2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Donnie Frittsの新作はDan Pennプロデュースによる激シブ作品 | トップページ | 予想よりはるかによかったMcLaughlin~Corea »

2009年2月 8日 (日)

入手困難と思いきや,灯台下暗しでゲットしたLabel Bleu盤

Earthcake "Earthcake" Quatre: D'Andrea-Humair-Rava-Vitous(Label Bleu)

以前,このブログで同じレーベルから出ているDaneil Humairの"Edges"について書いたことがある(記事はこちら)が,Jerry Bergonziも最高なそのアルバムに関して廃盤状態のように書いたが,何のことはない。Label Bleuのサイトで無事ゲットである。これは結構嬉しかった。そのアルバムを注文するときに,1枚では勿体ないと思い,Label Bleuの中でも抽象画ジャケット・シリーズで何かないかと思ったら,あった,あった。それがこの"Earthcake"である。

私はこのアルバムを,新橋のテナー・サックスの聖地という表現がお馴染みとなったBar D2で聞かせて頂き,一発で気に入ってしまったのだが,そのときの話から入手は難しそうだと諦め,中古で探すしかないなぁと思っていたのだが,まさに灯台下暗しである。今回はこれとKuhn~Humair~Jenny Clarkeの"Usual Confusion"というディープなHumair絡みの抽象画シリーズ計3枚を注文して,先日到着したのである。何か届いただけでも幸せ感じてしまった私である(病気?)。

私はここに参加しているRavaとD'Andreaのコンビに関して言えば,ECMの未CD化アルバム"Opening Night"でのD'Andreaのプレイぶりを酷評したことがある(記事はこちら)のだが,あの演奏は一体何だったのかと思わせるほど,ここでのD'Andreaは別人のようなナイスなプレイぶりではないか。Ravaは相変わらずいいし,Humairも鋭い。正直なところ,私はMiroslav Vitousのベースは今イチ苦手なのだが,このバンドでのVitousは悪くない。いや,むしろあのVitous独特の音もよくフィットしているように思えてしまう。それぐらいコンビネーションに優れたナイスなバンドである。

この緊張感に富んだサウンドを聞いていれば,これはかなりしびれる。またまたRavaには甘いと言われるかもしれないが,星★★★★☆。

日本でこのアルバムにお目にかかる機会はあまりないが,欲しければJazz Italianoシリーズをイタリア本国に注文したのと同様,フランスに直接注文すればいいのである。但し,コミュニケーションという観点ではイタリアのサイトの方が上ではあるが,ちゃんと届くので安心してよい。尚,このバンド,別のレーベルにもう1枚アルバムがあるようだから,そっちも聞いてみたいなぁ。

Recorded on January 7, 8 & 9

Personnel: Enrico Rava(tp), Franco D'Andrea(p), Miroslav Vitous(b), Daniel Humair(ds)

« Donnie Frittsの新作はDan Pennプロデュースによる激シブ作品 | トップページ | 予想よりはるかによかったMcLaughlin~Corea »

ジャズ(2009年の記事)」カテゴリの記事

コメント

うむ。。。産地直送、って、、手があったのね。
しかし、、ヴィトウス、、お嫌いですが。。
ちょっと、意外?な感じ。。

はじめまして。

愛読させて頂いてます。・・・最近CD買ってないので、ついてけない話が多いですが。
このアルバムの存在知ったときは、びっくりでしたね。
ほんと、世の中隠れた名盤が多いです。

で、同じメンツで、そのままバンド名がタイトルになってるのが、仰ってるもう1枚ですね。
スリル感から言うとearth cakeに負けてるかもしれませんが、
聞きやすいメロディが多くて、僕はこちらが好きです。
今扱ってるか分からないけれど、2枚ともイタリアのマルコの所で買いました。

ダンドレアも人を喰ったようなところがあるけど、わが道を突き進んでいるところが好きなピアノです。

ではでは

すずっくさん,こんばんは。日曜なのに出張先の大分よりコメント・バックです。

産直とはうまいこと言いますねぇ。欧州系の音源って待っていても手に入りそうにないし,それしかないって話もありますが。Inner EarレーベルのTore Johansenの新譜にはLars Janssonも入っていますが,一向に日本に入ってきません。ノルウェー語のサイトではさすがに不安があり,買えていません。そういうのも困りますよねぇ。

もしかしてDi Castriも産直ですか?

しぶちゃさん,はじめまして。コメントありがとうございます。

同じメンツのアルバムはあっさりeBayで見つかりました。届くのが楽しみです。聞きやすいメロディが多いとのこと,Ravaの哀愁モード全開かとますます期待が高まってしまいます。

いずれにしても引き続きよろしくお願い致します。

先日はどうも有難うございました。また、宣伝していただき有難うございます。私ももう一枚のCD探してみます。

Bar D2さま,いつもお世話様です。

私はeBayでイタリアのセラーから買いましたが,入手は無茶苦茶困難ということではなさそうです。

届きましたら,別途記事をアップしたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入手困難と思いきや,灯台下暗しでゲットしたLabel Bleu盤:

« Donnie Frittsの新作はDan Pennプロデュースによる激シブ作品 | トップページ | 予想よりはるかによかったMcLaughlin~Corea »

Amazon検索

2019年おすすめ作