは,小学生でもわかっているはずである。それが閣僚というポジションにある(あった)この男は理解していなかったとでも言うのか?それとも自分はルール無用の特権階級だと言うのか?

そもそもこんな腐った男を,お友達という理由だけで擁護するどこかの間抜けな首相もいたが,ここまで来ると日本の恥である。彼らはさっさと政治の世界から身を引き,人間性を磨く修行でもした方がよいだろう。

それでもこの男を擁護する有権者もいるが,支持する有権者すらも,この男を支持すること自体をもはや恥じ入らざるをえなくさせることに,彼らは何ら罪悪感をおぼえないのであれば,政治家として以前に,人間として腐っているとしか言えないい。

全く情けないこと甚だしいが,あまりに馬鹿馬鹿しくて,海外でのプレゼンではジョークのネタにでも使うしかないわ。

« いろいろ批判もあるが,気持ちよいブラジリアン・フュージョン | トップページ | 豪華ゲストを迎えたTrilok Gurtuの快作 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨今のマスコミの視聴率目当ての過剰報道という事を差し引いても、前財務大臣の言動はただあきれるだけです。
あのスタンスでは、国民が今どうなっているかは、(彼らが)絵空事のように考えていたという事がよくわかりました。
自民党はもとより、今の議員全てを入れ替えなければならないかもしれません。

どなた様のコメントかわかりませんが,私も同様に感じますので公開させて頂きました。

中川は国賊で,国辱だと思わず韻を踏みたくなりました。

すいません。
名前入れずに送信してしまいました。

末期症状に人は信じられることをするんだなあ、と痛感しました。日本のAMラジオは3年ほど聴いていないのですが、夕方の番組「川中みゆきの人・うた・心」で彼がゲスト、で、蕎麦焼酎「○海」で乾杯、番組をぶち壊した後、ほろ酔い状態で「中川昭一的心」に進んではいかがでしょうか。
この人がまじめに政治をやっていたとしたら、それはギャグとしか思えません。

jazzclubさん,コメント頂きましてありがとうございます。はじめまして,ですよね。よろしくお願いします。

Webサイト拝見致しました。マレーシアにお住まいなんですね。私は以前仕事でジャカルタには結構行く機会があったのですが,マレーシアにはついぞ縁がありません。きっと,KLは大都会なんでしょうね。いずれにしても,ネットワーク社会のおかげで,お知り合いがグローバルになっていくのは大変いいことですね。

「中川昭一的心」という部分に反応できるのは,特定の年代以上とは思いますが,あまりに「うまい」ので笑ってしまいました。

クラシックもお好きなようですね。「幻想」は私も一時期コレクションしておりまして何枚買ったかわかりません。でも一番好きなのは今も昔もJean Martinonが振ったノーブルな「幻想」ですかねぇ。

いずれにしてもこれからもよろしくお願いします。貴ブログにもお邪魔させて頂くようにします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/44130889

この記事へのトラックバック一覧です: 国賊,中川昭一:

« いろいろ批判もあるが,気持ちよいブラジリアン・フュージョン | トップページ | 豪華ゲストを迎えたTrilok Gurtuの快作 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作