2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 出張中に見た映画(09/02編):その1 | トップページ | 出張中に見た映画(09/02編):その2 »

2009年2月27日 (金)

中年音楽狂 in Germany

Photo_2 今週,私はドイツへ出張しているのだが,フランクフルトをベースにいろんなところへ列車で移動することになってしまった。行ったところはダルムシュタット,ミュンヘン,ケルン経由でボンといった具合である。この中でジャズ・ファンならケルンという地名に反応するのは当たり前であるが,所詮は乗り換えのため通過しただけなので,Keith Jarrettがどこでピアノを弾いたかなんていうことはわからない。しかし,駅前(本当に笑ってしまうぐらい駅のまん前である)に何とも素晴らしい大聖堂があったので,乗り換えの時間を利用して行ってみた。

私は海外の出張時に結構いろいろな町の大聖堂に行って,結構敬虔な気持ちになってしまうのだが,このケルンの大聖堂も,前回の欧州出張時に再訪したオルレアンの大聖堂に勝るとも劣らない規模のものであった。やはりこうした西洋建築では歴史の重みを常に感じさせてくれる。ステンド・グラスも素晴らしいものであった。出張中とは言え,こういう機会があることは誠にありがたい限りである。

ミュンヘンへはほぼ24年ぶりの再訪となったが,大雪で結構えらい目にあってしまったが,これがまた何とも重い雪で,最近あまり日本で見たことがないようなぼたん雪って感じだった。時間があれば,ECMレコードの本社ってどこなんだなんて探しに行きたいところだったが,そんなことをやっている時間はあるわけないのである。何てたって,ミュンヘンはフランクフルトから特急で片道3時間もかかるのだから...。

ボンは西ドイツ時代の首都だった町だが,今のドイツの首都はベルリンに移ってしまっている。町としての活気はどうなのかなぁという感じだったが,何とも小じんまりとしたいい町だった。

ということで,移動続きの今回の仕事もあと一日を残すのみとなった。年を重ねるごとに時差ボケの調整がどんどん下手になっていく私だが,今回も毎日夜中に目が覚める状態が続いてしまったのは情けない。明日(現地時間)は夜行便で日本へ帰るのだが,酒をかっくらって,さっさと寝てしまう以外に私に残されたオプションはないようだ。

それにしてもドイツの食事は腹持ちがいいというか,ずしんとこたえる感じの食事が多いのにはまいった。いもとソーセージにはさすがにちょいと食傷気味の私である。うまいそばでも食べたいねぇ...。

« 出張中に見た映画(09/02編):その1 | トップページ | 出張中に見た映画(09/02編):その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中年音楽狂 in Germany:

« 出張中に見た映画(09/02編):その1 | トップページ | 出張中に見た映画(09/02編):その2 »

Amazon検索

2018年おすすめ作