最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 入手困難と思いきや,灯台下暗しでゲットしたLabel Bleu盤 | トップページ | 事実を事実として認識できない一国の宰相 »

2009年2月 9日 (月)

予想よりはるかによかったMcLaughlin~Corea

Five_peace_band "Five Peace Band" John McLaughlin and Chick Corea (Universal)

最近はChick Coreaの企画アルバムが非常に多く,買うべきかどうか迷いつつ,結局買ってしまっている私はやはり彼のファンなのだろうと思ってしまう。

今月には来日してしまったFive Peace Bandであるが,Blue Noteに駆けつけようと思わなかった自分の意思決定を悔やむような演奏が冒頭から展開されているではないか。一曲目に入っているのは私がやたらにうるさいだけのインド人ドラマーとパーカッショニストのせいで酷評したMcLaughlinの"Floating Point"(記事はこちら)に入っている"Raju"ではないか。しかし誰がどう聞いてもこっちの方がいいに決まっている。そもそものドラマーの質が違うのだと感じさせる演奏である。Vinnie Colaiuta,やっぱりタイトでいいドラマーだ。はるかに優れた演奏に変えたのはこの人である。

いずれにしてもである。このアルバム,少なくともDisc 1はかなりよい。私が想像していたよりはるかによかった。メンツからすればもっとストレートなジャズかと思ったが,はるかにハイブラウなフュージョンなのだ。それがいいのである。Disc 2も別に悪いとは言わないが,"Dr. Jackle"はこのメンツには全く合っていないし,Herbie Hancockが参加した"It's About That Time"も冗長と言えばその通りである。カッコいいけどねぇ。

いずれにしてもである。このアルバムはかなりカッコいいので,CoreaのファンもMcLaughlinのファンも購入しても後悔はしないだろう。星としては★★★★ぐらいだが,これはかなりいいねぇ。ただ,ベースはアコースティックもエレクトリックも弾けるということでChristian McBrideになったと思うが,本来はエレキ・ベース一本でもよかったと思う。Hadrien FeraudかDominique Di Piazzaがここにいたらどうなっていただろうと妄想するのは私だけではないと思う。Chrisはちゃんと弾いているけど...。

Recorded Live in Europe between October and November, 2008

Personnel: John McLaughlin(g), Chick Corea(p, key), Kenny Garrett(as), Christian McBride(b), Vinnie Colaiuta(ds)

« 入手困難と思いきや,灯台下暗しでゲットしたLabel Bleu盤 | トップページ | 事実を事実として認識できない一国の宰相 »

ジャズ(2009年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

メンバー見て「なんじゃこりゃ」と思ってましたが、この記事で初めてジャケット見て再び「なんじゃこりゃ」と思ってしまいました。でもいいですか。う~ん。どうしようかなあ。

ところで例のDVD入手いたしました。一般の人が買うのはどうかなと思いますが、信者的には多々爆笑ポイントがあって素晴らしいものでした。そのうち。

やぎ@でかい方さん,おはようございます。

まぁ「なんじゃこりゃ」と思う気持ちはよくわかります。私も購入するときに躊躇がなかったわけではありませんから。でも記事にも書いたとおり,一曲目を聞けば不安は氷解するはずです。

DVD気になりますねぇ。そのうち見せて下さいな。

今認識したんですが、来日公演はドラムがブライアンブレイドだったんですねえ。そういえばそれはちらっと噂に聞いていて、で、こちらのサイトでドラムがカリウタとみてちょっと違和感があったのかもしれません。

ところで、カリウタもいま日本に来てますよね、ジェフベックで。なんか実はすごいことになってるんだなあ>不景気の日本

やぎさん,こんばんは。

このバンドにBrian Bladeが合うのかどうかってのは実はよくわかっていませんが,crissさんの情報によれば,Bladeなりの叩きっぷりだったようですねぇ。

確かにColaiutaはBeckのバンドがあったから,こっちに参加できなかったってことか。確かにそうだわ。音楽に景気は関係ないってことですな。

いやー、スゴい演奏を聴いちゃったな、というのが偽らざる感想です。特に自分の好みはエレキ・ベースの曲です。やっぱりこっちのファンクタイプの方がこの双頭リーダーバンドらしいというか。

トータル139分は長くは感じませんでしたが、やっぱり中年音楽狂さんと同じ曲に違和感(ほんの少しですが)が、こうなってくると、あるかなあ、という気もします。でも全体的に好みではあります。

TBさせていただきます。

910さん,こんにちは。

おっしゃるとおりです。私もヘビーな路線で統一してくれていたら,絶対星★★★★★でした。

crissさんはライブをご覧になったようですが,私がその場にいたら,"Raju"だけで悶絶間違いなしだったでしょうが。いやはや強烈かつ凄いバンドですが,やっぱりこれはMcLaughlin効果ですよね。

こちらからもTBさせて頂きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/43995166

この記事へのトラックバック一覧です: 予想よりはるかによかったMcLaughlin~Corea:

» Chick Corea & John McLaughlin / Five Peace Band Live [雨の日にはジャズを聴きながら]
チック・コリア( 1941 年6月12日生まれ ) とジョン・マクラフリン ( 1942年1月4生まれ ) と云う、ジャズ界きってのレジェンド二人が結成した夢のバ... [続きを読む]

» ファイヴ・ピース・バンド・ライヴ/チック・コリア&ジョン・マクラフリン [ジャズCDの個人ページBlog]
CD2枚組でトータル139分にも及ぶ、何とも密度の濃いライヴです。これだけのメン [続きを読む]

» Chick Corea / John Mclaughlin Five Peace Band Live [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
またまた出ました。chick coreaの企画ものって感じで、何年ぶり(諸説ある)かになるJohn Mclaughlinとの共演アルバムを持ち出してきました。 これは制作意欲のなせる技か、はたまたノ**がキツいのか、いろいろ考えさせてくれます(笑) 21世紀になってから、彼のHP(http://www.chickcorea.com/)掲載だけで12枚。 それだけじゃなくて、先般のRTF(輸入盤待ってたら未だに未入手)、その前の上原との共演盤、そのちょっと前のトリオ6枚組、今作、と(4枚..... [続きを読む]

« 入手困難と思いきや,灯台下暗しでゲットしたLabel Bleu盤 | トップページ | 事実を事実として認識できない一国の宰相 »

Amazon検索

2017年おすすめ作